160216_1
出典:http://www.bpnavi.jp/kuji/item/1430

 一番くじプレミアム「艦これ」-桃の節句-が2月13日から発売開始ということで、仕事帰りに自宅の最寄りのコンビニに寄ってみた。

 ……が、残念ながら売っていなかった。
 いつも艦これ関連の一番くじを扱ってくれているコンビニなのだが、珍しく今回は取り扱わないようだ。

 しかし、かわりにいいモノを見つけた。


160216_2

 4ヶ月ほど前の一番くじ、「艦これ」-提督、お食事ですよ!-在庫処分である。
 通常は1回620円で何が当たるかわからない(くじなので当然だが)のだが、200円~1,000円で任意の景品を選んで買えるようになっていた。

 じつはこうした格安での在庫処分、決して珍しい話ではない。
 一番くじは早めにA賞やB賞といったいい景品が出てしまうと、その後の売れ行きが悪くなりがちである。そのため、販売期間内に完売しない事態もしばしば起きる。
 そうなると、残った景品をどうするか。店としては、廃棄するか格安で売りさばくかしかないのである。

 こうした事態は、アニメイトやホビーショップなどの専門店では起きづらく、コンビニでは起きやすい。
 ほっといてもその作品のファンが遠くから買いに来てくれる専門店とは異なり、地元住民の利用に依存するコンビニでは売れ行きの当たり外れが生まれやすいからだ。
 要は、艦これの一番くじだったら、そのコンビニがターゲットとするエリアに艦これファンが多く住んでいれば売れるが、そうでなければ売れない、ということである。


 在庫処分となると、当然、A賞やB賞などの目玉景品はすでになくなってしまっている可能性が高い。
 しかし、たとえば自分の目当ての景品がE賞以下の比較的在庫が残りやすい物だったり、特に目当ての景品があるわけではないがなんとなく購買欲を満たすために適当に買ってみたいだけだったりする場合は、「少し待って、コンビニの在庫処分を狙う」というのはきわめて有意義かつオトクな方法である。
 選択肢のひとつとして、ぜひ頭の片隅に入れておくことをオススメする。


160216_3

 今回、ぼくはクリアファイル1個とスタンド2個を購入。通常価格ならくじ3回で1,860円だが600円で済んだ。
 正直、ものすごくほしかったわけではないが、なんとなく艦これグッズを買って購買欲を満たしたい欲求はあったので、たいへん満足した。


160216_4

 ちなみに、スタンドは全7種類からのランダムだった。
 まあ、個人的には加賀、龍鳳、ヴェールヌイ、間宮、夕張あたりは好きだから、そのへんが1個入っていてくれればなんの文句もない。


160216_5

 うおおおおおお!ふざけんなコノヤロー!!



【在庫処分を狙う際の注意点】

・そもそも目当ての景品が残っているとは限らない。
・選んで買えるとはいえ、中身がランダムの景品ならけっきょく思い通りにはいかないことも。
・在庫処分をしているということは、その店としては仕入れが失敗したということ。
 次に同作品の一番くじが出たとき、「前のやつは完売しなかったし、今回は仕入れるのやめとくか……」となる可能性がある。うちの最寄りのコンビニがまさにそうなったように。
 懐に余裕があるときには、通常の販売期間に通常通り買って、店に貢献することも考えよう。


このあたりにはくれぐれも注意しつつ、機会があればぜひコンビニの在庫処分を狙ってみてほしい。