IMG_1162

 ひとつしかないピーピーエイダーを使ってPPを回復し、最後の大一番であるククイ戦に挑む。


IMG_1165

【ククイの特徴】
・ルガルガン(まひるのすがた)、ジバコイル、ジュナイパー、ウォーグル、カビゴン、キュウコン(アローラのすがた)を繰り出してくる。
・ジュナイパーはクサZを所持している。
・戦況に応じ、ポケモンを交代させてくることがある。
・かいふくのくすりを2回まで使用してくる。


 ラスボスだけあって、その厳しさも間違いなく史上最高。
 まず、レベルの高い最終進化形を6匹フルに繰り出してくるという時点でかなりつらい。
 さらにタイプがバラバラなので、一貫した対処法が存在しない。
 そんな難敵の攻略法が容易に見つかるわけもなく、研究には2時間以上を要した。つらい。

 しかし試行錯誤の末、ついにほぼ完璧と言える攻略法を構築!


IMG_1164

 わざ構成は、かげうち/じゃれつく/めざめるパワー(じめん)/つるぎのまい。旅の始まりからずっと主力だったみがわりを、ここで初めて捨てる。
 どうぐはフェアリーZ。ちなみにゴーストZではダメ。理由は後述。


 相手はポケモンを知り尽くしたポケモン博士だが、こっちだって何十時間もミミッキュ一匹でやってきたミミッキュ博士だ!
 相手がラスボスだろうと6匹いようと、ミミッキュ単独で倒し尽くすのみ!

 勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!



【戦闘開始!】

IMG_1163
(VSルガルガン)
めざめるパワー

 ルガルガンは1ターン目に高確率でステルスロックを使ってくる。効果は「交代時にダメージを与えるようになる」というものなので、交代をしない一匹旅なら無害。
 この実質ボーナスとなるターンに、めざめるパワーで攻撃。HPの約半分を削る。そして次のターンは、かげうちを選択する。
 すると ……


IMG_1167
IMG_1168
(VSジュナイパー)
かげうち
つるぎのまい
かげうち

 ククイは高確率でジュナイパーに交代してくる!
 ちなみに、かげうち以外の行動を選択すると交代しないことが多い。理由は不明だが、何度も検証して確認済みだ。しかし冷静に考えると、この旅のこの瞬間以外ではなんら役に立たない検証だなあ。なにをやってるんだ、ぼくは。

 ジュナイパーは交代での登場なので、最初のターンはなにもできない。かげうちを一方的に当てられる。
 2ターン目、ジュナイパーは「クサZでのZワザ」か「ふいうち」を使ってくることが多い。ここがこのバトル唯一のつるぎのまいチャンス。Zワザならばけのかわでガードできるし、ふいうちはこちらが攻撃わざを使わないときは失敗するので無害で済む。結果はふいうちだったため、ばけのかわをキープできた。
 で、かげうちでトドメ。


IMG_1169
(VSジバコイル)
めざめるパワー
まひ
まひ
めざめるパワー

 強敵ジバコイル。かなり相性が悪い……
 こちらのじゃれつくはほとんど効かず、逆に向こうのラスターカノン1発でHPを半分以上削られてしまう。でんじはも地味に怖い。
 唯一の突破口は、めざめるパワー。でんき/はがねタイプのジバコイルはじめんが4倍弱点なのだ!このミミッキュのめざめるパワーがじめんでよかった!

 理想は「1ターン目にラスターカノンを撃ってもらいばけのかわでガード、こちらはめざめるパワー2連発で撃破」だったが、1ターン目にでんじはを使われてしまい、まひ状態に。そして2回連続でまひによる行動不能が発生!ヤバい!
 まひで2ターン潰しているあいだにしっかりラスターカノン×2を叩き込まれ、ばけのかわ消滅&残りHP半分以下、という状態に。
 ジバコイル撃破と同時になかよし度の効果でまひから自然回復したが、余裕がまったくなくなってしまった……


IMG_1174
(VSウォーグル)
じゃれつく


 つるぎのまいでこうげきが2段階上がっているため、じゃれつく一発で倒せる。
 しかし、もし外れると、「おいかぜ」ですばやさを上げられて先手を取られるようになり死ぬか、「ふきとばし」で強制交代させられて一匹旅のルール的に死ぬか、という危険な相手。
 じゃれつくは90%の確率で当たるのでだいたい大丈夫とはいえ、ちょっとだけ運が絡む。なんとか撃破。


IMG_1175
IMG_1176
(VSカビゴン)
ラブリースターインパクト


 高耐久かつ、即死確実の超高火力ヘビーボンバーを持つカビゴン。フェアリーZの使いどころはここ。
 カビゴンはノーマルタイプなので、ゴーストわざは無効化されてしまう。ゴーストZではダメな理由はこれ。


IMG_1177
(VSキュウコン)
じゃれつく

 キュウコンは耐久力が低いため、じゃれつく一発で安定して倒せる。ラクな相手。


IMG_1178
(VSルガルガン)
かげうち


 そして最後に、手負いのルガルガンが再登場。
 この時点でミミッキュの残りHPは約80。かなりギリギリ。
 というのも、ルガルガンはミミッキュよりすばやさが高く、かつ先制わざのアクセルロックを持つので、たとえかげうちで攻めたとしても先手を取られる場合があるからだ。

 そして案の定、ルガルガンの行動はアクセルロック!
 ミミッキュのHPは……12残った!


IMG_1179

 ミミッキュ、かげうち!これで終わりだァァァァー!!



IMG_1180

 完結!ミミッキュ一匹旅!


 ……

 …………


 長い旅だった。「ポケモンってこんなキツいゲームだったっけ?」と何度も疑問に思うほど、キツい旅だった。自分で勝手にキツくしただけなのだが。
 もともとは、うちの子どもたちがミミッキュを大好きでミミッキュ以外を出すと怒るから、という理由でしぶしぶ始めた一匹旅だったが、中盤くらいからはぼくひとりでひたすら楽しみまくっていたように思う。子どもたち以上にミミッキュのことを好きになったと思う。

 結果的には、「ミミッキュだけで戦い抜く」というルールはもちろん、「攻略情報を調べない」「戦闘中のアイテム使用禁止」というルールも守ったまま、最後まで勝ち抜くことができた。
 何度も詰まりそうになったが、使えるわざマシンが豊富だったり、みがわりなどと組み合わせてばけのかわの消費しどころを工夫したり、考え方しだいで戦術の幅をどんどん広げられるミミッキュのポテンシャルに救われた。


IMG_1181

 おそらく世界唯一の、アローラのほぼすべての戦いを一匹で勝ち抜いた色違いミミッキュ。
 何度もばけのかわをボキボキへし折らせてしまって申し訳なかったなと思う。でもそれ以上に感謝したいと思う。

 ありがとう、ミミッキュ。エンディング後の旅も、一緒にがんばろう。



勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!
~おわり~