cpu01

 個人のPC環境やブラウザによる動作快適度の変化が大きい、すなわち相性問題がけっこう激しいとよく言われる『千年戦争アイギス』。
 体感として動作が「軽い」「重い」という問題ももちろん大きいのだが、個人的にじつは気になるのが、PCのCPU・メモリ負荷的な意味での「軽い」「重い」だ。


cpu02

 ぼくはノートPCを家の中でもあちこち持ち運びながらバッテリ駆動で使っていることが多いので、CPUやメモリ負荷が増えることによる消費電力の増大はけっこう気になる。
 メモ帳で原稿を書くだけなら5時間くらい持つバッテリが裏でアイギスを立ち上げていると2時間半で死にかけることがよくあり、アイギスやべぇな、とよく思う。


cpu07

 そこで今回は、世界シェア・国内シェアともに高いGoogle Chrome・Microsoft Edge・Mozilla Firefox・Internet Explorerの主要4ブラウザで、アイギスプレイ時のCPU・メモリ使用量の違いを調べてきた。
 あくまでぼくのPC環境での検証であり、環境が変われば結果も変わる可能性はあるが、ブラウザごとのだいたいの傾向を知るめやす程度にはなるはず。ヒマなら参考にしてほしい。




アイギスのPC負荷が軽いブラウザはどれ?
Chrome・Edge・Firefox・IE実戦比較


cpu03
cpu04

■計測方法
 各ブラウザで、曜日ミッション『強者の集う戦場』をプレイ。
 Windows標準のリソースモニターで、ミッション開始時(開始ボタンを押した瞬間)に監視を開始、終了時(リザルト画面でドロップ表示が完了した瞬間)に監視を終了。
 CPUについては、ミッション開始~終了までの平均占有率を計測する。
 メモリについては、30体撃破時点でのメモリ使用量を計測する。

■補足事項
・編成、ユニットの配置順や配置位置、スキル使用タイミングなどは全回で統一。
 極力、使用ブラウザ以外の条件を同一にする。
・使用ブラウザ以外のアプリケーションは基本的に終了させた状態で計測。
・検証に使用したPCのおおよそのスペックは下記の通り。
 Windows10 Home 64bit/Core i5-4200M 2.50GHz/RAM8GB
・検証に使用した各ブラウザのバージョンは下記の通り。 
 Chrome 57.0/Edge 38/Firefox 52.0/IE 11.953



■検証結果

cpu05

 意外や意外、もっともPC負荷が軽いのはIE(Internet Explorer)という結果に。
 Windows 10では標準ブラウザの座をEdgeに奪われ、いまや旧世代感がすごいIEだが、それは逆に言えば、旧世代のPCでも動かせるほど負担が軽く設計されているということか。
 ミッション中の体感ではスキル多用時などに少し重くなる場面もあったが、このPC負荷の軽さは魅力だ。

 2位はEdge
 あくまでぼくの環境ではだが、体感でダントツに快適動作だったのがこれ。妙な待ち時間やカクつく場面はいっさいなし。
 総合的に言えばオススメ度1位かもしれない。

 シェア的には最強を誇るChromeは3位。
 IE、Edgeと比べると、特にメモリ使用量が跳ね上がる。Chromeはそもそも「メモリが余ってるなら余ってるだけ使っちまえ」という設計思想のため、当然といえば当然なのだが……消費電力的には優しくないブラウザである。
 体感の動作快適度はそこそこ。

 そして、この4ブラウザのなかでの最下位はFirefox
 CPU占有率は驚異の49.05%!アイギスだけでCPUを半分使うというやべぇ状況を生み出した。メモリ使用量もかなり多い。
 さらに、体感の動作快適度も低かった。全体的に動作が遅く、かなりカクつく。「アイギスはFirefoxと相性が悪い」とは雑談レベルではよく語られる話であるが、それを裏付ける結果となった。



cpu06

 くり返しになるが、この結果や順位、体感での動作快適度はあくまでぼくのPC環境下におけるものであり、環境によって変動する可能性がある。
 ただ、なるべくPCへの負担を軽く抑えながらアイギスを快適にプレイしたい、という人がもしいたならば、ある程度の参考にはなるはずだ。
 ムダにいろんなブラウザを入れすぎてPCを重くしては本末転倒だが、ぜひ可能な範囲で、自分にピッタリなブラウザを探してみてほしい。