前回までのあらすじ】
 レベル上げはそこそこにとどめ、どんどん進んでいく方針に。
 ジェニーのイリュージョンとセリカの豪腕に期待が集まる!



fe11-1

 二度にわたる海上戦を突破し、海賊の砦へ到達。
 余談なんですが、こっち側が乗り込む立場で「襲撃戦」って名前がつくの珍しくないですか?ふつう「攻略戦」とかじゃないですか?襲撃戦だとこっちめっちゃ悪者感出ないですか?


fe11-3

 敵の数がこれまで以上に多いうえ、撃破が勝利条件となる敵将は砦のなかにおり、なかなか攻めづらそうなマップ。
 しかし、それ以上に気になるのが……


fe11-2

 バルボ、カムイ、レオという、この第3軍の存在。
 味方なのか敵なのか?見た目からすると味方になりそうな予感がするが、説得が必要なのか、単に生存させたままマップクリアすればよいのか?そのへんがよくわからない。
 このあたりを探りつつ、攻略していかなければ……


fe11-4

 1ターン目からジェニーのイリュージョンを使い、めいっぱい前に展開していく。
 ゆったり進軍していると、第3軍が敵兵に狙われてしまうかもしれないからだ。
 男だからどうせ使わないとはいえ、いちおう味方になる可能性を考えると死なれるのは後味が悪い。


fe11-5

 幻影兵と海賊が小競り合いをしてくれているうちに、先に進んでいく。
 幻影兵が敵を倒してしまうと経験値が得られないが、まあ、その点は第3軍が敵を倒しても同じことなので、あまり気にしないことにする。


fe11-6

 その後、セリカ・ジェニー・メイそれぞれを第3軍に隣接させてみたが、特に説得コマンドは出ないが、攻撃対象にもできない(敵ではない)ことを確認した。
 ということは、とりあえず攻撃される心配はなさそうだ。とにかく生存させてあげれば仲間になるよ、ということか。


fe11-7

 そうとわかれば話は早い。
 敵将のダッハを、横取りされない程度に友軍に削ってもらいつつ、こっち側でトドメを刺せばOKだ。
 ダッハはけっこう強く、特にATK・SPDが高めなので、真正面から挑むと返り討ちに遭う危険性が高い。友軍をうまく使う必要がある。


fe11-8

 バルボやレオがうまく削ってくれたところに、反撃を受けない位置からセリカのファイアーやメイのサンダーを叩き込む。


fe11-9

 無事にクリア。敵将狙いだったので撃破数が少ないが、まあしょうがない。

 で、クリア後に予想通り、バルボ・カムイ・レオの3人が仲間になった。
 まあ、先に述べた通り3人とも男なので、どうせ使わないわけだが……3人とも男なの……で……


fe11-10

 あれっ!?


fe11-12

 オネエ!オネエおるやん!!

 これはどうなの!?単にしゃべり方がそれっぽいだけなの!?それとも心の性がホントにそうなの!?だとしたら女性として扱うのが正しいの!?

 悩む……悩むけど、やっぱ男だなこれは。「兄貴」ってあたりにめっちゃ男らしさ感じるし。