ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。

come01

 地球上で5人しかプレイしていないが、そのうちのひとりであるぼくがサボっていたせいで4人しかいなくなっていたことでおなじみの『八月のシンデレラナイン』(通称:ハチナイ)。

 ハチナイは女子野球を題材にしたゲームであり、その魅力のひとつといえばもちろん、


0cf0293f

 試合シーンが「バックスクリーンの時計が13:37から微動だにしない(しかも13:37にしては短針の位置がおかしい)状態で淡々とスコアボード上に数字が刻まれていくだけ」という、野球ゲームの概念を覆す異次元シンプルシステムである。

 しかし!先日、ハチナイ界に激震が走った!ある通知に世界中の全ハチナイファン(5人)が震えた!!


come02

 ウ、ウ、ウワアアアアアア!!
 ついにハチナイの試合シーンが変わったァァァァァ!!

 これはひさびさにログインして確かめてみなければ!さっそくアプリ起動だ!



come03

 あいかわらず頭おかしいサイズのアップデートをぶち込んでくるハチナイ運営!
 安心!ひさしぶりのログインだけどここはいつも通りで大安心!


come04

 うわっ、ひさびさのログインだということがバレている!怖っ!
 先述の通り、ハチナイの全ユーザー数は5人で、そのうち休止していたのはぼくひとりなので、実質ぼくのためだけのカムバックキャンペーンである。ありがたいなあ。


 で、肝心の試合シーンだが……


come05

 ウッ、ウワアアアアアアア!
 ちゃんと野球してるゥゥゥゥゥゥゥゥ!!
 ハチナイなのにちゃんと野球ゲームになってるゥゥゥゥ!!


come06

 イメージとしては、パワプロの「試合早送り」に近い。1打席1打席の結果がどんどん表示され、画面が更新されていく。
 演出が凝っているとか、アニメーションがかっこいいとか、そんなことは決してないのだが、ふつうに野球ゲームとして成立しているのがすごい。ふつうなのがすごい、ってめちゃめちゃ失礼なことを言っている気もするが、すごいものはすごい。

 従来の試合システムについては、正直「こんなん、チームの総合ステータスとかから適当に計算してスコアボードに数字を出してるだけなのでは?」と思っていたのだが、この新システムは「ホントに野球やってる!ちゃんと1打席ずつ内部処理してる!すごいじゃん!なんか野球ゲームみたいじゃん!と感動した。


 今回のひさびさのログインで、システムの劇的な進化を実感できたし、


come07

come08

 タイミングよく愛しきマイスイートデブのイベントも開催中だったので、ふたたびハチナイを遊び始めたぼくである。
 みなさんもぜひ、まるで野球ゲームみたいになってきたハチナイをプレイしてみてほしい。





tai01
出典:https://forum.gamer.com.tw/C.php?bsn=00553&snA=4455

 ぼくは3分でもヒマがあればエゴサーチをするか熟女風俗サイトを見る人間として、職場などで親しまれている。職場でのニックネームは熟女風俗である。

 そんな熟女風俗のエゴサーチ範囲は広く、海外サイトにまで及ぶわけだが……


tai02
出典:https://forum.gamer.com.tw/C.php?bsn=00553&snA=4455

【問題】ファイアーエムブレムIFと覚醒を起動できない
 教えてください。きのうIFと覚醒を手に入れて、それを熟女に挿入したら一度はゲーム画面が表示されたのですが、それが終わったあとエラーを起こしてしまい、「あぁん!電気を消して!」と私に叫びました。何度か試してみたのですが、原因がわかる方はいらっしゃいますか?ありがとうございました(その他のアダルトグッズでは遊べます)



 tai03
出典:https://forum.gamer.com.tw/C.php?bsn=00553&snA=4455

 こちらのブログに整理された解決方法が載っています。
 個人の家にあるアダルトグッズを下記の方法で試していただくことが可能です。




 す、すごい!なんか『ゲムぼく。』が役に立ってるっぽい!
 文章の意味については、「IFと覚醒って書いてあるってことはたぶんファイアーエムブレムの話だろう」などの推測を一部含むが、ぼくは中国地方で生まれ育ったので中国語は当然プロであり、たぶんだいたい合っている。
 日本人のみなさんも、3DSや熟女の件でお困りの際は、ぜひ『ゲムぼく。』をご利用ください。





