come01

 地球上で5人しかプレイしていないが、そのうちのひとりであるぼくがサボっていたせいで4人しかいなくなっていたことでおなじみの『八月のシンデレラナイン』(通称:ハチナイ)。

 ハチナイは女子野球を題材にしたゲームであり、その魅力のひとつといえばもちろん、


0cf0293f

 試合シーンが「バックスクリーンの時計が13:37から微動だにしない(しかも13:37にしては短針の位置がおかしい)状態で淡々とスコアボード上に数字が刻まれていくだけ」という、野球ゲームの概念を覆す異次元シンプルシステムである。

 しかし!先日、ハチナイ界に激震が走った!ある通知に世界中の全ハチナイファン(5人)が震えた!!


come02

 ウ、ウ、ウワアアアアアア!!
 ついにハチナイの試合シーンが変わったァァァァァ!!

 これはひさびさにログインして確かめてみなければ!さっそくアプリ起動だ!



come03

 あいかわらず頭おかしいサイズのアップデートをぶち込んでくるハチナイ運営!
 安心!ひさしぶりのログインだけどここはいつも通りで大安心!


come04

 うわっ、ひさびさのログインだということがバレている!怖っ!
 先述の通り、ハチナイの全ユーザー数は5人で、そのうち休止していたのはぼくひとりなので、実質ぼくのためだけのカムバックキャンペーンである。ありがたいなあ。


 で、肝心の試合シーンだが……


come05

 ウッ、ウワアアアアアアア!
 ちゃんと野球してるゥゥゥゥゥゥゥゥ!!
 ハチナイなのにちゃんと野球ゲームになってるゥゥゥゥ!!


come06

 イメージとしては、パワプロの「試合早送り」に近い。1打席1打席の結果がどんどん表示され、画面が更新されていく。
 演出が凝っているとか、アニメーションがかっこいいとか、そんなことは決してないのだが、ふつうに野球ゲームとして成立しているのがすごい。ふつうなのがすごい、ってめちゃめちゃ失礼なことを言っている気もするが、すごいものはすごい。

 従来の試合システムについては、正直「こんなん、チームの総合ステータスとかから適当に計算してスコアボードに数字を出してるだけなのでは?」と思っていたのだが、この新システムは「ホントに野球やってる!ちゃんと1打席ずつ内部処理してる!すごいじゃん!なんか野球ゲームみたいじゃん!と感動した。


 今回のひさびさのログインで、システムの劇的な進化を実感できたし、


come07

come08

 タイミングよく愛しきマイスイートデブのイベントも開催中だったので、ふたたびハチナイを遊び始めたぼくである。
 みなさんもぜひ、まるで野球ゲームみたいになってきたハチナイをプレイしてみてほしい。