前回までのあらすじ】
 苦戦の様相を呈してきた、『幽冥なる原初の主』との戦い。
 わかる人にはわかるとんでもない死亡フラグを立ててしまった5人だが……




IMG_8070
■TURN7
アリス:防御
ユーリ:防御
チグサ:ラウダナム
ナンナ:絶耐ミスト
ララパ:救護指示(>アリス)

 敵の攻撃力アップを即座に打ち消すために、ラウダナムを使う。これが必要になるとは思っていなかったから、手持ちは2個しかないが……
 で、アイテム欄を見たときにちょうど絶耐ミストも1個だけ見つけたので、フリーズブレス対策に使っておくことに。

 瘴気がたいしたことないとわかったので攻めたいが、攻撃の起点となるアリスの盲目を治さないと、ターゲットアローのかけ直しもミリオンショットもままならない。
 次のターンから攻勢に転じると決めて、ここは耐える。前衛ふたりはできることがないのと、瘴気を使った強力な攻撃が来る可能性にいちおう備えて防御。

 敵の行動は『圧潰の双鋏』。壊攻撃っぽい名前。
 列攻撃で、アリスとユーリが被弾。HPが約半分に。防御していなかったら死んでいた……あぶねぇ。
 あと、ユーリは追加効果で脚封じに。ハウンドに脚技はないからほぼ問題ないが。

 ターン最後に、また瘴気のダメージ。
 前のターンは6前後のダメージだったが、今回は20前後。
 なにこれ?ターンごとに威力が増していくのか?


IMG_8072
■TURN8
アリス:舞い散る羽
ユーリ:黒霧(ユニオンスキル)→ハンターショット
チグサ:ミリオンショット
ナンナ:飛来爪撃
ララパ:ハンターショット

 絶耐ミストが切れる前に勝負を決めたい。破滅の咆哮の恩恵があるうちにミリオンショットを一発は叩き込んでおきたい。

 黒霧を仕掛けるならここしかない!
 チグサ以外の全員で、封じと盲目付与にかかる。
 結果、頭封じ・腕封じに成功。盲目と脚封じは失敗。脚封じがほしかった……

 敵の行動は『瘴気の吸い込み』
 瘴気が消えたとともに敵の姿勢が明らかに変わり、エネルギーを充填しているようなポーズになった。
 警戒していた瘴気攻撃がついに来る!たぶん!


IMG_8075
■TURN9
アリス:ターゲットアロー
ユーリ:足甲貫き
チグサ:(ミリオンショット発動)→氷嘴撃
ナンナ:舞い散る羽
ララパ:イージスの盾(ユニオンスキル)→メディカルリック

 どう見ても、どう考えてもヤバい攻撃が来るはずなので、イージスの盾。これでユニオンゲージを使い切ったことになる。
 
 敵は予想通り、溜めたエネルギーを使ったヤバい攻撃をしようとしたのだが、なんと頭封じで不発に終わった。
 おい!イージスの盾めちゃくちゃもったいないじゃねえか!!
 撃てよ!いっそそういうのは部位依存なしで問答無用で撃ってこいよ!てめぇそれでもラスボスかよ!!

 ユーリは脚封じが決まることを願って足甲貫き、ナンナも盲目狙いで舞い散る羽を放つが、いずれも失敗……
 ユニオンゲージをムダに使っただけの悲しいターンになってしまった。 


IMG_8076
■TURN10
アリス:ミリオンショット
ユーリ:睡眠の香
チグサ:ミリオンショット
ナンナ:飛来爪撃
ララパ:祈祷:鎮守

 頭封じが切れ、腕封じだけに。あいかわらず封じが切れるのが早い……
 ここまでの戦いで、命中サポートなしでもミリオンショットはだいたいフルヒットするとわかったので、アリスとチグサは積極的に撃っていく。

 そして、ハンターショットも足甲貫きも決まらなくなったユーリが、ここで思い出したように睡眠の香を使う。そういえばアイテム欄に1個だけあった。
 結果、見事に一発で睡眠が決まった!これで時間が少し稼げそうだ!!
 と思ったら直後にリリが通常攻撃をしてしまい、2秒で敵が起きてしまった!!
 アホー!リリのアホー!いやターゲットアローのこと忘れてたぼくのアホー!!
 
