151022
 ニンテンドー3DSでゲームなどをプレイ中、突如、こんなエラーが出ることがある。
 「エラーが発生しました。本体の電源ボタンを長押しして一旦電源をOFFにしてからやり直してください。症状が直らない場合は本体の取扱説明書に記載されている任天堂サービスセンターへお問い合わせください。」
 
 ふつうにゲームを遊んでいただけなのに急に画面が真っ黒になり、無音で文章だけが表示されるので、かなりビビる。ぼくは初めてこの画面に出くわしたとき、ちょうどホラーゲームの『バイオハザード リベレーションズ』をプレイしていたので、一瞬なにかの演出かと思ってしまった。

 この画面が出てしまったら、ゲームはすでに強制終了された状態にある。どうあがいても復帰はできないので、指示の通り電源を切って再起動するほかない。長時間セーブしていなかったら、運が悪かったと思ってあきらめよう。幸い、再起動すれば、同じエラーが起きることは少ない。
 しかし、時と場合によっては、このエラーが短期間で頻繁に発生したり、同じゲームの同じ場面で必ず発生したりしてしまうことがある。そうなるとゲーム進行に重大な支障をきたすので、なんらかの対策を講じなければならない。

 下記に、このエラーが頻発するときに、改善のために試すべき10個のことをまとめた。
 ちなみにこのエラー、3DS本体の型番(新旧)や、ゲームソフトのパッケージ版・ダウンロード版を問わず、ありとあらゆる環境で起きる可能性がある。そういう意味では、すべての3DSユーザーが知っておいて損はない。


----

1. 3DSの本体更新を行う。

 3DSの本体ファームウェアのバージョンが古くなってしまっていることが原因の場合がある。
 本体更新はそう時間のかかるものでもないので、気づいたときに積極的にチェックしておくとよい。
 ▼公式「ニンテンドー3DSの本体更新について」
 http://www.nintendo.co.jp/support/3ds/system_update/


2. ゲームソフトの更新を行う。

 ゲームソフトにエラーを誘発する不具合があり、修正版やパッチが配布されている場合がある。
 特定のソフトでだけエラーが頻発する場合は、これで解決する場合が多い。
 ▼公式「ソフトの更新データを受信する」
 http://www.nintendo.co.jp/support/errorcode/howto/3ds_update_soft.html


3. (パッケージ版ソフトの場合)ゲームカードを抜き差しする。ゲームカードの端子部分を掃除する。

 ゲームカードと本体の接触が悪く、それが原因でエラーが起きている場合がある。
 掃除には公式のクリーナーセットか、綺麗な乾いたハブラシを使うとよい。



4. (ダウンロード版ソフトの場合)「修復更新」を実行する。

 ダウンロード購入時、ゲームデータのダウンロードが部分的に失敗していて、ゲームデータの読み取り等に支障をきたしている場合がある。
 公式で「修復更新」という機能が用意されているので、それを試してみるとよい。
 ▼公式「ダウンロードしたソフトで遊んでいると、エラーやフリーズが起きたり、画像の一部が正しく表示されなかったりするなど、正常にプレイできないことがあります。」
 http://www.nintendo.co.jp/support/qa/a/3ds/q59.html


5. (ダウンロード版ソフトの場合)SDカードを新しいものに換える(引越しする)。

 使っているSDカードに故障や不具合が生じ、ゲームデータの読み取り等に支障をきたしている場合がある。
 手間はかかるし、手元に予備のSDカードがない場合はお金もかかるが、使っているSDカードが古い場合などは特に試す価値あり。
 ▼公式「SDカード/microSDカードがいっぱいになったのですが、容量を増やすことはできますか?」
 http://www.nintendo.co.jp/support/qa/a/3ds/q13.html



6. (ダウンロード版ソフトの場合)ゲームデータを削除し、再ダウンロードする。

 修復更新をしてもSDカードの交換をしても、どうにもならない場合に。
 いったんまるまる削除することになるので、当然ながらセーブデータも消える。最終手段に近いと思っておこう。
 ▼公式「ダウンロードしたソフトを削除した場合、再びダウンロードはできますか?」
 http://www.nintendo.co.jp/support/qa/a/eshop/q10.html


7. 本体裏のネジをしっかり締め直す。

 初期型の本体を長く使っている場合や、床に落としてしまうなど荒い使い方をしてしまっている場合、いつのまにか本体裏のネジがゆるんでいて、接触不良につながっていることがある。
 本体の裏側、見える範囲のネジを精密ドライバーでしっかり締め直そう。
 なお、詳しい人なら本体裏を開けて内部の基盤を確認する、なんてこともできるが、そこまでしてしまうとサポート外(改造とみなされる)となる可能性があり、公式の保証(購入日より1年間)が受けられなくなるので、基本的に推奨しない。


8. 無線(ワイヤレス)スイッチのON/OFFを切り替えてみる。

 「なぜか解決した」という声がかなり多く聞かれる方法。
 ONだとエラーが発生するが、OFFにしたら発生しなくなった、というケースが多いようだ。
 オンラインプレイやダウンロードプレイを前提とするゲームだとやりづらいが、そうでなければ試す価値はある。
 なお、これによって事態が解決する場合、Wi-Fi無線基板が故障している可能性が高い。
 その場合、公式サポートで有償修理を頼むと費用がおおよそ8,000~10,000円程度かかるので、覚悟しておこう。
 裏技的な方法として、無線基板を買ってきて、自分で本体をドライバーで開けて交換するという手もある。うまくいけばわずかな出費で済むが、非公式の改造とみなされ公式の保証が受けられなくなるので、保証期間内の場合は要注意。



9. 本体を掃除し、温度・湿度等の環境を変えて再起動する。

 レアケースだが、部屋が暑すぎたり湿度が高すぎたりして、本体内部に熱や湿気がこもっていることが原因の場合がある。
 湿気という点では、本体を雨に濡らしたりトイレに落としたりしてしまって、それが部分的な故障につながり、エラーを誘発しているケースも。もっとも、そういう心当たりがある場合は素直に修理に出すべきだが。



10. 任天堂サービスセンターへ問い合わせる。

 ここまでやってもダメなら、もう素直に問い合わせたほうがよい。
 っていうか、そもそもここまでやらなくても、素直に問い合わせて大丈夫。
 アフターサービスに定評のある任天堂なので、しっかり対応してくれるはず。
 ▼公式「お問い合わせ窓口」
 http://www.nintendo.co.jp/support/inquiry/

----