第二迷宮『碧照の樹海』の探索を継続。


IMG_1730

 行動速度が高いレンジャーは、ザコ戦は比較的得意なほう。
 突+炎のフレイムアローの対応範囲が広く、ダメージの通りが悪い相手はほとんど存在しないので、これを全員で連発していればだいたい2ターンで決着がつく。けっこう強い。
 ただ、攻撃面での爆発力と守備面での安定感には欠けるため、長期戦には弱い。

 そんななか、第二迷宮の最深部まで到達し……


IMG_1833

 ボス『獣王ベルゼルケル』と対峙!
 じつはイベント戦闘で一回戦っているのだが、そのときはベルゼルケルのHPが残り半分から始まるという有利なスタートだった。こちらのレベルも17と高かった。
 しかし今回は、ベルゼルケルのHPは全快。こちらのレベルはなぜか下がって11。
 すぐスキルポイントを振り直したくなるせいもあるが、戦闘不能などで5人の経験値がズレるとすぐ休養させてしまう経験値揃えたい病の重症患者であるせいで、このレベルになってしまった。

 今作は適正レベルがいまいちわかりづらいが、世界樹シリーズのセオリー「到達階×3」の法則で言えば、碧照の樹海B3Fは第一迷宮から通算して4階層目。すなわち、LV12くらいが適正レベルだと考えられる。
 ということは、LV11もあれば充分なはず!
 適正レベルは適正なパーティー編成あってこそですよという大前提は無視して、獣の王にレンジャー5人が挑む!



【装備・スキル】

IMG_1834
アリス(前衛)
スキル:チェインダンス10、ブラインドアロー3


 今回はおとり役に専念。幼鹿の小弓と脱兎のお守りでAGIを極限まで高める。


IMG_1835
ユーリ(前衛)
スキル:ブラインドアロー8、パワーショット3、フレイムアロー2


 HPとLUC重視。ベルゼルケルの攻撃を前衛で一撃受けられる程度の耐久力を確保。


IMG_1836
チグサ(後衛)
スキル:パワーショット7、フレイムアロー3、ブラインドアロー3


 おなじみ火力特化ババア。燃費がよいのはフレイムアローなので、パワーショットはいざというときに。


IMG_1837
ナンナ(後衛)
スキル:フレイムアロー3、パワーショット3、ブラインドアロー3、チェインダンス3、我流蘇生


 いざというときの蘇生役。行動順を上げるフォーンシューズが地味に重要装備。


IMG_1838
ララパ(後衛)
スキル:フレイムアロー3、パワーショット3、ブラインドアロー3、チェインダンス3、我流手当


 我流手当による回復役。こちらは行動順補正なし。誰かが死んだとき、ナンナの蘇生→ララパの手当、の順で動けるようにしておく。



【戦闘開始!】

IMG_1839
■TURN1
アリス:夢幻陣形→通常攻撃
ユーリ:ブラインドアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 1ターン目は必ず全体攻撃の「バインドボイス」が来る。
 命中率は高くなく、夢幻陣形のみでも3~4人は回避、盲目も入っていればほぼ5人全員が回避できる。
 しかし残念ながら、ユーリ渾身のブラインドアローは一発では決まらず。ララパが被弾。
 

IMG_1840
■TURN2
アリス:通常攻撃
ユーリ:ブラインドアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:我流手当(>ララパ)


 少しでもHPが減っていると危険なので、ララパはすぐさま我流手当。HP回復量は25くらいしかないが、消費TPが1で済むのでこまめに使う。
 そして、ユーリのブラインドアローがここで決まり、盲目付与!やったね!
 ベルゼルケルはふたたびバインドボイス。全員回避。


IMG_1841
■TURN3
アリス:ミラージュアロー
ユーリ:夢幻陣形→フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 夢幻陣形ラストターンにミラージュアロー、同時に次のメンバーが夢幻陣形スタート、というフォースリレー戦術を今回も適用。
 ベルゼルケルの行動は「力を溜める」。次のターン、超高威力ランダム3~5回攻撃の「獣王乱舞」が来る!


