ikaten
出典:http://www.e-maruka.co.jp/case/index.html

 テレビ番組でも多く紹介され大ヒットとなった、まるか食品の「イカ天 瀬戸内レモン味」
 「さっぱりなのに、なんだかやみつき」のコピーのとおり、とにかくクセになってしまうこと、口の中に永遠に後味を残しておきたくて無限に食べ続けてしまうことでおなじみである。

 唯一の欠点は、メーカーの地元である広島以外での取り扱い店舗があまり多くないこと。
 都心のコンビニ、スーパーなどでも探せばときどきあるが、ないことも多いので、「どうしても食べたい!」というときには困ってしまうこともしばしば……

 そんなときに、代用品として注目したいのがこれだ!


IMG_1312

 セブンイレブンユーザーならおなじみ、セブンプレミアムの「レモン風味でさっぱりとした味わいのいか天レモン」である。
 パッケージ左下に「レモン」と書いてあることも含め、何回レモン言うねん、という気もしてしまうが、とにかくこれである。

 内容量・価格は30g入りで税込108円となっており、かなりお求めやすくなっている。
 ちなみに、本家まるか食品の「イカ天 瀬戸内レモン味」は85gで302円(2017年5月時点のネット直販価格)。グラム単価はだいたい同じとなる。


IMG_1313

 味は本家とほとんど同じ。もしも目隠しして食べたら、区別できる人はほぼいないだろう。
 ただ、この手の食べ物は雰囲気とかローカル限定のありがたみとか込みのおいしさなので、総合的にはやはり本家まるか食品に軍配が上がるかもしれない。

 とはいえ、ひとり暮らしで晩酌のつまみにちょいと、とか、家族でちょっと変わったおやつとしていただく、とかであれば、まったく問題ない。それはそれはもう超絶激ウマである。108円で買えるお菓子としてはトップクラスのクオリティではなかろうか。
 「イカ天 瀬戸内レモン味ってメディアでよく見るけど近所に売ってない……だいたいどんな感じなのか知りたい……」という人にとっても、とりあえずこれを食べてみる、というのは悪くない選択肢だ。