apa1

 みんな大好きアパホテル!ぼくも大好きアパホテル!袴田吉彦も大好きアパホテル!!

 客室に力を入れているアパホテルでは、アメニティが非常に充実している。
 歯ブラシやヘアブラシ、カミソリはもちろんだが、ボディスポンジやヘアゴム、シャワーキャップまである。ひとりで宿泊しても各ふたつずつ置いてくれるほど、サービスがよい。

 そして、そのアメニティのパッケージにはひとつひとつありがたそうな格言が印刷されている。
 せっかくなので、紹介していこう。


apa2

 シャワーキャップ。格言は「若さの源泉は好奇心にある」
 いい言葉だとは思うのだが、これをビジネスホテルのシャワーキャップのパッケージに書かれていても正直「で?」としか思わない。だがそれがいいのだ。


apa3

 ヘアゴム。「自分に見栄を張って生きろ」
 髪を縛って気合いを入れて見栄を張れ、みたいなことだろうか。


apa4

 歯ブラシ。「勝兵は先ず勝ちて而る後に戦を求む」
 唐突に孫子の兵法が登場!必ずしもアパホテルオリジナルの格言というわけではないのだ!


apa5

 ヘアブラシ。「仕事を遊びに遊びを仕事に」
 サラリーマンの利用が多いビジネスホテルでこの格言はすごく深いような気がする。気がするが、気がするだけでじつはぜんぜん深くないのがポイント。


apa6

 カミソリ。「能ある鷹は爪を出せ」
 おっ、いいんじゃない?名言かどうかはともかく、カミソリにはなんとなく合ってる言葉っぽくない?


apa7

 最後にボディスポンジ。「男なら自分の言葉に責任を持て」
 男女で宿泊しているときにシャワーを浴びながらこの格言を見たらものすごく考えさせられるものがありそう。袴田吉彦はこれを見てどう思ったんだろう。




 なお、これらの格言はいつも同じというわけではなく、ときどき新しいものに変えられているようだ。
 アパホテルに宿泊した際には、ぜひアメニティをひと通りチェックして、どれにどんな格言が書かれているか確かめてみてほしい。そして、「すごい!なんか深そうな気がする!でもよくよく考えたらなにも深くない!すごい!!」と感動してほしい。