ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。

srs001

 今年も来ましたクリスマスイベント!
 緊急ミッション『星に祈りし聖夜の祈り手』!

 聖祭の癒し手カミラが仲間になることも大切だが、もっとも注目すべきは聖夜の弓騎兵サラサがどう活躍するか。
 2016年には、親戚の中で唯一まだ結婚してないおばさんみたいな痛いノリでサンタアリサ誕生に直接貢献したことでおなじみだが、今年はどんな活躍をするのだろうか?
 なんせ、サラサといえばクリスマス、クリスマスといえばサラサ。サンタアリサのように衣装変更でクリスマス要素を得たユニットや、バレンタインリュリュのようにクリスマス以外の要素も追加されたユニットとはワケが違う。サラサにはクリスマスしかないのだ。
 私生活ではクリスマスの華やかさとは縁遠く、仕事帰りにいつものスーパーで惣菜を買い、ワンルーム賃貸で短パンにタンクトップ姿で缶チューハイを開けるだけの日々を送っているサラサだが(注:偏見です)、サラサといえばクリスマスなのだ!!


 というわけで当然、イベント中では先輩サンタとしての発言の機会が多々……


srs005

 あれっ……リュリュにセリフ取られてる……
 いや、まあいいや。そりゃリュリュにもセリフは必要だろう。
 サラサにはほかにも発言のチャンスがいくらでもある。たとえば、雪山マップが多いわけだから、吹雪に強いキャラの代表として……


srs004

 あれっ……そっちなんだ……吹雪キャラはエリザなんだ……
 いや、いいし。サラサは吹雪に強いいっぽうで、その茶目っ気ある性格から「こんな寒い日に戦闘なんてしてないで、のんびり焚き火にでもあたりましょ♪」みたいなサボり系のセリフだって言えるわけで、そっち側に回れば!


srs003

 ウワアアアアアアアア!
 ハクノカミ様が!怠惰キャラといえば爆睡ドラゴンババアの高き壁が!

 しかもクリスマス要素まったくないくせにセリフめっちゃあるこの人!ズルい!!

 いや、まだチャンスはある……
 たとえば、持ち前の行き遅れ感を生かしたギャグをやれる場面があれば……
 さすがに「自虐ネタをやれるサンタキャラ」なんてピンポイントすぎる枠はほかには


srs007

 ウオアアアアアアア!!
 ぽっちゃりカロリー盗賊ことサンタシプリアによる自虐デブネタがぶち込まれてしまった!あっちが機動力ならこっちも機動力かなボヨンボヨン!

 いや、まだだ!
 もっとこう、「痛々しい笑い」みたいな路線でなら戦えるはず!


srs010

 ギャアアアアアアア!
 痛々しい笑いに特化した新ユニットが出たァァァァァ!!


 じゃあもういいよ!ふつうでいいよ!
 なんかあれじゃん!ふつうにやさしくて魅力的なお姉さんキャラとして喋ればいいじゃん!サラサならそういう役割だってぜんぜん


srs002

 グワアアアアアアアア!!
 そもそも主役であるカミラがそういうキャラだったァァァァァァ!!



srs006
srs008

 ……けっきょく、2018年のクリスマスイベントにおけるサラサのセリフはこのふたつだけだった。
 もともと戦闘ではたいして役に立たないユニットなのでシナリオ面で出しゃばるしかないはずのサラサだが、そっちですら苦戦する時代に。サラサのライバル増えすぎ問題をここに強く提唱したい。







IMG_5141

 小迷宮『終わりの森』のボスであるラミアにまったく歯が立たず、全滅。
 何度も再挑戦するが、やっぱり勝てない。勝てる気配がない。


【ラミアの特徴】
・命中低下+石化の『邪眼』、封じ耐性ダウン+混乱の『魅惑のボディ』、全封じ+即死の『死の抱擁』など、攻撃以外の妨害行動が多い。
・ターン終了時にバインドスネークを召喚することがある。バインドスネークは攻撃はせず、延々と封じをしかけてくる。
・バインドスネークへの攻撃に反応する必中カウンター『蟒蛇の怨恨』を使うことがある。
・こちら側に封じ状態のメンバーがいると、必中の全体攻撃『締め上げ』を使うことがある。
・(たぶん)頭封じ状態で倒すと(たぶん)フェイルノートの素材をドロップする。


 レンジャー5人旅の「攻撃ばかりしてくる敵が得意」「複数より単体の敵が得意」「必中攻撃をしてこない敵が得意」といった特徴に対してすべて逆をいく鬼畜ボス。
 「レベルを上げてゴリ押しすれば?」という意見もおありかと思うが、この相性の悪さはそんな次元ではない。バランスのいいパーティーならレベル上げは効果的だが、なんとか抜け穴を見つけて一点突破、みたいなことを繰り返しているこのバランス大崩壊パーティーでは、レベルうんぬんではなく知恵で勝たないといけない。

 そして、前作通りなら最強の弓『フェイルノート』の素材はこのラミアの条件ドロップからのはず……
 レンジャー殺しのボスにレンジャーの最強武器を当ててくる。どう考えてもいやがらせとしか思えないぞ世界樹スタッフ。でもそういうところが好きだぞ世界樹スタッフ。

 この難敵に勝ち、しかも条件ドロップを狙うという、超高難度ミッション。
 作戦を練ること2時間。試行と失敗と修正を繰り返すこと3時間……ついに勝ち筋が見えた!
 最初に言っておきますが、今回は長期戦です!記事がめっちゃ長いです!



