前回までのあらすじ】
 ハウンド5人は30Fにたどり着き、レベルも99に到達。
 いよいよ、最後にして最大の敵と対峙する……



 「猟犬なのにめっちゃペロペロ舐めて回復してくれるってかわいくない?」というアホ全開の理由で旅立ってから、約4ヶ月半。
 ついにここまで来てしまった。まさかホントにここまで来られるとは、誰が予想しただろうか。




 30Fに待ち構える真のラスボスの名は「星喰」
 見た目の気持ち悪さもさることながら、強さも気持ち悪いくらいにケタ違いである。
 なにも知らないままとりあえず挑んでみたら、




 1ターンで全滅してしまった。

 やはり、なんだかんだ初見撃破できたこれまでのボスなんかとはわけが違う。
 何度も挑んで研究を重ねないと、とうてい勝てなさそうだ。




 1回目の反省をふまえ、2回目。8ターン目で戦線が崩れ始め、そのまま壊滅。




 3回目。HPを残り半分まで削ることに成功するも、その直後に戦線崩壊。




 4回目。残り1割まで削ることができた!
 わかってきたぞ。次は、いける!
 

 そしてここからは、5回目の挑戦の模様をお届けする。
 ふつうのパーティーに比べ、できることが圧倒的に限られるハウンド5人旅だが、そのぶん結論が出るのも早い。

 これは、勝てる戦いだ。それも、7割、8割は勝てる。

 ここまでのすべてをぶつけるべく、5人と1羽と1匹が星喰に挑む!
 はたして、ハタから見ると猟友会でしかない珍妙なパーティーは世界を救うことができるのか!?



【装備・スキル】
※スキルは主要なもののみ記載


前衛:アリス
ターゲットアロー10/ミリオンショット10/パワーショット10/双翼閃10/飛来爪撃10/仕留めの一矢10/弓マスタリー10/物理攻撃ブースト10/素早さブースト10

 パーティーリーダーであり、AGI特化のスピードスター。
 この旅の重要な戦闘は、つねに彼女のターゲットアローから始まってきた。それはラストバトルでも変わらない。
 ターゲットアローのあとは、ミリオンショット、パワーショット、双翼閃、飛来爪撃などを戦況に応じて撃ち分けていくことになる。



前衛:ユーリ
ハンターショット10/足甲貫き10/ドロップショット10/スタンショット10/双翼閃10/弓マスタリー10/抑制攻撃ブースト10/TPブースト10/脆弱の矢雨/黒霧

 LUC特化でVITも高い、頼れる封じ・状態異常担当のお姉さん。
 今回もハンターショット、ドロップショット、スタンショットなど多彩な弓技が冴え渡る。たぶん。
 なお、弓は最強武器のフェイルノートではなく、準最強武器のインパルスアロー。理由はもちろん、脆弱の矢雨を使うため。




後衛:チグサ
ミリオンショット10/パワーショット10/双翼閃10/氷嘴撃10/仕留めの一矢10/弓マスタリー10/物理攻撃ブースト10/素早さブースト10

 STR特化のアタッカー。ハウンド5人旅が誇る最強のババアである。
 高AGIのアリスのミリオンショットは命中重視だが、彼女のミリオンショットは威力重視。双翼閃、氷嘴撃ももちろん完備。
 ジリ貧にならないためには、彼女が休みなく矢を撃ち続けられるかどうかがカギ。



後衛:ナンナ
鷹笛10/ブラッシング10/飛来爪撃10/双翼閃10/氷嘴撃10/舞い散る羽10/仕留めの一矢10/弓マスタリー10/物理攻撃ブースト10/素早さブースト10/魅惑のボディ/チェーンブラスト

 TP自慢のオールラウンダー鷹匠。
 消費TPの多い氷嘴撃や飛来爪撃も、彼女なら撃ち放題。星喰戦は長期戦になるため、TPの多さはかなり重要になる。
 また、素早さブースト10があるため行動順も速い。いざというときのアイテム役にもなるか。



後衛:ララパ
犬笛10/獣の癒し10/メディカルリック10/防衛指示5/ハンターショット10/足甲貫き10/双翼閃10/弓マスタリー10/抑制攻撃ブースト10/回復ブースト5/TPブースト5/脆弱の矢雨/ヒギエイアの杯/イージスの盾

 WIS特化の回復役。2種のユニオンスキルも超重要。
 星喰戦では何回か誰かが戦闘不能になることを想定する必要があるが、彼女だけは絶対にいちどたりとも死んではいけない。彼女の死がこのパーティーの死である。
 



 できるだけ、5人それぞれの個性を活かせるように。
 これまでに積み上げてきたものを、そのままぶつけられるように。

 いままで通り、いや、いままで以上に、5人の力が合わさって初めて最高の成果が出せるような構成にしたつもりだ。

 いま、最後の戦いが始まる!




【戦闘開始!】