DAMと双璧をなすカラオケ機種ブランド、JOYSOUND
 ただ歌うだけでなく、採点モードやビンゴなどのミニゲーム機能も備えるが、最近見つけて「これはけっこうスゴい!」と思ったのがこれ。



 ショートムービーカテゴリの中にある「お笑いチャンネル」である。



 なんと、カラオケでもなんでもなく、ただ人気芸人の漫才やコントが観られる、というもの。

 「え?カラオケルームでそれ観る意味ある?」と一瞬思うが、じつはけっこうある。
 カラオケルームは音響設備が優秀なうえに音量を気にしなくてよく、さらにモニターもけっこう大きいので、家で観るよりかなり快適。そして、どんな大声で笑っても大丈夫。すばらしい!
 しかも、ネタのラインナップも豊富で、実力ある若手芸人の人気ネタがだいたい揃っている。事務所もさまざまで、吉本だけ、ということはない。



 あっ!ぼくの大好きなアルピーの「セレクトショップ」だ!
 いいなあ。ホントに主要ネタは押さえてくれてるなあ。




 なお、あたりまえだがお笑い動画は歌ではないので採点はできない。
 できてもおもしろそうだけど。平子になりきってセレクトショップ店員やって採点されてみたいけど。




 そして、じつはこれがいちばんびっくりしたポイントだが、お笑い動画はすべて撮りおろし。
 どこかのお笑い番組の流用ではなく、わざわざ単色バックで配信用に撮られたものになっている。
 何度も観たセレクトショップのネタだけど、このバージョンは初めて観た!お笑いファンとしては得した気分!

 唯一気になったのは、編集で足されている客の笑い声が妙に安っぽいこと。
 実際に客を入れて収録するのは難しいのはわかるけど、もうちょっといい音源を使えばいいのに。
 まあいいけど。ぼく自身がめっちゃ大声で笑うからいいけど。




 思った以上によくて、なんだかんだたくさん観てしまった。歌いに来たつもりだったのに、これだけで1時間以上使ってしまった。


 本来は、歌い疲れたときの休憩にちょろっと流すための機能だと思うが、これ目当てに来てもぜんぜんいいくらいの充実度と満足度だった。
 お笑いが好きな人なら、覚えておいて損はないですよ。



アルコ&ピース
2013-11-26