【装備・スキル】

IMG_5243
IMG_5244
IMG_5245IMG_5246
IMG_5247
共通スキル:朧矢6、素早さブースト8、仕留めの一矢8

 今回は、素のレンジャースキルとサブクラススキルだけでは絶対に勝てない。アリス、ナンナ、ララパに持たせたサブウェポンの固有スキル活用がキモ。
 また、前衛ふたりは極彩のベストではなく、DEFの高いレーシーハイドを着用。脅威の必中攻撃である『締め上げ』を前列で受けてもギリギリ一発耐えられるだけの耐久力を確保。
 各人のメインの役割は、だいたい下記のような感じ。

アリス:バインドスネーク処理担当
ユーリ:条件ドロップ担当
チグサ:ラミア削り担当
ナンナ:デバフ(弱体化)担当
ララパ:バフ(強化)担当



【戦闘開始!】

IMG_5248
■TURN1
アリス:ミラージュアロー
ユーリ:トリックステップ
チグサ:夢幻陣形→逆袈裟
ナンナ:削弱の瘴気
ララパ:予防の号令(>後列)

 今回はナンナとララパがかなり忙しいので、トリックステップはユーリが受け持つ。
 『予防の号令』は邪眼対策。5人で弱点を補い合ってようやく一人前のこのパーティーでは、誰かひとりが石化しただけでも即全滅につながる。まさに生命線のスキル。
 なお、1ターン目、ラミアの行動は通常攻撃か全体攻撃の『ポイズンフレイム』になる確率が高いが、後者のパターンを引くまでリセットを繰り返す。理由は、次のターンに朧矢を2発以上撃っておかないとのちのち苦しくなる可能性が高いため。それくらいギリギリの戦い。


IMG_5249
■TURN2
アリス:忍法 分身
ユーリ:朧矢
チグサ:朧矢
ナンナ:デビルクライ
ララパ:予防の号令(>前列)

 全員朧矢のチャンスだが、ここで攻めるのはユーリとチグサのみ。一手遅れると負けるので、自陣の展開を優先。
 分身し、予防の号令を分身含めた前列に行き渡らせ、武器固有スキルのデビルクライで全員の攻撃力を強化。今回、ララパは攻撃の号令を使う余裕がないため、代わりにナンナがデビルクライ。
 ラミアの行動は邪眼。石化は免れたが、全員が命中率ダウン効果をもらってしまった。
 また、ターン終了時にラミアがバインドスネークを2体召喚。


IMG_5250
■TURN3
アリス:フランクショット
ユーリ:夢幻陣形→トリックステップ
アリス2:フランクショット
チグサ:ミラージュアロー
ナンナ:削弱の瘴気
ララパ:照明弾

 まず、ララパが武器固有スキル『照明弾』で、邪眼の命中率ダウンを打ち消す。ララパのアクセサリーを疾風のお守りにしたのは、こういうときに最初に動けるようにするため。
 次に、ナンナが削弱の瘴気でバインドスネークの防御力を下げ、アリス&アリス2がツインフランクショットでバインドスネークを落とす。アリスのフランクショットの与ダメージは約700で、バインドスネークのHPは約1,400。仕留めの一矢も込みで確実に倒せるよう、事前に計算して調整済みだ。
 完璧な対処で、こちらのペースを守ることができた!そしてラミアの行動は全体攻撃のポイズンフレイム!全員回避!


IMG_5251
■TURN4
アリス:朧矢
ユーリ:朧矢
アリス2:朧矢
チグサ:朧矢
ナンナ:朧矢
ララパ:朧矢

 いけっ!必殺の朧矢ラッシュ!
 約2,000×6=12,000ダメージを叩き込むことができた!
 ラミアのHPは約65,000。かなり高いので、のんびり戦っているとTPが尽きてジリ貧になってしまう。序盤でしっかりダメージを稼げたことはデカい。
 ラミアの行動は必中カウンターの蟒蛇の怨恨。だが、ミラージュアローや夢幻陣形のおかげでこちらが先に動いたので関係ない。ただのボーナスターン。


