世界樹の迷宮Vをハウンド5人旅でクリアしてしばらく経ち、また3DSで世界樹っぽいRPGやりたいなぁ、と思い始めたぼく。




 けっこう安くなっていたので、前から気になっていたロストヒーローズ2』(2015, 開発:ランカース, 販売:バンダイナムコゲームス)を買ってきた。
 1をやっていないので触るのは初めてだが、このシリーズの概要をひとことで言えば、「仮面ライダー・ウルトラマン・ガンダムで挑む世界樹の迷宮」ということになるようだ。



 「開発:ランカース」でピンときたゲームファンもいるかもしれないが、同作は本当に『世界樹の迷宮』『世界樹の迷宮II』を手がけた会社が作っている。
 そのため、ゲームとしての完成度と難易度は本物。『ロストヒーローズ2』は、キャラゲーの皮を被った本格的な初見殺しRPGである。
 Amazonレビューなどを見ても、その高すぎる難易度については「やり応えがある」「緊張感がある」「やりすぎだ」「最初の戦闘で全滅したぞオイ」など賛否がいろいろ出ている。

 これはおもしろそうだ。世界樹シリーズのファンとしては見逃せない。



 さて、ところでぼくは、機動武闘伝Gガンダムの大ファンである。
 ストーリーもキャラも機体も大好きだ。初めてリアルタイムで観たガンダムがGガンだったから、という思い出補正もあるかもしれない。
 いまでも「いちばんカッコイイと思うモビルスーツは?」と聞かれたら、邪道と言われようとにわかと呼ばれようと迷わず「ゴッドガンダム!」と答える。それくらい好きである。


 そして、『ロストヒーローズ2』にはゴッドガンダムが参戦している。
 となれば、これに挑むしかない!今日から始まる不定期連載企画!




 爆熱!ゴッドガンダムひとり旅!

【ルール】
1. ゴッドガンダムひとりだけのパーティーでクリアをめざす。
2. ストーリーの都合上、ゴッドガンダム以外のメンバーを加えなければならない場合は、ゴッドガンダム以外は全員わざと戦闘不能にするか防御させる。行動していいのはゴッドだけ。
3. どうしてもゴッドガンダムだけで進めなくなったら、その瞬間だけヘルプを入れる。
4. 事前に攻略情報を仕入れるのは禁止。


 世界樹5のハウンド5人旅のときと同様、初回プレイでがっつり縛りプレイをするという誰も得しないアホな挑戦である。
 この特殊なプレイに四苦八苦する様子を通して、ロストヒーローズ2の魅力をみなさんにお伝えしていきたい。

 なお、ルール3は、あるかどうか知らないが、ストーリーの都合などでゴッドガンダムが一時離脱する場合をおもに想定している。
 ゴッドひとりでは絶対に勝てない強敵が出てきた場合もルール3を適用するが、なるべくないようにしたい。ヘルプを入れざるを得ない場合は、ぼくが2番目にカッコイイと思うモビルスーツであるガンダムF91あたりを入れようかなと思っている。残念ながらこの旅に仮面ライダー勢とウルトラマン勢の出番はないのだ!





 ルールを決めたところで、さっそくゲームスタート。




 プロローグは仮面ライダー1号、ウルトラマン、νガンダムのパーティーで進む。これはそういうものなので、しかたない。
 これから買う人のためにネタバレは最小限にとどめるが、物語はヒーロー達が処刑されるという衝撃の展開から始まる。




 プロローグが終わり、異世界に突如放り込まれて困惑する仮面ライダーウィザードが登場。これも実質チュートリアルみたいなものだが。




 途中でウルトラマンゼロが合流し、ウィザードとゼロのふたりで最初のボスを倒した。
 なお、その最初のボス戦でウィザードが死んでしまい、さっそく全滅しかけた。このゲームの難度が本物であることを確信。「まあキャラゲーだしどうにでもなるでしょ?」みたいな考えは捨てたほうがよさそうだ。




 その後、拠点に到着し、ここからは自由にレベル上げや探索ができるように。
 そしてここでゴッドガンダムが参入!
 始めるまで知らなかったが、ガンダム勢で最初の加入者がゴッドらしい。ちょうどよかった。




 仕様上、ウィザードとゼロはまだパーティーから外せないので、当面は防御してもらうか死んでもらうことにする。


 キングオブハートの名にかけて、ゴッドガンダムの世界を救う旅が始まる!
 見切り発車もいいところだが、たぶん次回に続く!