ma002

 AppleTV 4K(32GB)を買った。

 ずっと初代Chromecastを使っていたのだが、さすがに古くなって接続が途切れやすくなるなどの症状が出てきていたので、思い切って買い替えることにした。


ma003

 購入経路は、Apple公式オンラインストアの整備済製品
 本来なら19,800円するが、約15%引の16,800円で買えた。お得だなあ。

 とはいえ、それでもAppleTVは高い。
 よく比較対象として挙げられるFireTVやChromecast Ultraなどと比較してもかなり高い。
 それでもAppleTVにしたのは、ぼく(または家族)がやりたいことをぜんぶ実現できるのがAppleTVしかなかったからだ。


<やりたいことと対応状況>※2018年6月時点。主観です。
AppleTV Chromecast FireTV
Youtube
東映特撮ファンクラブ ×
Amazonプライムビデオ ×
Googleフォト
Abema TV
iPhoneミラーリング × ×

 というわけで、我が家にとってはAppleTVがベストだ!ということになった。

 GoogleのChromecastとAmazonのFireTVはライバルであるため、お互いのサービスを封じ合おう(または使いにくくしよう)としてしまう傾向があり、どっちのサービスも愛用している我が家としてはけっこうつらい。
 その点、AppleのAppleTVはその競合関係からはやや離れた独自のポジションにあり、結果、GoogleのサービスもAmazonのサービスもしっかり使いやすい形で使える。
 また、iPhoneやiPadの画面をきわめて手軽かつ高速にミラーリングすることが可能であり、ぼくも妻もiPhoneユーザーである我が家にとっては相性がよい。


ma001

 iPhoneゲームをほぼタイムラグなしでテレビにも同時投影、ということもできる。
 できたところでなんの意味があんの?と言われたら意味はないような気がするのだが、なんかいいじゃん。そういうことやってみたい気分の日もあるじゃん。
 あ、そのゲームのファン同士で集まって遊ぶときなんかには、わりと実用的かもしれない。


ma004

 あと、検索するときにiPhoneをキーボードにできる機能も超便利。
 iPhoneユーザーだったら、AppleTVは最高に使いやすいと思う。逆に言うと、iPhoneユーザーじゃなかったらけっこう微妙な部分も多々あると思う。


 というわけで、ChromecastとFireTVを両方買うより高いじゃねーか!でおなじみのAppleTVだが、「予算的にOKであり」「iPhoneまたはiPadのユーザーである」という条件を満たすならば、圧倒的にベストな選択肢であることは間違いないと思う。少なくとも我が家にとってはベストだった。
 安く買うなら整備済製品を狙う手などもあるので、ぜひ購入を検討してみてほしい。