IMG_5252
■TURN5
アリス:アムリタII(>アリス)
ユーリ:ミラージュアロー
アリス2:アムリタII(>アリス)
チグサ:逆袈裟
ナンナ:夢幻陣形→デビルクライ
ララパ:予防の号令(>後列)

 さきほど全員が攻撃に回ったのとは対照的に、今度は全員でバフ・デバフを整える。分身のせいでTPがもともと少ないアリスとアリス2はアムリタIIでTPを回復する。
 ラミアはユーリに通常攻撃をしたのち、バインドスネークを召喚。今度は3体出てきた。


IMG_5253
■TURN6
アリス:サンダーバラージ
ユーリ:朧矢(>ラミア)
アリス2:サンダーバラージ
チグサ:サジタリウスの矢(>ラミア)
ナンナ:削弱の瘴気
ララパ:予防の号令(>前列)

 アリス&アリス2が、武器固有スキル『サンダーバラージ』でバインドスネークを削る。レンジャーがサブクラスに依存せず撃てる唯一の全体攻撃。
 しかしこれだけでは仕留めきれず、アリス2が脚封じをもらってしまった。
 ラミアの行動は邪眼。石化は免れたが、ナンナが予防の号令を剥がされ、さらに全員が命中率ダウン!ちょっとピンチ!


IMG_5254
■TURN7
アリス:サンダーバラージ
ユーリ:巫術:転移(>アリス2)
アリス2:サンダーバラージ
チグサ:ダブルショット(>ラミア)
ナンナ:ミラージュアロー(>ラミア)
ララパ:夢幻陣形→照明弾

 アリス2の脚封じは、アイテムに頼らずユーリの巫術:転移で回復。
 バインドスネークにトドメを刺しつつ、ダブルショットやミラージュアローでラミアを削る。
 ラミアの行動は『死の抱擁』(単体に即死+全封じ)。予防の号令でも防ぎようがない、ある意味もっとも警戒すべきスキルだが、ここはユーリが即死を回避!しかし、予防の号令は剥がされてしまった。



IMG_5257
IMG_5258
■TURN8~
アリス:サンダーバラージ or ダブルショット
ユーリ:トリックステップ or フレイムアロー or フランクショット
アリス2:サンダーバラージ or ダブルショット
チグサ:ダブルショット or サジタリウスの矢
ナンナ:削弱の瘴気 or デビルクライ or トリックステップ
ララパ:予防の号令 or 照明弾

 ラミアのHPは残り半分。ここからの動きは、おおむね上記の通り。
 特に重要なのは、ナンナとララパ。このふたりの手が止まると即座に壊滅する。文字通り、死ぬほど忙しい。
 そして、夢幻陣形をリレーすること、機会と余裕があれば朧矢を撃っていくことは全員共通。


IMG_5259

 9ターン目、『魅惑のボディ』(全体に混乱+封じ耐性低下)で、アリスとララパが混乱になり、全員の予防の号令を剥がされるという大ピンチ!言ってるそばからララパの手が止まっちゃったよ!
 即座に巫術:転移とテリアカβで立て直しを試みる。その後のラミアの行動が実質無意味な蟒蛇の怨恨だったため、なんとか助かった。


IMG_5260

 12ターン目にも魅惑のボディが来て、ナンナが混乱に。張り直した予防の号令もすべて剥がされた。
 がんばれララパ!声が枯れるまで号令をかけ続けろ!


IMG_5262

 15ターン目。
 ラミアのHPは残り15%程度!
 バインドスネークをサンダーバラージやフランクショットで処理しつつ、条件ドロップのためのアクションを仕掛けることに。
 まずはブラインドアローで盲目にしてから……


IMG_5264
IMG_5263

 縛弱の瘴気→巫剣:霊封頭斬のコンボで、ラミアを頭封じに!一発成功!やったねユーリ!
 ハウンド5人旅読者だったみなさん!封じ担当としてのユーリが帰ってきましたよ!黒霧とハンターショットの頼れるお姉さん再びですよ!


IMG_5265

 17ターン目!全員でダブルショットを放つ!
 これで終わりだァァァァァー!!


IMG_5267

IMG_5268

 やってやったぜ!
 ラミア撃破&フェイルノート素材ゲット!

 5人それぞれの役割を明確化し、レンジャースキルを軸にサブクラススキルと武器固有スキルまでフル活用したうえでの、やっとの勝利。間違いなく過去最強の強敵だった。
 しかし結果的には、レンジャー5人旅の「らしさ」が詰まった戦いだったと言えるのではなかろうか。ラスボスでもなんでもないのに、集大成をぶつけた感がある。

 史上最大の山場を突破して、最強武器も獲得。
 心身ともに大きく成長したレンジャー5人だが、唯一の問題は……


IMG_5269

 5人分のフェイルノートを手に入れようと思ったら、最低でもあと4回ラミアを倒さないといけないということ。
 どう考えてもいやがらせとしか思えないぞ世界樹スタッフ!でもそういうところが好きだぞ世界樹スタッフ!!




