01_01

 家電量販店やショッピングセンターでよく見かける、写真セルフプリント機

 各家庭にあたりまえにプリンタがある時代なので利用経験がない人も多いかもしれないが、使ってみると意外と有用だ。
 L判1枚を20~30円で印刷できるので、用紙代やインク代を含めて考えるとコストパフォーマンスはかなりいい。
 しかも、家庭用プリンタよりも圧倒的に画質や保存性(年月による劣化の少なさ)に優れる。
 もっと言えば、2L判など、家庭用プリンタでは扱いづらいサイズにも対応しているのも魅力だ。まさにいいこと尽くめである。


 で、これ、一般的には「写真プリントサービス」だと認識されているのでうっかり忘れがちだが、要は画像データでさえあれば、なんだってキレイに印刷できるわけである。
 つまり、このマシーンのオタク的に正しい使い方は、


01_02

 こうだ!

 そう!写真セルフプリント機は、お気に入りの二次元イラストを高画質で印刷して、部屋に飾ったり手帳に挟んだりスーツの胸ポケットにしのばせて仕事中に癒されたりするために存在するのだ!!


01_03

 ほら、冷蔵庫にも貼れますよ!
 日常のちょっとしたひとコマが幸せなものになりますよ!!あなたもぜひ!!
 さっき「これいい……めっちゃいい……」と悦に入って冷蔵庫に頬スリスリしてたら妻に見つかって「なんじゃおまえキモッ」と速攻で剥がされたうえに「慰謝料としてカントリーマアム買ってこいや」っつって家を追い出されたけど泣いてなんかないですよ!


 自作のイラストでない限り、私的利用の範囲を超えないことが大前提となるが、興味があればあなたもぜひ。