IMG_6541

 「歴代の仮面ライダーでいちばん好きな主人公は?」と聞かれたら、ぼくは迷わず「仮面ライダーWの左翔太郎」と答える。
 「なぜ?」と聞かれたら、これまた迷わず「最初から最後まで、誰よりも普通だったから」と答える。


 作品を知らない人のためにざっくり紹介すると、『W』は風都という町を守るライダーの物語だ。私立探偵の左翔太郎とその相棒フィリップを主人公に、探偵事務所の所長である鳴海亜樹子、刑事で仮面ライダーアクセルでもある照井竜などを主要キャラとして、さまざまな依頼を解決していくさまが描かれる。

 フィリップは、「地球(ほし)の本棚」と呼ばれる地球の記憶(データベース)にアクセスできる天才だ。また、その出自には大きな秘密を抱えている。
 亜樹子は、探偵であり父である鳴海荘吉(おやっさん)を事件で亡くし、その事務所を引き継いでいる訳ありの女の子だ。また、コメディ要素を多分に含むが、スリッパでダウジングができるなどの妙に器用な能力を持つ。
 照井は、家族をドーパント(怪人)に皆殺しにされた壮絶な過去を持ち、復讐のために仮面ライダーになった。また、その強靭な意志から、精神攻撃への高い耐性を持つ。


 対して、翔太郎はなにもない。彼だけは、特別な過去や能力を驚くほど持たない。

 過去については、作中で語られていないだけの可能性はもちろんあるが、まあ普通にすくすくと風都で生まれ育ってきたんだろうな、という推測が成り立ちそうなことは、作品を観た人ならわかってもらえるだろう。
 作品内の主要キャラで見比べても、他の仮面ライダー主人公と比較しても、彼はおそらく一、二を争うほど特筆すべき過去を持たない人間だ。

 能力については、彼は自他ともに認める凡人である。天才的な知識もなければ妙な器用さもないし、強靱な精神力もない。途中でパワーアップしたりもしない。ただのかっこつけたがりの若者だ。
 実際、考えなしに突っこみかけたところを何度もフィリップに止められたし、亜樹子には年上ぶろうとしながら一枚上手を取られてばかりだった。オールド・ドーパントの精神攻撃にはフィリップも照井も無傷なのに彼だけ見事におじいちゃんにされてしまったし、テラー・ドーパント戦でも彼だけが恐怖に打ち震えて無力と化した。フィリップの覚醒についていけず仮面ライダーWの左半身としての実力不足が露呈してしまった際には、みっともないくらいに動揺し、自信を失った。
 とても正義のヒーローとは思えない場面が多々あるくらい、彼はどこまでも普通の人間だった。


 ただし、彼は普通に育った普通の人間であるがゆえに、まっすぐ町を愛し、まっすぐ人を信じる心を持っていた。
 さまざまな黒い事件が起きるなかでも、死と隣り合わせの戦いがエスカレートしてゆくなかでも、彼の行動原理は一貫して「風都を守ること」と「依頼人を守ること」だった。フィリップや亜樹子や照井や、その他すべての登場人物が複雑な感情を抱え葛藤し変化していくなかで、彼の根っこだけは、ずっとずっとこれだけだった。
 彼は町と人を守るためならいくらでも苦労したし、いくらでも傷ついた。瀕死の重傷を負うこともあったが、その後でさえ彼の根っこが揺らぐことはなかった。

 自分の育った町が好き。そこに住む人たちが好き。
 ぼくも含め、おそらくほぼすべての人間が持つ、ごくごく普通の感情だ。
 しかしだからこそ、ぼくたちには翔太郎のかっこよさがわかる。普通の人間が人生をかけて普通を守り続けることがどんなに難しいか、ぼくたちは身をもって知っている。
 なにもかも普通な翔太郎は、おそらく「どこまでも普通を貫き通せる」というただ一点において、普通でなかった。

 そして、そんな彼は風都のすべての住人から愛された。
 ドーパントたちは、そのほとんどが特殊能力を持つフィリップや照井を警戒し、凡人の翔太郎を軽視したが、最後にはむしろ、翔太郎の「普通」こそが彼らにとってのイレギュラーとなった。裏のラスボス的存在であったユートピア・ドーパントは、単身かつ生身の彼に敗れかけるハメになったほどだ。
 さまざまな登場人物が策略や能力を用いて争うなかで、勝負を決定づける「切り札」はいつもなにも持たない翔太郎だった、というのは、この作品のもっとも痛快な点であると思う。


 劇場版『FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』において、ガイアメモリは適合率の高い人間と引かれ合う、というような描写がある。
 ほぼすべてのメモリが敵勢力に奪われていくなかで、ただひとつ、翔太郎を求めるかのように鳴海探偵事務所の壁に突き刺さっていたのが「ジョーカー」メモリ。
 ただ身体能力を強化するだけの特別でないメモリを、ただ愛する町と人を守りたいだけの特別でない翔太郎が装着し、彼は名実ともに風都を救う特別な「切り札」、仮面ライダージョーカーとなった。

「さあ、お前の罪を数えろ!」