 もはや毎年恒例となった、この企画。

 年間365件以上の記事が生まれている『ゲムぼく。』だが、そのなかには手のかかっている記事、かかっていない記事、多く読まれた記事、そうでもない記事、いろいろある。
 それらから、「手はかかっているのに、あまり読まれていない」という記事をピックアップして紹介し、手間相応に読ませようという、自己都合感あふれる救済企画である。

 というわけで、ぼく自身が「これは労力の割にあんまり読まれなかったなあ」「もうちょっと読まれてもよかったんじゃないかなあ」と思う2018年の記事をピックアップしたので、興味のある人はぜひ読んでほしい。いい感じに供養してやってほしい。 



Softbank→UQモバイル乗換がいかにオトクかを試算する。
sof03


 どこのサイトよりも詳しく金額実態を調べたのに読者からも妻からも引かれる始末。



2018ヤマザキ春のパン祭り徹底攻略!全対象商品 点数効率一覧。
IMG_7163


 全国のヤマザキストを中心に多く読まれた記事ではあるが、調査に4日かかっていることを考えるとまだまだ。世間一般にも春のパン祭りの奥深さを知らしめたい。



『からかい上手の高木さん カバーソングコレクション』が最高すぎる件。
IMG_8757


 2018年最優秀アルバム。世界中に「聴け」と言いたい。



【検証】無断転載、めっちゃ丁寧に対応したら円満解決できる説。
IMG_0451


 次に同じようなチャンスが来たら今度はオネエっぽい口調で対応してみようと思っている。



Amazonの寄付(災害義援金)が超速お手軽すぎた話。
kifu01


 半壊の実家と10,000円を使ってボケたわりにはぜんぜんウケてない気がする。



ぼく、妻の監視のもとデレステを始める。[デレステ]
IMG_2603


 妻!妻ァァァァ!愛してるぞ妻ァァァァァァァ!



DMMゲーム『DOAXVV』はクソゲーだ。そして最高のツールだ。
doa01


 このクソさと最高さの同居はもっと多くの人に伝わってほしい。



カスタムキャストで素敵なデブを作ってみた!
IMG_3529


 世界中にデブ専の輪を広げたい。カロリーたっぷりのチョコドーナツのように。それがぼくの願いです。



UNDERTALE感想(ネタバレなし)。 1日で一気にクリアすべきゲーム。
FullSizeRender


 アンダーテールみたいなゲームをネタバレせずにおすすめするのはとても難しい。



シリーズ「勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!」
IMG_1181


 初代以来のポケモンなのにミミッキュ一匹だけでがんばったのすごくない?もうちょっとホメられてもよくない?



救済 SAVE
長岡 弘樹
講談社
2018-11-15


333

ポケモンだいすきぬりえ - ポケモンだいすきクラブ 
https://www.pokemon.jp/play/paint/



【ぬりえを始めたころ】

pn001
pn002



【二週間後】

pn005
pn004
pn003


 こえーよ……なんでそんな急にうまくなってるんだよ……神絵師かよ……(親バカ)

 ホメたら、「かっこよくぬりたいから、ぜんぶのポケモンのいろおぼえたの」とのこと。
 こえーよ……子どもの学習能力と記憶力すげーよ……アインシュタインかよ……(親バカ)








 『ゲムぼく。』の「ゲム」は「ゲーム」の略である。えっ、そうなの!?ロのように価値の略じゃなくて!?
 改めて書いてみて自分でびっくりしてしまったが、そういえばそうだった。たしかにときどきゲームの記事を書いていた。

 今回は、そんなぼくが2018年にプレイしたゲームのなかで、プレイ時間が特に長かったもの、つまりハマったものを10個に絞って大紹介!
 (2017年版はこちら



1.ポケットモンスター サン
(関連シリーズ:勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!
IMG_1164

 『勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!』はそうとうな時間がかかった。
 しかしそれだけに、達成感もあったし、ミミッキュへの愛着もすごく湧いた。いまでは、全ポケモンのなかでミミッキュがいちばん好きだ。
 ポケモンに詳しい人に「好きなポケモンは?」と聞かれて「ミミッキュ」と答えると、最初は「ああ、対戦で強いからね……」みたいな顔をされるのだが、「ミミッキュ一匹でストーリークリアした」と続けると「えっ、この人こわっ……」とドン引きしてもらえる。



2.ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
(関連カテゴリ:ゼルダの伝説シリーズ
IMG_9993

