bbae567d

 鼻毛。それは自然。それは我が子。それは鼻孔に広がる大草原。
 『ゲムぼく。』では、ぼく自身が朝に平気だったのに昼にはコンニチハするくらい鼻毛の伸びが速いことなどを理由に、古くから鼻毛処理に対する研究を行ってきた。


【関連記事】
鼻毛カッターは価格・切れ味・吸引で選べ!定番商品3選。


 最強の鼻毛カッター(エチケットカッター)であるPanasonic ER-GN50を手に入れて以来、個人的には鼻毛の悩みとは無縁になったわけだが、ふと気になったのは、みんなはどうしているのか、ということ。みんながみんな、ER-GN50を持っているわけではない。

 そこでアンケートを採ってみたところ、191人から回答を得ることができた!




 やはり圧倒的に多いのは、「切る」派。まあ、そりゃそうか。ハサミは危ないから気をつけてね。
 「抜く」派も2割いる。抜くのめっちゃ痛くない?大丈夫?
 「放置」のなかには、「あまり伸びないので気にしたことがない」みたいな人も含まれそうだ。
 「美容脱毛」はブラジリアンワックスなどが有名。ごそっと抜けて気持ちよさそうだが、粘膜を直接的に傷つける行為であり、健康リスクが大きいので要注意。


Panasonic プレスリリース エチケットカッター ER-GN70を発売
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2018/07/jn180711-2/jn180711-2.html


 なお、2018年9月1日、ER-GN系列の新型機ER-GN70が発売された。
 性能面ではER-GN50より若干上だが、すでにER-GN50の時点で充分すぎる性能があることと、現時点での実売価格がER-GN50の2倍以上になっていることを考えると、現状ではまだ、総合的にはER-GN50が最強に近い、と言ったほうがよさそうだ。
 今後、市場への供給が安定してくれば立場が逆転してくるだろう。


 がんばって伸びてきてくれた、かわいい鼻毛。キレイに処理してあげるのがせめてもの供養である。
 ぜひ、自分なりのベストな処理方法を見つけて、快適なノーズヘアーライフを。