横浜スタジアム 2020年までに6千席増の増築・改修工事へ (2017年12月20日)
 

 球団人気の上昇に応える形で、ついに座席の増築が決定した横浜スタジアム。


hama01

 2018年8月現在、もちろんシーズン中であり、横浜DeNAベイスターズの試合が連日行われているが……


hama02

 同時並行で工事が進んでいる。
 シーズンオフにめっちゃがんばりますみたいなことではなく、シーズン中からバリバリ工事をやっている。さすがに試合の時間帯まで工事をしているようなことはないが。


hama03

 すごくない?6,000席増築なんていう規模の工事をシーズン中から着手できるなんてすごくない?
 また、最近観戦に行ってびっくりしたのだが、工事規模のわりには利用者(観客)にほとんど不便がなく、むしろ工事用の壁を使って横浜スタジアムの歴史を展示するなど、利用者を楽しませるしくみをつくって広報に活用している点もすばらしいと感じた。



hama04

 ベイサイドゲート(内野席一塁側)は、工事中のため仮設感あふれる見た目になっていた。新横浜駅の篠原口かと思うくらい仮設感にあふれていた。篠原口にクソ失礼である。
 ただ、見た目が仮設感あふれるだけで、機能はまったく問題ない。余談だがベイサイドゲートはJR関内駅に近いスターサイドゲートに比べてかなり空いているので、すぐ入場したい人にはオススメである。

 
 工事は長く続くが、結果的にいま「工事中だからこそ見られるハマスタ」があるので、今シーズンや来シーズン、これからハマスタに行く人はぜひその特別感を楽しんでほしい。