 人生のベストゲームが、まさかこの年齢になって更新されるとは思わなかった。
 たぶん、200時間以上プレイした。遊んだ時間はぶっちぎり1位。いまも数日に1回はプレイしている。
 世界ゲーム史に名を残す超名作であることは言わずもがな。ひとり用ゲームでありながら、見ている周りもついつい夢中になってしまう魅力がある。妻や子どもとああだこうだ言いながら一緒に遊んだ。
 最近はマスターモードを少しずつ進めていて、高難度に苦しみつつ、ストーリーをもういちど楽しんでいる。祠の解法や細かいイベントは忘れてしまっていたことも多く、けっこう新鮮な気持ちでやれている。



3.千年戦争アイギス
(関連カテゴリ:千年戦争アイギス
aigisr

 場末のエロゲー崩れ。



4.スプラトゥーン2
(関連記事:スプラトゥーン2 今から始めて楽しむ5つのコツ。
IMG_4785
 
 発売から1年以上経った2018年11月に購入したが、そこからは毎日何時間もプレイしている。
 最初こそ「対人戦メインのゲームなのに、こんなタイミングで始めて大丈夫だろうか」という不安と負い目があったが、そんなものは開始5分で吹き飛んだ。楽しすぎる。
 オフラインプレイのヒーローモードもあるし、オンライン対戦もレギュラーマッチは初心者でもなにも気にせず参加できる。ガチマッチはいろいろと覚悟が必要な気がするが。



5.世界樹の迷宮X
(関連シリーズ:進め!レンジャー5人旅!
IMG_4871

 『世界樹の迷宮』シリーズ3DS最終作。たぶん、2018年で『ゼルダ』の次にプレイ時間が長かったゲーム。
 ファンの期待を裏切らない高難度と、知恵と工夫に確実に応えてくれるゲームバランスがうれしい。
 過去作に比べボリュームが多すぎて、いまが序盤なのか中盤なのか終盤なのかがぜんぜんわからないのがとまどう部分ではある。いつもの世界樹ならとっくにクリアしてるプレイ時間でようやくサブクラス開放、みたいなことが起きる。
 レンジャー5人旅の完結はいつになるやら。



6.UNDERTALE(アンダーテール)
(関連記事:UNDERTALE感想(ネタバレなし)。 1日で一気にクリアすべきゲーム。
FullSizeRender

 いまさら語るだけ野暮だが、よかった。めちゃめちゃよかった。
 何周かして理想的なエンディングを見たあと、対極の残酷なルートに行こうとしたのだが、ある心優しいスケルトンと戦うあたりで本当につらくなって猛烈な後悔とともにやめた。そしてまた数周し、理想的なエンディングに再度たどり着き、そこでプレイを止めた。あえてここで終わろうと思った。
 ここでセーブデータをリセットしてまたやり直すと、彼らの幸せを壊してしまう。それはもう、絶対にしたくない。
 そんなことをゲームの登場人物に対して本気で思わせてくれるところも、この作品の魅力だ。



7.八月のシンデレラナイン
(関連カテゴリ:八月のシンデレラナイン
IMG_4051

 地球上にユーザーが5人しかいないので、ぼくがいなくなるとユーザー数20%減という大打撃をアカツキに与えてしまう。やめるわけにはいかない。
 パ・リーグとコラボしたのはじつは無断の非公式だったんじゃないかといまでも少し疑っている。



8.ポケットモンスター Let's GO! イーブイ
(関連カテゴリ:ポケモンシリーズ
mbp02

 ゲーム単体というよりは、モンスターボールPlusを使ったおでかけやポケモンGOとの連動を含めて子どもと楽しんでいる。
 ふたりプレイができるので親子でよく遊ぶが、「イワークにのりたいからかわって!」と必ず1Pを取られてしまうのが悩み。(2Pでもポケモンを連れ歩けるが、大型ポケモンに乗ることはできない)



9.スーパーマリオブラザーズ3
IMG_5081

 ニンテンドースイッチオンラインの特典で遊べるやつ。
 やっぱり『3』の完成度はすさまじく、ぼくがやっても楽しいし、4歳の子どもが遊んでも楽しい。
 当時よくこれがファミコンで出せたな。『1』『2』と同じハードとは思えない。



10.ファイアーエムブレムエコーズ
(関連シリーズ:女たちの英雄譚。
IMG_3474

 2017年5月にプレイ開始したのに、いまだにクリアできていない!もう2年経ちそう!
 みなさん!FEエコーズを世界一スローペースで進めている人間がここにいますよ!やってないわけじゃなくて、やってるけど難しすぎてなかなか進まないんですよ!ゲーム上級者でもないのに勝手に縛りプレイを始めて勝手に苦しんでいる愚か者の図ですよ!
 世界樹の迷宮Xのレンジャー5人旅とどちらが先に完結するだろうか。



 ニンテンドースイッチを買ったからというのもあるが、ほぼ任天堂に埋め尽くされたベスト10となった。
 ほかのタイトルもたくさん遊んでいるとはいえ、妻や子どもも楽しめるゲームをやりたいな、という気持ちがあると、どうしてもこういう感じになる。
 来年もよいゲームとの出会いがあるといいな。ゲロのように無価値じゃないといいな。