「パパ、ゼルダやってー!」
「はやくやってー!ほら、テレビつけたよー!」

 もうすぐ4歳になる娘と息子が叫ぶ。
 はいはい、ちょっと待ってね、とぼくがソファに向かう。
 妻が「あ、まだ始めないで!待って待って」と、カフェラテだかソイラテだか、なんだかよくわからないおしゃれな飲み物をあわてて淹れ、同じくソファに座る。

 我が家の『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』は、いつもそうやって始まる。


 もともと家族4人でマリオカートをやるために買ったニンテンドースイッチだったが、いまや、プレイ時間がもっとも長いのは1人用ゲームの『ゼルダ』だ。それをみんなで楽しんでいる。
 買った当初は、リビングのテレビをひとりで占領する後ろめたさがあって深夜にこっそりやろうと思っていたのだが、なぜか妻も子どもも興味を持ち、逆にゼルダをやってやってと言われる不思議な現象が起きている。


IMG_7891

 コントローラを持つのは、決まってぼくだ。この家で唯一のゲーマーなので、いちおう、リンクをいちばんうまく操れる。
 妻は、優秀な指揮官である。たとえば、地理や方向感覚がさっぱりなぼくに「◯◯ならあの山を東から超えれば近いはず」みたいなことを教えてくれる。
 娘と息子は、たぶんよくわかっていないだろうけど、とにかく楽しそうに画面を見ている。「あ、とりがいるよ!」とか「きのこがあるよ!」とかは、よく気づいて教えてくれる。「ほこら」という言葉も覚えた。祠を知っている3歳児はなかなかレアではなかろうか。


 そんなこんなで、我が家はすっかりゼルダ一家である。
 こうなったのはおそらく、まず妻が興味を持ってくれたことが大きい。子どもたちは、両親がそろって何かを楽しそうにやっていれば、あたりまえに興味を持つだろうから。

 『ブレスオブザワイルド』がゲーマーでない妻を惹きつけたのは、ひとつは、その美しい世界そのものだと思う。多くのオープンワールドゲームが追求してきた「リアルな美しさ」とは違う、ゼルダ独自の美しさがそこにはある。


IMG_7890

 そしてもうひとつは、攻略に必ずしも「ゲーム的常識」を必要としない、秀逸なゲームシステムのおかげだと思う。
 ゲームに慣れた人はその経験から、「この高さの壁は登れない」とか、「この扉は鍵がないと開かない」とか、「これは◯◯用の道具だ」とか、多くのゲームで暗黙のうちに適用される常識をよく知っていて、それをゲーム攻略に活用する。

 しかし、『ブレスオブザワイルド』はその常識を必要としない。ときにはむしろ、ゲーム的常識がアイデアを狭める要因になったり、現実世界の常識を持ち込んだほうが有利だったりする。
 たとえば何かに火をつけるとき、必ずしもその場に用意されたたいまつを使う必要はなくて、炎の剣を振るったり、別のところから持ってきた木片を燃やしたり、そこらへんの道具を使って摩擦熱で火を起こしたほうが早かったりする。なんでもアリなのだ。
 だから、「ええっと、たいまつの火種はどこだ……」なんて探し回っているゲーマーのぼくに、非ゲーマーの妻が「石こすって薪に火つけちゃえばよくない?」と一瞬で解法を提示する、みたいなことが頻繁に起きる。ははあ、おみそれしました、と土下座で感謝するぼくである。


IMG_7892

 先日、詳細は伏せるが、迷路のようなダンジョンで完全に行き詰まってしまった。
 何度も道を間違えて、そのたびにスタート地点に戻された。燭台を目印にしたらいいんじゃないかとか、顔のような形をした木の向きや表情にヒントがあるのではとか、妻と相談しながらチャレンジしまくったが、ぜんぜんダメだった。

 そんなとき、不意に子どもたちがある発言をする。

「パパ、ママ、リンクはさむいの?」
「えっ?寒くはないんじゃない?なんで?たいまつ持ってるから?」
「あと、かぜがふいてるから」

 か、かか、風!
 ホントだ!風が吹いている!特定の方向に向かって火の粉が飛んでいる!

