「都会に住むと鼻毛が早く伸びる」みたいなことを言う人がよくいる。
 ホントかよ、と思っていたが、実際に移り住んでみるとめっちゃ早く伸びる。体感では田舎比2.5倍で伸びる。朝は平気だったのにお昼すぎにピロンと飛び出てくることがあるくらい早く伸びる。


hana00

 というわけで、欠かせないのが電動の鼻毛カッター(エチケットカッター)である。
 手動のカッターやハサミで切るより圧倒的に早く、切り残しも少なく、ケガの心配も少ない。いいこと尽くめである。
 4月から新生活で都会に移り住む少年少女よ、家具より先に鼻毛カッターを買っておけ、とアドバイスしたい次第である。

 そこで今回は、日本有数の鼻毛伸び速度を誇り、それに対抗するため数多くの鼻毛カッターを試してきたぼくが、人気も実力もあるオススメの定番鼻毛カッターを価格帯別に3つ紹介する。
 鼻毛カッターは高くてもせいぜい2,000円台。しかも、いちど買えば何年も使い続けられる。ぜひいいモノを買って、身だしなみを調えるのに役立ててほしい。



【1,000円未満】
HITACHI BM-03


○ 安い(500~700円台)
× 切れ味が悪くなりやすい

 ちゃんとした国内メーカー(日立)製であるにも関わらず激安であり、かつ「掃除ブラシ付き」「水洗い可」といった基本的なところはちゃんと押さえた良品。ぼくが初めて買ったのもこれ。
 難点は、刃の劣化がやや早く、長く使っていると切れ味が悪くなりやすいこと。鼻毛がうまく切れず、引っ張られて絡まったときの痛さは想像してもらえればわかるだろう。血は出ないが、涙がボロボロ出るくらい痛い。
 長く使いたいなら、刃が劣化しないようにきちんと手入れする必要がある。切れ味の悪さをパワーでカバーするために、電池も早めに替えよう。
 ほかの何にも代えがたいズバ抜けた安さがあるので、初めて電動の鼻毛カッターを試す、という人にオススメ。



【1,000円台】
Panasonic ER-GN30



○ 切れ味がよい
○ スマート洗浄機能(掃除しやすい)
× 価格がやや高い
 

 パナソニックのド定番鼻毛カッター。カラーバリエーションは黒と白の2種。
 基本的な機能や使い勝手は先に紹介したHITACHI BM-03とだいたい一緒だが、やや高いだけあって、その切れ味は明らかに一段上。わざわざ両方買って使い比べるのはぼくくらいしかいないと思うが、やってみるとぜんぜん違う。鼻毛が引っ張られたり絡まったりして痛い思いをする心配がない。
 また、スマート洗浄機能というものがあり、水洗いをする際に刃や刃カバーのパーツを外す必要がない。使い終わったらそのまま水道でバシャーッとやれば掃除が完了する。鼻毛カッターは長く使うなら毎回のメンテナンスが大切なので、それが超カンタンに済むのはとてもありがたい。
 欠点らしい欠点は特にないが、強いて言うならBM-03と比べるとさすがに高いことか。



【2,000円~】
Panasonic ER-GN50



○ 切れ味がよい
◎ 毛くず吸引機能が超快適

× 価格が高い
× サイズがやや大きい


 鼻毛カッターに2,000円ちょい出せるなら迷わずこれを買ってください、と言い切れる最強カッター。
 パナソニックのエチケットカッターのなかでも最高グレードの製品であり、その持ちやすさ、切れ味、耐久性、メンテナンスのしやすさ、見た目のよさ、どれをとっても一級品。
 そして、最大最強の特徴が「毛くず吸引機能」。通常、鼻毛カッターは切った鼻毛が鼻の中に残ってしまってけっこう気持ち悪い(がんばって綿棒で取るなどしなければならない)のだが、それがない。切ったやつをそのままブイーンと吸ってくれて、鼻の中が本当にスッキリする。
 欠点は価格の高さと、他機種に比べるとサイズがやや大きいこと。あと、毛くず吸引機能が最強すぎていちど使うとほかの鼻毛カッターでは満足できなくなること。
 お金さえ出せるなら、文句なしに一生使えるレベルのすばらしい鼻毛カッター。



hana

 鼻毛とは、がんばって育って外の世界に飛び出してきてくれた我が子のようにかわいい存在だが、世間体のためには心を鬼にして刈り取らなければならない。
 ぜひ、せめていい鼻毛カッターを使うことで、キレイに気持ちよく切ってあげよう。