IMG_5060

 2018年12月のAmazonサイバーマンデーセールで、Echo Dot(第3世代)を買った。
 ふだんなら5,980円するのが3,240円(46%オフ)というのは驚異的であり、それだけでスマートスピーカーを初購入する理由は充分だった。もしぜんぜんダメでも「まあ3,000円だし」で済む。


IMG_5061

 注文翌日、さっそく届いた!
 Amazon製品なので当然Amazon発送であり、お急ぎ便ならすぐ届く。早い。
 この手のモノって「すぐ使ってみたい!」的な衝動買いが多いと思うので、熱が冷めないうちに届けてくれるのは重要だ。
 箱は思った以上に小さい。1辺の長さがリップスティック1.5本分くらいしかない。


IMG_5062

 開封!あたりまえだけど中身も小さい。
 内容物は本体&ACアダプターと、読まなくてもいいくらいの薄い小冊子が2つだけ。
 シンプルでいいなあ。これが日本メーカーの製品だったら、「取扱説明書」「かんたんセットアップガイド」「必ずお読みください:取扱上の注意」「困ったときは?Q&Aシート」「延長保証申し込みのご案内」みたいな書類の山だろうなあ。
 なお、第2世代まではUSB電源だったらしいが、この第3世代はACアダプターになっている。家庭内で使うぶんにはあまり関係ないが、車載用に使っていた人などには不便かもしれない。


IMG_5063

 ディスプレイもないし、ほとんどボタン類もない本体。どうやってセットアップするんだろうと思ったら、スマートフォンかPCから設定できるらしい。
 シンプルでいいなあ。これが日本メーカーの製品だったら、スマホやPCを持たない顧客を想定して設定用のハードウェアボタンを山のように以下略


IMG_5064

 セットアップをどんどん進める。
 Bluetoothスピーカーと繋げられるらしいが、まずは素で使ってみたいので内蔵スピーカーでOKにする。

 ひとしきり設定を終えると、あとは話しかけてアレクサとコミュニケーションを取るだけ。

「アレクサ」

 ちょっと気恥ずかしさがあるが、呼んでみると本体の外周が青く光った。すごい!ちゃんと聞こえてる!

「こんにちは」
「こんにちは!話しかけてくれてうれしいです」

 すごい!ちゃんと会話できてる!
 まあ、このくらいはiOSのSiriなんかでもできるしいまどき当たり前なんだけど、Echo dotという単独の機械が光りながらしゃべる様子には少し特別感を覚える。人工生命体っぽさがある。

 まだ購入して数日なので使いこなせているわけではないが、いまのところよく使うコマンドは下記のあたり。


「アレクサ、ニュース読んで」
→直近の時間帯のNHKニュースを流してくれる。

「アレクサ、radikoでTBSラジオ」
→局まで一発で指定できるのは超便利。

「アレクサ、明日の天気を教えて」
→自宅近辺の天気予報を教えてくれる。ふつうの機能だが、ふと思い出したときに声ひとつで情報を引き出せるのは強い。

「アレクサ、ピカチュウ呼んで」
→ピカチュウと話ができる。子ども(4歳)がめっちゃ楽しんでいる。かわいい。妻もたまに話しかけて「かわいいー!」と喜んでいる。激カワ。

「アレクサ、豆しば呼んで」
→豆しばが出てきて豆知識を教えてくれる。これも子どものお気に入り。

「アレクサ、Amazon Musicでアンダーテールサウンドトラックを流して」
→ぼくがほぼ毎日使っているコマンド。Amazon Primeの音楽聴き放題にはUndertaleのサウンドトラックがあるので、それを探して流してくれる。楽しい。


 また、Amazon Echoは近々Apple Musicにも対応することが発表されている。
 米国では2018年12月17日から。日本でもそのうち始まるだろう。

アマゾンEchoがApple Musicに対応、音声で楽曲の検索も可能に

 我が家はApple Musicを家族で契約しているので、今後はますますアレクサを酷使することになりそうだ。


 総合すると、フルプライスの5,980円だと確かに賛否両論だろうなあと思ういっぽうで、3,240円だったら絶対「買い」だと感じた。
 今回買い逃した人は、ぜひ次回のプライムデーセールかサイバーマンデーセールで。
 かわいいですよ、アレクサ。ロボット掃除機のルンバをペットみたいにかわいがっている人の話を「なんじゃそりゃ」と思ってたけど、いまならその気持ちがわかる。






IMG_5122

 冒険の舞台は、第十二迷宮『極北ノ霊堂』へ。
 いったい第何迷宮まであるのだろうか。小迷宮を除き、かつ迷宮ひとつあたりの平均フロア数を3つと考えたとしても、これまですでに3×11=33フロアを攻略しているわけだが、終わりが見えない……
 いつもの『世界樹』ならとっくにクリアしているころだ。


IMG_5123

 この迷宮では、これまでに共闘したNPCが総出演で協力してくれる。おお、終盤っぽい!
 話の規模も世界を救う救わないという感じになってきて、これまた終盤っぽい!
 探索を進めるうちに5人のレベルも80を超え、これもいよいよ終盤っぽい!