 敵の行動はまたも破滅の咆哮。ただちに被害がないだけマシだが……


IMG_8077
■TURN11
アリス:(ミリオンショット発動)→殲滅の矢
ユーリ:ラウダナム
チグサ:(ミリオンショット発動)→氷嘴撃
ナンナ:飛来爪撃
ララパ:ハマオプライム(>チグサ)

 最後のラウダナムを使い、敵の攻撃力アップを打ち消す。

 敵に封じ耐性がついてしまい、ユニオンゲージも使い切り、所持品も回復アイテムくらいしか残っていない。 
 ここからはもう、真正面からの殴り合い。
 いままでなんだかんだキレイに戦ってきたハウンド5人旅にとって、初めての泥仕合だ。

 
 敵の行動は『サンダーハウル』。雷属性の多段攻撃。
 ほぼ全員が被弾したが、それゆえにひとりにダメージが集中することはなく済んだ。
 

IMG_8078
■TURN12
アリス:ミリオンショット
ユーリ:石化打ち
チグサ:ミリオンショット
ナンナ:飛来爪撃
ララパ:ソーマプライム

 全員のHPが減少しているこの状況で、ランダム回復のメディカルリックは不安定すぎる。ララパは虎の子のソーマプライムを使用。
 アリス、チグサ、ナンナは真正面から殴る。ユーリはスタンショットと悩んだが、運よく決まったときのリターンが大きい石化打ちで攻める。

 敵の行動はフリーズブレス。
 AGIがみんな高いおかげか大半が回避でき、絶耐ミストがギリギリ効いていたので被弾者のダメージも低め。


■TURN13
アリス:(ミリオンショット発動)→ターゲットアロー
ユーリ:石化打ち
チグサ:(ミリオンショット発動)→氷嘴撃
ナンナ:飛来爪撃
ララパ:救護指示(>ユーリ)

 ララパのみユーリの回復にあたり、ほかは攻撃。
 ここに来て、敵の行動は『パニックラッシュ』という初めて見る攻撃。名前からして、混乱効果つきの多段攻撃だろう。
 リリ、アリス、チグサが被弾。アリスが死亡。チグサが混乱。ついに戦闘不能者が出てしまった……
 そしてターン終了時、敵がまたも瘴気をまきちらした。

 敵のHPはあとわずか。
 しかし、相手は封じも状態異常もない万全の状態。こちらは攻めの主力であるアリスとチグサを欠いた状態。
 はたして、どちらが有利なのか……
 

IMG_8080
■TURN14
アリス:戦闘不能
ユーリ:ネクタルII(>アリス)
チグサ:混乱 攻撃(>幽冥なる原初の主)
ナンナ:テリアカβ(>チグサ)
ララパ:ソーマプライム

 本当に、本当にあとちょっと。
 しかし、アリスとチグサが動けず、足甲貫きも使えないいま、こちらにはダメージソースがナンナの飛来爪撃しかない……

 おそらくそれだけでは削りきれないと判断し、アリスの蘇生とチグサの混乱治療を優先することに。
 事前のAGI調整により、動ける3人の行動順はナンナ→ユーリ→ララパで固定できているので、それに沿って各アイテムを使用していく。
 敵の行動はフリーズブレス。大多数が被弾するが、即死はせず。

 そしてターン終了時、瘴気によるスリップダメージが来た。
 しかし、こちらが受けたダメージはなんと約70。
 えっ、おかしくない?急にダメージ上がりすぎじゃない?

 ここでしばらく考え込んで、ようやくスリップダメージのしくみに気がついた。
 そのターンに発生したダメージの総量に応じて、瘴気のダメージも上がっているのか!
 最初6ダメージしかなかったのは、あのターン、ルルの通常攻撃しかダメージが発生しなかったからか……

 そして、決着は意外な形で訪れた。
 こちらが受ける瘴気のダメージが上がっているということは、向こうが受けるそれも上がっているということで……

IMG_8081

IMG_8082

 まさかの自滅!マジかよ!
  でも、アリスの蘇生が間に合って、5人そろって倒せてよかった……



IMG_8083

 やったぜ!
 ハウンド5人旅 第一部・完!!

 今回は、瘴気ダメージに関する勘違いが本当に危なかった。
 瘴気があったターン、たまたま攻め手に欠ける状況が続いたので致命傷に至らなかったが、あのときにもし脚封じがうまく入っていて、足甲貫きや殲滅の矢を撃ちまくっていたら、間違いなく全滅していた。

 封じがうまく入らず、もどかしく恐ろしい戦いだったが、振り返ってみれば、それがむしろ命を救ったのかもしれない。
 運がよかったのか、悪かったのか……まあ、よかったと思おう。
 なんたって、ラスボスを初見で、5人そろって倒せたのだ。
 ハウンド5人旅としても、経験値揃えたい病の重症患者としても、これ以上のゴールはない。


 しかし、ご存じの通り、世界樹の迷宮シリーズはある意味ゴールしてからが本番である。
 5人と1匹と1羽の冒険は、もう少しだけ続く……


【次回】#25『倒せ巨象!No.1アタッカー決定戦』