10月11日、radiko(ラジコ)にタイムフリー再生機能が追加され、過去一週間以内の番組をいつでも聴けるようになった。

radiko.jp - タイムフリーとは?



 おもなメリットとしては、「うっかり聴き逃した番組をあとで聴き直せる」「好きなタレントが出演していたことをあとからSNSなどで知った場合でも聴ける」などが挙げられる。
 あとは、わざわざ生で聴くほどではないけどヒマがあれば試し聴きしてみたい、程度の番組を試すのにもピッタリだろう。
 radikoのヘビーユーザーであるぼくにもかなりありがたい機能だ。


 ただ、この機能、ぼくが真に期待しているメリットはぜんぜん別のところにある。

 それは、「ラジオがソースのネットニュースやまとめ記事の真偽を、誰でもすぐに確認できるようになった」ということだ。



 ラジオ番組、特に深夜ラジオを情報源として書かれるネット記事は多い。
 いちばん多いのは、「お笑い芸人の○○が○○に激怒。○○だと苦言みたいな記事だ。
 で、その記事(二次情報)をソースにして、2chやTwitterでみんながワーワー騒ぐ。さらにそれ(三次情報)をソースにしてまとめサイトがまとめ、そこでまた新たな人々がワーワー騒ぐ。

 これは当然、二次、三次と進むにつれ情報にはバイアスがかかっていくので、正確性はどんどん失われていく。




 さらにラジオの場合、そもそも最初のネットニュース自体に炎上目的の強いバイアスがかかっていることが多い、という特性があるのが問題だ。

 ラジオはテレビに比べ、放送コードやスポンサーの縛りが弱いので、もともと過激な話題や挑戦的なネタが出やすい。
 そして、テレビよりも聴取者が少なく録音率も低いので、マスコミが発言を適当に切り取って報道しても、あとで真偽を確認されてツッコまれる可能性が格段に低い。
 音声だけだから、ネットにキャプチャ画像が出回ることもない。音声は画像に比べ拡散力が圧倒的に低い。

 なので、たとえば芸人の深夜ラジオなんてのは絶好のカモなわけである。

 たとえば番組中で、「○○なんて犯罪者の集まりだよ!」「そんなわけねえだろ!(笑)」みたいなボケとツッコミがあったとする。
 ここから、前後の文脈やツッコミをいっさい無視してボケの部分だけを切り取り、「芸人の××が激怒。○○は犯罪者の集まりだと苦言を呈した」みたいに味付けすれば、あら不思議、炎上記事のいっちょあがりである。みんな次々に「そんな発言をしたのか。最悪だな」「俺はもともと嫌な奴だと思ってたんだよ」などと食いついて、ネットニュースもまとめサイトもガッポガッポである。


 具体例をいくつか挙げると、下記のネットニュース・まとめ記事はぜんぶそう。記憶のなかからパッと出てきたものだけを挙げたが、ほかにもたくさんある。
 その日の放送をちゃんと聴いていた人ならわかるが、これらはすべて、ボケとツッコミのボケだけを抽出して、本気で言ったっぽく編集しただけのものである。
 いわば「ナイツの塙がヤフーをヤホーと失言!」が記事になっているみたいなものだ。

--------
「金メダル以外は謝れ!」おぎやはぎ小木、五輪柔道代表への暴論に批判殺到 - エキサイトニュース http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160822/Asagei_64421.html

【炎上】爆笑問題・太田光「日本人のノーベル賞は飽きた」「昔の方が価値があったな」「レコード大賞みたい」  - ロケットニュース24

爆笑問題、安倍首相のいいとも出演に 「クソ面白くねえトークしやがって」 「確かにつまらん」 : 痛いニュース(ノ∀`) http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1791856.html

爆笑問題・太田光さん一般人のテレビ批評に苦言・・・「2ちゃんねる潰しゃいいんだよ」 : オレ的ゲーム速報@刃 http://jin115.com/archives/52117796.html
--------

 人気があって時事ネタやネット関係の話題を多く扱う芸人だと「売れる炎上記事」をでっちあげやすいので、爆笑問題やおぎやはぎは標的になりやすい。

 で、前述の通り、ラジオは一次ソースをたどって真偽を確かめるのが難しかった媒体だ。
 なので、記事を見た人々はこれが真実だと信じ込み、批判し拡散し、ネットニュースとまとめサイトの収入におおいに貢献しまくることしかできなかった。

 ぼくはこれらのネットニュースやまとめサイトのやり口を悪質だとは思うが、アクセスを集めてお金を稼ぐには極めて賢いし有効な方法だとも思うので、やめろと言うつもりはない。



 ただ、今後、radikoのタイムフリー機能が普及して、この手のネットニュースやまとめ記事を見た人の1割でも「ホントにそんなこと言ってたのかな?ちょっとタイムフリーで一次ソース確かめてみるか」となってくれたら、世の中がすごく健全になっていくだろうな、と思う。
 で、ラジオ好きとしては、それをきっかけに「radiko便利!ラジオおもしろい!」となってくれて、ラジオを聴く人が増えてくれれば言うことなしである。

 みなさん、これからはぜひ、ラジオがソースのネットニュースや2chまとめを見たら、タイムフリー再生で真偽を確かめましょう。そしてそのままradikoユーザーになりましょう。ラジオおもしろいよ。



【関連記事】※外部サイト
ネット上における1次ソースの重要性とtwitterの拡散力の恐ろしさ - Togetterまとめ