第一興商が提供するカラオケ機種『DAM(ダム)』シリーズ。
 その操作端末に、Smart DAMというモノがある。要はタブレットであり、従来のデンモクとは一線を画す鮮明な画面と快適操作がウリである。
 ぼくはヒトカラによく行くので、SmartDAMを触る機会も多い。



 このSmartDAM、いろいろな楽しい機能を備えている。たとえばアンケート機能。
 曲を予約すると質問、たとえば「今日は誰とカラオケに来ましたか?」といったものが表示され、回答すると、その曲を選んだ人の回答割合が表示されるのだ。
 やっぱりアップテンポの盛り上がる曲は「友人と」の回答割合が高かったり、しっとり系のバラードは「恋人と」が高かったりと、違いがよく見えてなかなかおもしろい。



 尾崎豊『僕が僕であるために』を選んだときに、「誰と来ましたか?」と聞かれて「ひとりで来た」と答えた結果がこちら。
 なんだ、ひとり19%もいるじゃん!ヒトカラってまだまだ人に言えない趣味かと思ったけど、それなりに認められてるじゃん!


 ……と思いながら、次の曲を入力して、出てきたアンケートがこちら。



 また似たような質問してんじゃねーよ!
 ひとりっつっただろ!何度も言わせるなよ悲しいだろ!!
 しかも今度は選択肢から「ひとり」が消されてるじゃねーか!認めてくれよ!ヒトカラを認めてくれよ!!
 悩んだ末に「まあ、強いて言うなら誕生日まあまあ近いから誕生会かな……」ってひとりで回答ボタン押す身にもなってくれよ!!まあまあ近いっつったって4ヶ月後だよ!!





 メンタルがトランプタワーより脆いぼくは、このあと泣きながら帰った。