lo01

 史上最悪の強敵だったサジタリウス・ゾディアーツを乗り越えたあとは、意外なほどサクサク進む。
 中ボスが何体か登場したが、特に考えなしに挑んでも初見撃破できるほど余裕だった。
 
 そして、ハザード・キューブの最終ボスとして登場したのは……


lo02

 白い魔法使い。『仮面ライダーウィザード』のファンならおなじみ。
 強敵の多かったハザード・キューブを統べるボス、その実力やいかに!!



【戦闘開始!】 

lo05
TURN01 分身殺法ゴッド・シャドー

 ゴッドシャドーで様子を見るが、ハーメルケイン(バフ打ち消し効果つきの打撃)ですぐさま打ち消された!
 それどころか、逆に追加効果で白い魔法使いの回避率を上げられてしまう始末。
 さすが魔法使いというべきか、バフ・デバフの腕はあっちのほうが上のようだ……


lo07
TURN02~ ためるor石破天驚拳(DRIVE)orヒールIII

 ゴッドシャドーはあきらめた。白い魔法使いはほぼ常時回避率アップがかかっているので、命中補正の高い石破天驚拳で攻める。
 必中のヒーロー技(爆熱ゴッド・フィンガーや石破天驚ゴッド・フィンガー)を使うことも考えたが、白い魔法使いは炎を含む全属性に対して非常に高い耐性を持っている。これもさすが魔法使いというところ。
 SPが減ってきたら、ヒーローラッシュLV1を発動してわざとエネミーラッシュを起こし、終了後のブレイブスキルでSPを回復していく。このテクニックはもはやおなじみ。


lo06

 白い魔法使いは、雷属性の「サンダー」炎属性の「エクスプロージョン」など、さまざまな属性攻撃をしかけてくる。連続ヒット系も多く、本来ならけっこうキツい。
 「本来なら」と書いたのは、こっちは装備強化のおかげで全属性にそれなりの耐性を持っているので、結果的に全攻撃のダメージをそれなりに軽減できるからである。
 これまで「2ターンに1回はヒールIIIを使わないと死ぬ!」みたいな中ボス戦が多かったが、今回はぜんぜん。なんなら、『3ターン毎HP回復』のフォース効果だけで事足りる場面もしばしば。

 あれ?これは意外と余裕か?と思われたが……


lo08
lo10

 ヒィィィィィ!!
 増えた!めっちゃ増えたァァァァ!!
 なんて卑怯な!それがボスのやることか貴様ァァァァ!!


 デュープ(分身)は、どうやらHPが低い以外はほぼ本体と同じ性能を持つようだ。
 これはしんどい。さすがにこうなると、2~3ターンに1回はヒールIIIを使わないと回復が追いつかない……

 ……あれっ、待てよ?2~3ターンに1回でいいの?
 余裕じゃん!分身含めて計4体になってもサジタリウス・ゾディアーツやラフレシアよりぜんぜん低火力じゃん!!



lo11

 ゴッドスラッシュ・タイフーンでデュープを蹴散らし……


lo12

 いくぞぉっ!!


lo13

 石破っ!天驚けぇぇぇん!!


lo14
lo15

 こんな終盤まで来て、まさかまさかの初見撃破!!
 いいよね!?たまにはこういうことがあってもいいよね!?

 ハザード・キューブ、突破!!