IMG_1842
■TURN4
アリス:チェインダンス
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 ここで満を持して、今回の切り札チェインダンス!
 チェインダンスは、「使用したターン、自身の回避率と狙われ率を上昇させる」スキル。獣王乱舞で飛んでくる3~5発のうち、1発を確実にアリスに引きつけることができる。AGI特化のアリスならほぼ100%避けられるので、その脅威をかなり減らせる。
 アリス以外の4人でフレイムアローを叩き込み、獣王乱舞は全弾回避!完全にこちらのペース!


IMG_1843
■TURN5
アリス:通常攻撃
ユーリ:ミラージュアロー
チグサ:夢幻陣形→フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 4ターン目終了時、ベルゼルケルの盲目が切れてしまった。
 盲目を入れ直すのは難しいため、ブラインドアローは使わない。ここからの回避はミラージュアローと夢幻陣形、そしてアリスのチェインダンス頼みとなる。
 ベルゼルケルの行動は「バーサーク」。3ターン、物理攻撃力を高める効果。そして明記はされないが、バーサーク効果中はほぼ通常攻撃だけをしてくるようになる。通常攻撃は単体攻撃だが、レンジャーの耐久力では当たれば即死。そこで……


IMG_1844
■TURN6-8
アリス:チェインダンス
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー or ミラージュアロー
ナンナ:フレイムアロー & 夢幻陣形
ララパ:フレイムアロー


 頼むぞアリス!チェインダンス!
 前列でチェインダンスを使えば、ベルゼルケルの通常攻撃は9割以上の確率でアリスに飛んでくる。そして余裕で回避できるので、完全なボーナスターン。
 ミラージュアロー&夢幻陣形リレーを継続しながら、フレイムアローで攻め続ける!


IMG_1845
■TURN9
アリス:通常攻撃
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:ミラージュアロー
ララパ:夢幻陣形→フレイムアロー


 ナンナの夢幻陣形ラストターン。ミラージュアローを撃つ。
 入れ違いでララパがフォースブースト。これが最後の夢幻陣形。


■TURN10
アリス:通常攻撃
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 ベルゼルケルが全体攻撃「岩砕き」を使用してきたが、全員回避!
 余裕余裕!


IMG_1847
■TURN11
アリス:通常攻撃
ユーリ:通常攻撃
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:ミラージュアロー


 ユーリのTPが切れてしまった。通常攻撃にシフト。
 また、ララパがミラージュアローを撃ち、全員がフォースブレイクを使い終わった。ここからが正念場。
 ベルゼルケルの行動は「力を溜める」。2回目の獣王乱舞が来る!


IMG_1849
■TURN12
アリス:チェインダンス
ユーリ:通常攻撃
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 引きつけろ!チェインダンス!
 3発のうち1発をアリスが受けて回避したが、残り2発がユーリとチグサに流れ、ともに被弾してしまった。さすがに獣王の意地か、ベルゼルケルも粘ってくる。
 しかし、なんとか即死は免れた。特にユーリはHPを強化しておいたのが活きた。
 そして……


IMG_1850
■TURN13
アリス:ブラインドアロー
ユーリ:通常攻撃
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 ベルゼルケルのHPは残りわずか!押し切れる!
 総攻撃だ!!


IMG_1852

 結果的には余裕の撃破!

 ベルゼルケルは単純なパワータイプだったので、回避率を上げる手段に事欠かないレンジャーにとっては相性がよい相手だった。アイテムや我流蘇生をいちども使うことなく勝ててしまった。
 とはいえ、TP消費の多いチェインダンスをどこで使うかとか、フレイムアローのスキルLVは燃費に優れる3で止めておかないとダメとか、きちんと理解・工夫しないと厳しい点は多いのだが。

 しかし、第二迷宮をいい感触でクリアできたことは自信になった。
 気持ちよく街に戻れそ……


IMG_1853

 ギャアアアアアア!!