Amazonが大好きなぼくである。
 日用品・食料品からゲームソフト、性具に至るまで、ありとあらゆる物をAmazonで買い求めているぼくである。見られたら死ぬもの1位は2ちゃんの書き込みログだが2位はAmazonの購入済み商品一覧のぼくである。

 
kifu01
出典:https://www.amazon.co.jp/l/4440351051

 さて、2018年7月に西日本で豪雨があり、広島にあるぼくの実家も一時的に住めない状態になってしまった。
 ニュースで映像を観て「大丈夫かなぁ……」と心配し、実家の母に電話してみたら「もう大変よ!聞いて聞いて!避難するときね、お父さんがとても冷静でかっこよかったの!ひさびさに手もつないで興奮しちゃった!ウフフ」と言われ心配して損した。なんで実家の被害状況じゃなくて実母の性的興奮を報告されなきゃいけないんだよ。

 というわけで、実家はなんとか大丈夫そうなのでふつうに寄付を行うことにした。
 ちょうどタイムセールか何かがあって電マが思いのほか安く買えたので、その余剰分を出すイメージの小額寄付だ。
 で、やってみたらびっくりするほどカンタンだったので、今回はその手順を紹介しておきたい。



【1】寄付受付ページを開き、「Amazonアカウントで寄付する」をタップ

kifu02
Amazon - 平成30年7月豪雨災害義援金
https://www.amazon.co.jp/l/4440351051


 Amazonを通じた寄付は、結果的に日本赤十字社への寄付と同等の扱いになる。信頼と実績の日本赤十字社。安心。


【2】Amazonにログインし、寄付金額を選択

kifu03

 Amazonをいつも使っている人ならログイン情報は端末に記憶させているだろうから、ログインは1タップで済む。
 で、寄付金額は自由入力ではなく、100円からの選択式。選択→決定の2タップで金額決定が完了する。はやっ。

kifu04

 「上記内容を理解し寄付します」をタップすると、いちおう確認画面が出てくる。
 「あっ!100円のつもりがうっかり1,000,000円を選択しちゃった!」みたいなときも安心。そんな人はいないと思うが。


【3】おわり

kifu05

 えっ!?もう終わり!?
 早くない!?1分もかかってないんだけど!?
 さっきぼくが電マをホワイトにするかピンクにするかで迷ってた時間の30分の1くらいで済んでるんだけど!?早くない!?あとぼく迷いすぎじゃない!?



 というわけで、手順がめんどくさいイメージのある寄付だが、Amazonユーザーにとってはびっくりするくらいカンタンだった。技術の進歩を感じた次第である。
 興味があったら、あなたもぜひ電マを買うついでに試してみてほしい。