ぼくのオタク人生が本格的に始まったのは、中学生になった2000年くらいからである。

 その歴史を象徴的に振り返るひとつの指標として、今回はガールオブザイヤーと題し、「各年もっともハマった女性キャラ」を列挙してみたい。
 ハマったには「恋する」「憧れる」「応援したい」「友達になりたい」「結婚したい」などさまざまな意味を含むが、要はその年、総合的にいちばん好きだったキャラということである。

 なお、あくまでぼくがハマった年なので、作品の年代とは必ずしも一致しない場合がある。あと、ホントにただ書き並べるだけなので、特におもしろくもないことに気をつけよう。


【2000】エルピー・プル(機動戦士ガンダムZZ)
【2001】エリカ・フォンティーヌ(サクラ大戦3 〜巴里は燃えているか〜)
【2002】シャニー(ファイアーエムブレム 封印の剣)
【2003】シャオリン(まもって守護月天!再逢)
【2004】エイリーク(ファイアーエムブレム 聖魔の光石)
【2005】ノエル・アンダーソン(機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles)
【2006】阿国(戦国無双2)
【2007】水澤摩央(キミキス)
【2008】ランカ・リー(マクロスF)
【2009】姉ヶ崎寧々(ラブプラス)
【2010】姉ヶ崎寧々(ラブプラス+)
【2011】エレナ・フィッシャー(アンチャーテッド)
【2012】ゆっこ(日常)
【2013】松前緒花(花咲くいろは)
【2014】イオリ・リン子(ガンダムビルドファイターズ)
【2015】最上(艦隊これくしょん -艦これ-)
【2016】大場カオル(逆転裁判 〜その「真実」、 異議あり!〜) ※暫定



 誰か近い遍歴の人がいたらなかよくなりましょう。
 あなたもぜひヒマだったらやってみてください。 


カプコン
2016-06-09