 そうか、風かあ。これも思えば、「意味ありげな燭台や木にヒントがあるはず」というゲーム的常識が邪魔をしていたな。そのせいで、風に意識がいっていなかった。
 子どもたちもすごいし、ゼルダというゲームも、やっぱりすごい。



 その日は、午後から散歩に出かけた。
 ぼくたちは親子で手をつないで歩き、ふだんは気にも留めない路傍の草花のかすかな揺れに目をやり、「風が吹いてるね」と笑った。







 うちの娘と息子は3歳である。
 そろそろ4歳が近づき、日に日に大きくなるだけでなく、箸が使えるようになるなど指先の器用さも身についてきた。

 ということは、そろそろこれもいけるんじゃないのか?
 と、子どもと一緒に遊ぶためにAmazonで思いつきで買ってみたのが……


ban01

 バンダイのプラモデル!






 買ったのは、タミヤのニッパーも含めてこの3点。
 難度がかなり低そうで子どもたちが大好きなピカチュウと、ガンプラの中では難度が低そうなSDでぼくが大好きなゴッドガンダムである。
 思えばぼく自身、中~高校生のときはガンプラをしょっちゅう作り、ホビージャパンも毎月買っていたが、大学進学や結婚などで生活環境が変化していくにつれてどんどん離れていってしまった。
 しかし、いまこそ!我が家にプラモデルを復活させるとき!「子どもと一緒に遊ぶためだから。子どものためだから」という圧倒的正義のもとに、リビングに堂々とプラモを飾るときだァァー!!


ban02

 まずはピカチュウから作っていくぞ!
 パーツはかなり少ない。20前後くらいだろうか。


ban003

 説明書はカラーで、図が大きくわかりやすいので、文字が読めない3歳の子でも雰囲気はなんとなく理解できる。
 

ban04

 『ポケプラ』シリーズについて、Amazonレビューでは「子どもがグリグリ動かして遊ぶものにしてはシールが多すぎ。すぐ剥がれてしまう」みたいな声が多かったので不安だったのだが、この最新商品『No.41 ピカチュウ』はシールがかなり少なめだった。たとえば顔は、黒目やほっぺはすべて成形パーツで、シールは目のハイライトのみ。だんだん改善されてきているのだろうか。


ban05

 各パーツはニッパーいらずで手でもぎ取れるので、親が「次はこれとこれをちぎって、この絵みたいにくっつけるんだよ」と教えてあげれば、3歳でもけっこうちゃんと作れてしまう。
 「みてみて、ピカチュウのかおができたよー!」と喜ぶ子どもたち!「すごい!きれい!天才!器用すぎる!こりゃあ将来はプロモデラーか下町ボブスレーの職人だな!」と感動する親バカぼく!


ban06

 耳、手、足、しっぽといった可動箇所はボールジョイントのような構造になっており、最後にパチパチと差し込んでいく。これもカンタンなので子どもたちにおまかせ。


ban07

 できたァァァー!!

 ぼく自身はシール貼り以外は説明役に徹し、ほとんど子どもたちに作らせたので、30~40分くらいかかった。仮に大人がひとりで作ったら、5分でできるくらいカンタン。
 首、耳、手、足、しっぽがグリグリ動き、Zワザのポーズが取れたり座れたりもするので、作ったあとにいろいろ遊ぶのも楽しい。


ban08

 ゴッドガンダムも作っていくぞ!
 あれっ、SDガンダムってこんなにパーツ多かったっけ……思ったより難度高そう……

 こちらはパーツの切り取りにニッパーが必要だし、組み立てもポリキャップの区別などがあってさすがに3歳には難しいので、基本的にぼくが組み立てていく。


ban09

 子どもたちは、組み上がった頭部・胴部・腕部などをくっつけて仕上げる役。
 ぼくがロストヒーローズ2をプレイする様子を通じて、彼らもゴッドガンダム自体は知っているので、意外と楽しそうにやってくれた。


ban10

 手のクリアパーツを見て、息子が「これ、ジャンケンみたいだね!」と言っていた。
 たしかに!天才か!こりゃあ将来はプロのジャンケン選手かエスポワール号で限定ジャンケンだな!


