hati1

hati2

 月末になるたびに「どうせ月終わりだしおまえらのスマホ通信制限かかったってええやろ」の精神でやべぇファイルサイズのアップデートをぶち込んでくることでおなじみの、ソーシャルゲーム『八月のシンデレラナイン』(通称:ハチナイ)。
 9月末もやべぇ大きさのアップデートがぶち込まれてぼくは一瞬で通信制限に達した。
 

hati3

 しかし、朗報ですみなさん!
 ハチナイをとんでもないクソゲーだと思いこんでいる、そこのあなた!
 あるいは、クソだなぁと思いつつもキャラのかわいさと惰性だけを理由に死んだ魚のような目で毎日スタミナ消化している、そこのあなた!あ、これはぼくか!

 ハチナイが!ついに!ちゃんとしたゲームになり始めました!!

 いったいアップデートでなにが起きたのかというと、


hati4

 「デレスト(シンデレラストーリー)」モードに簡易演出機能が実装されたのだ!!


hati6
hati5

 デレストとは、デレステのパクリ……ではなく、ハチナイのメインモードである。
 自由にオーダーを組み、練習メニューを選びながらストーリーを進め、最終的に試合での勝利や強力なスキルの習得をめざす、というようなやつだ。
 スキル習得だけでなく「才能開花」に必要なアイテムも入手できることなどから、キャラ育成には不可欠であるし、ストーリーやキャラのかけ合いを楽しむ意味でも重要なモードだ。

 ハチナイは明らかに、このデレストを周回しまくることを前提として設計されたゲームである。
 価値の高いレアスキルは1周でひとつ習得させるのが精一杯なので、スタメン9人にひとつずつ習得させるだけでも9周、ふたつずつなら18周、控えも含めたら……習得には運が絡むことがあるので失敗も考慮したら……などと、とにかくキリがない。


hati7

 しかし、周回前提のメインモードであるくせに、そのテンポは誇張抜きにそびえ立つクソだった。いっそクソにも失礼なほどクソだった。
 これはもうハチナイユーザーであれば、特にヘビーユーザーであればあるほど、赤べこのように首を縦にブンブン振っていただけると思う。


hati8

 なにか行動するたびに発生する、すでに何十回も見たエピソード!
 そのたびに必ず聞かれる、エピソードを再生する/スキップする の選択肢!
 いちいち長い練習エフェクト!
 カタツムリかな?と思うスピードでしか上昇しないやる気ゲージ!

 話と話の区切りで必ず挿入される、すでに何十回も見たうえにスキップできない小芝居!!

 これらがどれくらいテンポ的に最悪かというと、たとえば、町に入ると1歩進むたびに村人が「ここは○○の町だよ」と話しかけ続けてくるドラクエを想像してほしい。
 あるいは、戦闘アニメをOFFにできないうえに毎回同じ内容の戦闘前会話が発生するスパロボを想像してほしい。


 そして前述の通り、育成のためにはこれをひたすら周回しなければならないという事実。
 しかもうまく進めるほど発生エピソード数が増えるので、上級者になればなるほど1周に要する時間が長くなるという衝撃の仕様。
 具体的には、1周20~30分。スタメンのたかだかひとりに、レアスキルをたかだかひとつ習得させるためだけに、20~30分。しかも運が絡むので、20~30分かけて成果がほぼないこともしばしば。

 うーん、刑務作業かな?いや、刑務作業に失礼かな?


hati10

 しかし、これらのほぼすべてが「簡易演出」機能の実装によって解決!
 所要時間が10分以下に短縮され、超快適に!一気に周回向けのモードに!
 やったぜ!これで「デレストが長すぎて、デレストで消費したスタミナがデレストをやっているあいだに回復する」という無間地獄から解放されたぞ!!


hati11

 地獄そのものだったメインモードに劇的なテコ入れがなされ、ついにちゃんとしたゲームになってきた『八月のシンデレラナイン』。
 大絶賛しているようでけっきょく「マイナスだったものがゼロまで来ましたよ」って言ってるだけのような気もするが、この機会にぜひ始めてみてほしい。
 ぼくはこれまでの反動で急にハチナイを神ゲーだと錯覚し始めています。いますが、冷静に考えると天地神明に誓って神ゲーではないです。