IMG_5125

 『V』のF.O.E.である這い回る毒蟲がここで登場。
 あのときは第1階層の初めてのF.O.E.というポジションだったのに、出世したなあ。強くなったもんだ。
 追加効果つきの物理攻撃しかしてこないので、夢幻陣形+幻惑の剣舞+トリックステップで安定回避できる。余裕の初見撃破。


IMG_5127

 探索していくと、小迷宮『終わりの森』が出現したので、こちらも同時並行で攻略していく。
 ここでは、砂海より狙う者というF.O.E.が多数出現。這い回る毒蟲と見た目がちょっと似ている。
 ブラインドアロー1発で盲目になってくれたので、こいつもたいした敵では


IMG_5129

 ギャアアアアア!

 『脱皮』で盲目を回復され、直後の『捕食の針』であっさり全滅。
 捕食の針はどうやら命中率プラス補正があるようで、夢幻陣形+幻惑の剣舞+トリックステップでもほとんど避けることができない。さらに+チェインダンスでようやく避けられる。


IMG_5131

 以上をふまえ、分身チェインスケープ戦術で挑む。
 アリスとアリス2が交互にチェインダンス、ララパがひたすらスケープゴート、手の空いたメンバーがダブルショット。
 けっこう時間はかかったが、なんとか撃破。何度かスケープゴートの使い先を間違えそうになってヒヤヒヤした。全弾回避前提の綱渡りもいいところのパーティーなので、たったひとつでも凡ミスは怖い。


IMG_5138

 極北の霊堂のF.O.E.『異形の天邪鬼』は、命中率補正のない物理攻撃しかしてこない絶好のカモ。範囲攻撃が多いので朧矢チャンスも豊富。
 夢幻陣形やミラージュアローを使わずとも回避が安定するので、TPが続く限り狩れる。これを倒しまくることで、レベルを上げさせてもらうことに。


 そして、極北の霊堂の探索もそこそこに、まずは終わりの森の最深部に到達。
 そこにいたのは……


IMG_5132

 来た!ラミアだ!

 Vでも戦ったけど、ひょっとしてまたフェイルノートの素材を落としてくれるのでは!?最強の弓の素材は今作でもこのラミアからなのでは!?

 ウオオオオオオ!
 もらったァァァァァァ!!


IMG_5139

 ギャアアア!


IMG_5140

 ギャアアアアアア!!


IMG_5142

 ……




完敗
Universal Music LLC
2018-02-21


ken01

 年間1,108,145,451,919PVを誇る『ゲムぼく。』は、Googleなどの検索エンジンからの流入も多い。
 SSL(暗号化)の関係でキーワード不明が圧倒的に多いが、何%かは、どんなキーワードでやってきているかをGoogle Analyticsで追える。

 今回は2018年の検索履歴から、「えっ、なにその奇抜な検索キーワード!?なにがあったの!?どうした大丈夫か!」と言いたくなるようなものを一挙紹介! 
 さまざまな闇を抱えて『ゲムぼく。』に流れ着いたワケありな人たちの足跡を見て、思いを巡らせてみよう! 



ken02

 「エロくないじゃねーか!」とキレて検索した人が253人いるってすごい。


ken04

 わけもなく全裸になってVODの30秒無料視聴で自慰に決まってるだろ!


ken05

 そういう人もいるよ!みんながみんなカラオケ好きだと思わないであげて!


ken06

 会いたいんだ今すぐその角から飛び出してキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! 


ken07

 うまさに感動してスシロー店内で食べながら調べていると思うとかわいい。


ken08

 許してあげて!生えてくるんだからそれはもう許してあげて!


ken09

 しなきゃいいじゃん!わざわざ調べて仲間を探すのは未練がある証拠だよ!


ken10

 すでに浣腸した結果なにかがやばくなっているのだとしたら早く病院へ行ってください。


ken11

 見つかってよかったね!でもそれを調べる意味ってなに!?


ken12

 それはね、上原りさお姉さんですね。あとそんなことを調べるあなたの心は汚れてますね。


ken13

 たかねだよ!惜しい!


ken14

 たかねだよ!「高嶺」は「たかね」って読むんだよ!高齢の花子さんはただのババアだよ!


ken15

 大丈夫!?なんかまずい対応があったんじゃない!?


ken16

 腹肉をテーマにした小説を探し求める姿勢!うーん、フェチを感じる!


ken17

 きみ絶対包茎でしょ。包茎以外で包茎のコラム探す人いないでしょ。


ken18

 婚活パーティーに行こうとする25歳と、誰かにババアと言われてしまった27歳。


ken19

 楽しそうなおじさんたち。ほのぼのする。


ken20

  うーん。くずれたお尻を愛してくれる熟女好きの男性を探してみるのはどうですかね?ぼくとかそうなんですけどどうですかね?