ban11

 できたァァァァー!
 かっこいい!SDでもゴッドガンダムはやっぱりかっこいい!
 そしてSDなのに可動域が広くてめっちゃグリグリ動く!


ban12

 子どもたちと一緒に作ったので、もちろん素組みである。でもかっこいいと思う。
 ちなみに、ぼくはガンプラが好きだが、「ガンプラは楽しむのがいちばん大事なんだよ!技術がなくても、ただの素組みでも、『ほら見て!できたよ!かっこいいよ!』ってぜんぜん言っていいんだよ!」派なので、素組みの写真でも臆面もなくアップしていくぞ。


 できあがったふたつのプラモデルに、大満足の子どもたちとぼく。
 子どもたちはさっそく10まんボルトとゴッドフィンガーで対決ごっこをして遊んでいた。たぶんロストヒーローズ2で覚えたんだろうけど「ひーとえんどぉ!」とかも言っていた。ピカチュウが爆発四散するからやめてあげてほしい。

 一方的に買い与えてあとは勝手に遊ばせる、というやり方だと3歳ではさすがにムリだけど、一緒にやるのであれば、親子で楽しく会話しながら作る楽しみを学ばせられるので、とてもオススメですよ、プラモデル。ガンプラならゴッドガンダムがかっこいいですよ。(露骨な宣伝)








go01

 ぼくはレアリティゴールドのユニットが好きだ。けっこう多く育てているほうだと思う。
 好きな理由は、ざっと挙げてみるだけでもけっこうあって、

・入手しやすい
・クラスチェンジや覚醒に必要な費用やオーブが少ない
・小祝福の聖霊(アレグリア)が頻繁に配付されるので育てやすい
・ステータスは低いが、一芸に秀でたユニットが多い
・黒でも白金でもなくあえて金だぜ、というなんか上級者っぽい雰囲気を出せる気がする

 などがある。


 さて、ドロップ1.5倍週間のあいだ、ただ周回していると飽きてしまうので、ゴールドユニット限定&考えられる限りの最少人数で各曜日ミッションをクリアしてみた。




【0:00~ 黄金の鎧 神級】5人
 モモ/ユユ・リュリュ・ミステル・クルル
【2:01~ 聖霊救出 神級】6人
 モモ・エレット/ユユ・リュリュ・ミステル・クルル
【3:41~ 新魔水晶の守護者 神級】4人
 ミトラ・クルル・ソーマ(新春)・モーレット
【4:47~ 空からの贈物 神級】3人
 クルル・モーレット・リノ
【6:36~ 強者の集う戦場】5人
 マーガレット/ユユ・カリオペ(夏服)・ミトラ・アリサ(サンタ)

 特に、コスト8とは思えない異常な戦闘力を誇るモモ、それぞれ個性の強いウィッチ勢全体リジェネが優秀すぎるミステル死ぬほど攻撃範囲が広いことでおなじみのモーレットなどに注目してほしい。


go02

 ほら、どうですか!すごいでしょう!金ユニだってやればできるんですよ!
 みなさんもゴールドユニットを育てましょう!アレグリアを使えばひとりふたりの第二覚醒LV99はすぐですよ!
 さあ、早く育てましょう!いますぐモモちゃんとリュリュちゃんを育てましょう!!(隠しきれない特定キャラへの愛)







IMG_7839

 これ、正面から見ると明らかに石像なんですけど、たまたま裏側から近づいてしまったせいで最初びっくりしたんですよ。


IMG_7840

 どう見ても男根です。
 本当にありがとうございました。