Twitterでこのツイートを見てビビッときたので、即Amazonで電子書籍版を買ってしまった。


kj01

 『可愛い上司を困らせたい』(タチバナロク)。
 仕事ひと筋で生きてきて気づけば三十路を超えてしまった井羅恵(31)と、要領はいいがチャラい新入社員・青木(23)のラブコメ4コマである。

 なぜこれにビビッときたかといえば、知っている人には言わずもがなだが、ぼくが自分より年上の女性しか愛せない(好きな有名人はヒラリー・クリントン)というベリーキュートな性癖の持ち主だからである。人それをババ専と呼ぶ。
 また、絵をちらっと見たとき、「あ、これはぼくたち年上好きのツボをちゃんと押さえてくれていそうな漫画だ!」という予感も走った。

 で、読んでみると予感は大正解だった。
 めぐみかわいい!たまらん!ババア結婚してくれ!!


kj02
出典:http://www.manga-time.com/comics/tameshiyomi/tachibanaroku/kawaii_1/index.html#/page/1

 というわけで、今回は『可愛い上司を困らせたい』の魅力をお伝えしていく。
 ただし、ストーリーがどうとか、4コマとしてどうとか、オチがどうとか、ぼくはそんなことにはいっさい触れない。
 なぜならぼくはババ専だから!語りたいのはババアの魅力についてだけだから!!ババア!愛してるぞババア!!



魅力1:31歳という絶妙な年齢設定

kj003
出典:http://www.manga-time.com/comics/tameshiyomi/tachibanaroku/kawaii_1/index.html#/page/1

 恵は31歳独身。
 ババア学の見地から説明すると、31という年齢は、29のころの焦りが悪い意味で消え、30のように「いよいよ三十路だよー」なんてネタにできるわけでもなく、さらには周囲も徐々に気を遣うようになり、リアルに「生涯独身」がちらつきだす絶妙なタイミングである。

 とはいえ、いまの晩婚化社会をふまえて客観的に言えば、31歳独身はべつにババアでもないし行き遅れてもいない。
 しかし、恋の相手・青木は23歳の新入社員。そこから相対的に見れば、31歳の女上司はなかなかのババアである。
 もしそことそこが付き合ったら、周囲は「えっ!?すげぇところ攻めたな!」と驚くこと間違いなしである。

 見た目はまだまだ若いしかわいい恵だが、23歳の青木と付き合うことで、いやがおうにも自分の年齢にコンプレックスを感じ、自分をババアだと思ってしまう……
 すばらしい!なんてすばらしいんだ!!



魅力2:むっちりむちむち

 ババア学の定説では、年上好きと巨乳好き、そしてぽっちゃり好きは高い相関性があると言われる。ぼくもその典型である。

kj04
(出典:『可愛い上司を困らせたい』1巻 電子書籍版 P4)

 そして、恵はいい具合に巨乳でありむちむちである!
 ぼくが絵を初めて見たとき「ツボを押さえている」と思ったのはまさにここである。
 決して太ってはいないが、年上好きのニーズに応える巨乳と、31歳という年齢をリアルに感じさせる肉付き。
 すばらしい!なんてすばらしいんだ!!



魅力3:王道を行く女上司キャラ

 年上モノ、とりわけ女上司モノの王道といえば、「仕事はバリバリできる厳しい女上司だが、恋愛になると立場が逆転する」というギャップ萌えである。
 恵はこの王道のど真ん中を行ってくれており、ふだんは自他ともに認める仕事人間だが、恋愛のことになると青木にいいように翻弄されたり、恥ずかしがったり、すぐ妬いたりする。漫画のタイトル通り、しょっちゅう困っているのだ。
 すばらしい!なんてすばらしいんだ!!



魅力4:言動や趣味嗜好がちゃんとババア

 恵は、青木に対して年上のお姉さんらしく振る舞おうとするあまり、必要以上に厳しい態度を取ったり、見栄を張ってリードしたりしようとすることがある。かわいい。
 青木が若い女性社員と話しているとすぐスネたり、自分のことを「年増」と言ったりすることがあるくらいには、年齢のことを気にしている。かわいい。
 お酒好きだがすぐ酔う。かわいい。
 好きな食べ物を聞かれて酒のつまみしか出てこないくらい独り身が染みついている。かわいい。
 勉強や仕事だけで生きてきたせいで水族館にすら行ったことがない。かわいい。

 いずれもババア学の教科書に載せたいくらいのお手本のような年上女性であり、ぼくたちババア学士のハートをぶち抜いて余りある魅力が詰まっている。





 というわけで、 ごくごく限られた人にしか刺さらないゆがみまくった紹介をしてしまったが、とにかく恵はかわいい。
 『可愛い上司を困らせたい』、興味があればぜひ。ぼくと一緒に「ババア結婚してくれ!」と叫びましょう。



(試し読み:まんがタイムWeb)
http://www.manga-time.com/comics/tameshiyomi/tachibanaroku/kawaii_1/#/page/1