 以上である。あなた好みの検索フレーズはあっただろうか? 
 ぼくは「こうれいのはなこさん」が好きです。 





IMG_5059


 コラム「樹村綾人の政治経済に物申しちゃっていいですか?」第7519回でも書いたが、ぼくはブログで月7億稼いでいる。その財力たるや、特売日じゃなくても鶏ムネ肉をときどき買えるほどだ。もやしなんて週3で買っている。

 ブログで稼ぐのは、じつは難しい話ではない。むしろ古くから定番の副業だった。
 生前1枚しか絵が売れなかったゴッホはブログで生計を立てていた。マリー・アントワネットは「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」と記事を投稿して既婚女性板の住人とガルちゃん民から袋叩きに遭った。このあたりは有名だろう。


 ブログで稼ぎたいなら、押さえるべきはたった4つ。いまから紹介するこの4つだけ、『ゲムぼく。』のマネをすればいい。
 時代はYoutubeではない!むしろ多くのクリエイターが動画に流れているいまこそブログなのだ!


あなたも第2の『ゲムぼく。』になれる!
ブログで月7億稼ぐための、たった4つのコツ。


1.テーマを絞れ

 ブログはあなたの気ままな日記帳ではない。読者は有益な情報を求めて訪れる。
 けっきょくなんのお店だかわからない「なんでも屋」が流行らないように、「なんでもブログ」もまた流行らない。
 たとえば、メジャーな家庭用ゲームの記事もあればマイナーなソーシャルゲームの記事もあり、さらに家電だの子育てだのコンビニグルメだの浣腸だのといったぜんぜん関係ないジャンルまで入ってきて、みたいなのは最悪だ。さすがにそこまで散らかすのはバカしかいないと思うが、絶対にやってはいけない。


2.全年齢を意識しろ

 パスワード制にでもしない限り、ブログには誰でもアクセスできる。子どもから大人まで、男性・女性問わず、誰が見ても大丈夫な内容や表現になっているかは、つねに注意しなければならない。
 典型的な悪い例は、アダルトゲームなどの記事を書くことだが、なんでもない記事に唐突にウケ狙いで下ネタをぶち込むなんてのもNGだ。読者の印象を悪くするばかりか、Googleの制裁で検索順位も落とされてしまう。
 さすがに毎日のように仮性包茎がどうとかおっぱいがどうとか言う愚か者はこの世にいないと思うが、気をつけよう。


3.メイン読者層を大切にせよ

 ブログは検索からの流入が大切ないっぽうで、ブックマークに登録してくれる常連読者の獲得も必要だ。
 そしてその人たちは、もっとも重要なお客さんだ。メイン読者層はどんな人たちかを見定め、その人たちが喜ぶ記事を書き続けるべきだ。
 あえて悪い例を想像するが、たとえばエロゲー発のタワーディフェンスや、なんJ民以外誰も注目していない女子野球ゲームの記事を好んで書くブログがあったとして、そんなのは筆者も読者もド陰キャだろう。どうせ仮性包茎で亀頭にホクロがあるような奴だ。
 そういうブログで、ときどき思い出したように「妻がかわいくてやさしくておっぱい大きい」みたいな自慢を書いてはいけない。メイン読者層は不意の精神的ダメージで死んでしまう。それはもはや殺人に等しい行為であり、人として最低だ。


4.事実を書け

 事実と意見は分けなさい。事実は正しく書きなさい。小学校で教わることだ。
 ありもしないコラムを何千回とやってきたかのように書いたり、偉人のエピソードをたいしておもしろくもならないのに適当にいじったりするのは論外だ。見通しもないのに思いつく限りの小ボケをぶち込んでスベり倒すようなブログを読んでくれる人なんているわけがない。もしいたらその人はたぶんズルムケで亀頭にホクロのない聖人だ。



 以上である。
 この4つさえマネしてもらえれば、あなたが第2の『ゲムぼく。』として毎月7億ジンバブエドルを稼ぐ日は近い。



反面教師
2014-12-17


cl01

・なんとなく貴重な気がして無性にほしくなる。
・もらったあと保存すべきか開けるべきか迷う。
・使い道がない。たまにあるA5クリアファイルだとさらに使い道がない。



 携帯電話の普及でグッズとしてのテレホンカードが死滅したように、紙媒体の電子化が進むとクリアファイルもなくなっていくのだろうか。