48_01

 ついに、ラスボス「リジェス」に挑む。

 ラスボスだけあって、あらゆるステータスが非常に高く、やはり簡単には攻略できない。
 おもな特徴は下記。

1. HPは約170,000。
2. 常時2~3回行動。
3. 感染攻撃を持つ。感染状態になると毎ターン約750HPを削られてしまう。
4. ほとんどの攻撃がステータス低下効果つき。
5. エネミーラッシュLV3を頻繁に発動してくる。
6. 属性攻撃を当てると、耐性が徐々に上昇していく。(デビルガンダムに近い)
7. ほとんどの攻撃が属性つき。


 7のみ、こちらにとってプラスの要素。装備強化のおかげで全属性に対して多少の耐性を得ているので、ほとんどの攻撃を軽減できることになる。
 しかし、それでもその攻撃力は脅威。つねにHP満タンで次のターンを迎えないと危険だ。

 とはいえ、3回ほど全滅したところで、勝利への道筋が見えてきた!


48_02

 リジェスを倒すフォース構成は、こう!
 ひさびさに、HP回復&状態異常回復効果のライジングガンダムを使う。感染攻撃対策のため。
 また、対エネミーラッシュ用のエネミーディフェンダーラッシュリジェネレイターは必須。これらがなければ絶対に死ぬ。
 あとは、いつもの回復用フォース3点セット。


48_04

 いくぞ!
 10ヶ月続いたこのひとり旅に、いま、決着をつける!!



【戦闘開始!】

48_05
TURN01 分身殺法ゴッド・シャドー
TURN02~ ゴッドスラッシュ or ゴッドスラッシュ(DRIVE)


 リジェスはバフ打ち消し攻撃の使用頻度が高くないので、ゴッドシャドーから入る。
 こちらの速度のほうが高いため基本的に先手を取れるが、最速行動の「神速の蹴り」は要警戒。また、エネミーラッシュ時や、速度低下デバフを入れられてしまったときもひっくり返される。
 HP吸収で回復しなければならない関係上、ためるを使う余裕はないので、2ターン目からはさっそく攻撃。 メインは無属性のゴッドスラッシュ。リジェスは攻撃を受けるたびに耐性が上昇していくため、いざというときにゴッドフィンガーを最大威力で放つために、火属性はできるだけ温存していく必要がある。


48_06
TURN08 分身殺法ゴッド・シャドー(DRIVE)
TURN09~ マシンキャノン or ゴッドスラッシュ or 石破天驚拳


 ゴッドシャドーをかけ直しつつ、攻撃を継続。
 9ターン目、リジェスが自己バフで斬撃耐性を上げてきた。このままゴッドスラッシュを放っていては、HP吸収量が落ちてしまう。
 そこで、射撃のマシンキャノンや打撃の石破天驚拳を織り交ぜていく。石破天驚拳がもっともHP吸収量が多い。どれを使うかは、こちらのHPとSPの残量を見ながら判断。


48_07
(エネミーラッシュ発動)
TURN11~13 ゴッドスラッシュ


 1回目のエネミーラッシュが来た!
 ゴッドシャドーは継続中だが、運悪く被弾が続けば死の危険がある。
 少しでもHPが減った状態で次ターンを迎えてしまった場合は、最速発動のゴッドフィールド・ダッシュなどでなりふり構わず先手でHPを吸収しないと死ぬが、ここは幸いにも回避が多く発動してゴッドスラッシュだけで切り抜けた!


48_08
TURN14~ 石破天驚拳 or 石破天驚拳(DRIVE) or 分身殺法ゴッドシャドー(DRIVE)

 リジェスの攻撃により、命中率低下を付与されてしまった。
 回復をHP吸収に頼る戦法では、敵への攻撃が外れることは致命的。当たらなければ回復のしようもない。
 そこで、ここは高命中率の石破天驚拳を惜しみなく使う。それでも命中率は7~8割程度なので、やや危険なターンが続く。


48_09
TURN19 ライジングガンダム
TURN20~ 石破天驚拳 or 石破天驚拳(DRIVE)


 感染攻撃が来た!ライジングガンダムですかさずリカバリー。
 20ターンが経過したが、リジェスのHPは2割削れたかどうか、というところ。先は長い……


WVW69kvViO09A3codz
(エネミーラッシュ発動)
TURN23~25 石破天驚拳(DRIVE)

 2回目のエネミーラッシュ!
 少しHPが減ってしまった状態でラッシュを迎えてしまったこともあり、SPを惜しまずドライブ石破天驚拳。HPを吸収していく。


WVW69kvVjMwWdtqtB-
TURN26~28 ゴッドスラッシュ(DRIVE) or 石破天驚拳(DRIVE)
(ヒーローラッシュLV1発動)
TURN29 ゴッドスラッシュ(DRIVE)

(エネミーラッシュLV1発動)
TURN30 石破天驚拳(DRIVE)

TURN31~ 石破天驚拳 or 石破天驚拳(DRIVE) or 分身殺法ゴッドシャドー(DRIVE)


 ラッシュゲージがMAXまで溜まったことと、SPの減少が気になったことから、ヒーローラッシュLV1を発動。目当てはブレイブスキルでのSP回復。


WVW69kvVj-I8qhikvB
(エネミーラッシュLV3発動)
TURN37~TURN39 石破天驚拳(DRIVE) 
TURN40 分身殺法ゴッド・シャドー(DRIVE)

 3回目のエネミーラッシュLV3。ゴッドシャドーをキープできているので心配は少ないが、念のため石破天驚拳を連発してHPを多めに吸収する。
 で、ラッシュ終了時のブレイブスキルでSPとヒーローゲージが回復。ここをチャンスと見て仕掛ける!


