11月19日発売の『東京ウォーカー』『横浜ウォーカー』『東海ウォーカー』『福岡ウォーカー』、11月22日発売の『関西ウォーカー』の5誌は、表紙と中面で『艦これ』特集が展開されている。




表紙がちょっとずつ違う

 表紙絵は5誌共通で吹雪と加賀。
 ただし、ふたりが持っている食べものがそれぞれのご当地名物、という小ネタが仕込まれている。


東京ウォーカー:江戸前寿司
wtokyo


横浜ウォーカー:元町中華街の肉まん

wyokohama


東海ウォーカー:えびふりゃあ(エビフライ)
wtokai


関西ウォーカー:たこ焼き

wkansai


福岡ウォーカー:明太子ご飯
whukuoka




じつは中面もちょっとずつ違う

 ローカル情報誌である○○ウォーカーは基本的に自分の地域のものしか買えないので気づきにくいのだが、じつは、中面の特集ページもちょっとずつ違いがある。

walker

 たとえば、福岡・東海・横浜で見比べるとこういう感じ。 (ネタバレ防止のため、画質はあえて落としています)
 画面写真やページ下部の記事が違うほか、わかりやすいところでは艦娘紹介が福岡は三隈改東海は矢矧横浜は足柄改二となっている。
 それぞれ、大分県の三隈川、長野県~愛知県の矢作川(旧:矢矧川)、神奈川県の足柄山が名前の由来であることから、ご当地艦娘を紹介してくれているようだ。
 雑誌の特性上この違いに気づく人は少ないだろうに、すごいなあ。いい仕事してるなあ。



読み比べには電子版が便利

 ちなみに、「各エリアのウォーカーを読み比べたい!」と思ったときは、電子書籍版を利用すると手軽だ。

wdmaga

 一冊ずつ電子書籍サイトで購入してもいいが、オススメはdマガジンなどの定額雑誌購読サービス。
 たとえばぼくが購読しているdマガジンなら、東京ウォーカー以外の4誌をまとめて定額で読むことができる。
 (東京ウォーカーだけは、電子版専用の東京ウォーカー+を配信しているので読めない)


 こういう特集は、ちょっとした違いに気づけば気づくほどおもしろさがグッと増していく。
 興味が出た人は、ぜひ実際に読み比べてみてほしい。