WVW69kvVldAbk5a0KJ
(ヒーローラッシュLV3発動)
TURN41 爆熱ゴッド・フィンガー
TURN42 爆熱ゴッド・フィンガー
TURN43 石破天驚ゴッド・フィンガー

(エネミーラッシュLV3発動)
TURN44~46 石破天驚拳(DRIVE)


 ヒーローラッシュLV3からの、ゴッドフィンガー3連発!
 爆熱ゴッドフィンガーは約7,500、石破天驚ゴッドフィンガーは約10,500のダメージが入った。
 この3連発でリジェスはわずかに火耐性を得てしまったはずなので今後はダメージが落ちると思うが、充分だ。


WVW69kvVmYwtMXvGie
TURN47 分身殺法ゴッド・シャドー(DRIVE)
TURN48 石破天驚拳(DRIVE) or ゴッドスラッシュ(DRIVE)


 リジェスのデバフはかなり多彩なので、放っておくとあっという間に弱体だらけになってしまう。 
 ゴッドシャドーをかけることでデバフを1枠上書きできるので、忘れずにかけ直す。


WVW69kvVncoQPmNuhW
(エネミーラッシュLV3発動)
TURN54~56 ゴッドスラッシュ(DRIVE)


 リジェスの残りHPは3割を切った。これがおそらく最後のエネミーラッシュ!
 リジェスは打撃耐性を持っている状態なので、斬撃のゴッドスラッシュでHPを回収していく。 
 エネミーディフェンダーラッシュリジェネレイター、そしてゴッドシャドーで完璧に対策できているので、死亡の心配はあまりない。


WVW69kvVoYgLC7uF6A
TURN57 分身殺法ゴッド・シャドー(DRIVE)
TURN58~ 石破天驚拳 or 石破天驚拳(DRIVE)


 リジェスが斬撃耐性モードにシフトしてきたので、こちらも攻撃を打撃の石破天驚拳にシフト。
 そして61ターン目終了時、リジェスの残りHPがおよそ15,000程度に!
 こちらの状況は、ラッシュゲージが2本、ヒーローゲージが4本。ゴッドシャドーも保てている。
 対して、リジェスは打撃耐性がない状態……

 いける!!


WVW69kvVpMUmIXT8IV
(ヒーローラッシュLV2発動)

 もう火属性を温存する必要はない!
 この2ターンで、すべてを決める!!
 

WVW69kvVpfAvnOLwPG
WVW69kvVps4iVsuK3b
TURN62 爆熱ゴッド・フィンガー

 ばぁくねつ!ゴッドフィンガァァー!!



46_11
TURN63 石破天驚ゴッド・フィンガー

 石破天驚!ゴッドフィンガァァァー!!


WVW69kvVqQUIUCIk4U

 ヒィィィィィトォ!


WVW69kvVqdYz-K51xi

 エンドォッ!!


WVW69kvVqqUWgHD6Ab


 ……


 …………



 1月に企画をスタートしてから、10ヶ月ちょっと。
 ぼくが2017年にもっとも長い時間をかけて遊んだゲームは、間違いなくロストヒーローズ2だ。
 「まあゴッドガンダム好きだし」くらいの理由でなんとなく始めた、ゴッドガンダムひとり旅。このゲームの骨太さをイヤというほど味わったいま考えれば、こいつ一周目からなにやってんだと思わざるを得ない。

 いろいろ文句を言いながらやってきたような気もするが、なんだかんだゲームクリアまで来られたのは、ロストヒーローズ2が良作である証にほかならないと思う。いい意味で、ぼくのなかにあったキャラゲーの常識を打ち砕かれた。

 特に、ひとり旅をしていると、考え抜かれた戦闘バランスのすばらしさはよく実感した。
 絶対こんなん勝てないだろ、という相手でも、取り逃がしていたチップを集め、最適なフォース構成を思いつけば、勝率を飛躍的に高めることができる。
 このゲームは、プレイヤーの試行錯誤や努力を決して裏切らない。いつかは必ず応えてくれる。
 それは、人々の期待や願いを決して裏切らないヒーローの生きざまと、少し似ているかもしれない。


WVW69kvVu8IxpyszB7

 長い旅だった。
 セーブ画面上のクリアタイムは73時間で済んでいるが、何百回という全滅やリセットの時間を加えれば100時間を超えるし、記事を書いたり攻略法を考えたりしていた時間まで含めると、ぼくがロストヒーローズ2に捧げた時間は軽く200時間を超える。
 でも、それだけの価値はあった。そうしたいと思わせるだけの魅力が、このゲームにはあった。


 ロストヒーローズ2は、じつは商業的には大成功したゲームではない。正確な売上は非公表となっており、続編が出るかどうかはわからない。
 でも将来、もしもロストヒーローズ3が発売されることがあるならば、ぼくは絶対買うと断言できる。で、また、「なんだこの難しさはふざけてんのかコノヤロー」などと文句を言いながら、最後まで楽しくプレイするだろうと思う。

 願わくは、いつか、ロストヒーローズ3の記事が書けることを。


WVW69kvVtBMYtSBIxb

 ありがとう、ゴッドガンダム。苦労させまくってごめんよ。お疲れさまでした。また会える日を楽しみにしています。



爆熱!ゴッドガンダムひとり旅!