ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。





 仮面ライダーエターナル相手に死に続けること十数回。
 いろいろなことがわかってきた。


【ここがつらいよ仮面ライダーエターナル】
・1〜3回行動。特に3回行動の確率が高い。
・1回の攻撃でおおよそ200〜400ダメージを与えてくる。エネミーラッシュ中は300〜500ダメージ。
・エネミーラッシュ中に3回行動されると最大1,500ダメージ。こちらの最大HPは1,310なので余裕で死ぬ。
・つまり、エネミーラッシュの発動=死。
・エネミーラッシュは、エターナルの残りHPが半分を切った次のターン終了時に必ず発動する。
・速度が高い。通常時から先手を取られやすく、エネミーラッシュ中は100%先手を取られる。
・命中率が非常に高い。分身殺法ゴッド・シャドーが発動中でも、8割は当ててくる。
・回避率が高い。専用の回避モーション付きでなんか腹立つ。原辰徳。
・無属性の打撃・斬撃が多く、ダメージを耐性で軽減できない。


 うーん、これ無理じゃない?あと原辰徳関係なくない?

 エターナルは単体攻撃が多いので、通常の4人パーティーならダメージが分散して回復が間に合うのだろうが、ひとり旅にとっては地獄以外の何物でもない。

 とはいえ、お手上げにはまだ早い。
 いったん撤退し未回収のチップを集め、フォースの構成を改めることで対策を考えた!





 上がビフォーで下がアフター。ほぼ総入れ替えである。

・ヒールII:HP750回復。ライジングガンダムと比べ、状態異常回復がないかわりに基礎回復量が多い。
・ヒーローゲージUP:ヒーローゲージの上昇速度を高める。ほぼ必須。
・ステップヒールHP、ステップヒールSP:敵の攻撃を回避するとHP、SPが少量回復。あまり回避が期待できない戦闘だが、ヒール回数の削減(=攻撃回数の増加)やSP切れ防止につながる。
・3ターン毎HP回復:3ターンごとにHPが少量回復。ヒール回数の削減狙い。
・HP回復量増加:ヒールII、ステップヒールHP、3ターン毎HP回復、すべてのHP回復量が1.5倍に。ヒールIIが1,125回復になるので、ほぼ全快まで持っていける。

 ご覧の通りだが、徹底した持久戦仕様。
 エターナルレクイエムで打ち消されることを覚悟でゴッドシャドーを張り続け、基本的に回復専念でHP全快を保つ。
 で、回避がうまくいき、回復の必要がなくなったターンだけ攻める。
 すなわち、守って守ってちょこんと反撃。
 格闘技だったらつまらなさすぎてブーイング必至の戦法だが、やむを得ない!ヒーローってのは勝ちゃいいんだよ勝ちゃあ!!




 1ターン目からゴッドシャドーを張り、さっそく回避に成功!
 スキあらば、ためるからの爆熱ゴッド・フィンガーを放っていく。




 エターナルレクイエムを使われたら、すぐにゴッドシャドーのかけ直し。




 3の倍数のターンは、ターン最後に自動回復があるので少しだけムチャができる。ここが攻めどき。





 HPを半分以下に削るとエネミーラッシュが来るので、威力の低いマシンキャノンなどでそのギリギリ手前まで削る。




 無事にほぼ半分まで削ることができた。ここまで作戦通り!
 さらに、ヒーローゲージもラッシュゲージもMAXまで溜まった。ゴッドシャドーもかけ直した。

 準備は整った!
 エネミーラッシュを発動されると死亡確定なので、ここから先手を打ってヒーローラッシュLV3を発動し、3ターン以内に削りきる!!




 いくぞおおおおおおおお!
 流派!東方不敗の名のもとに!!



 
 まずは爆熱ゴッド・フィンガーを2連発!
 これでエターナルのHPは残り25%以下!
 3ターン目は、残りのヒーローゲージ3つを使って……




 石破っ!天驚ぉ!!




 ゴォォッド・フィンガァァー!!

 ヒィィィトォ!エン……




 あれっ?




 ウワアアアアア!!
 倒しきれなかったあああああ!!





 いやしかし、まだだ!
 エターナルのHPはホントにあとわずか。最速発動のゴッドフィールド・ダッシュをぶつければ、ギリギリ倒せるはず!
 トオオリャアアアア!!




 あっ……




 あっあっ……





 地球上でぼくを含めて5人しかプレイしていないことでおなじみの、『八月のシンデレラナイン』(通称:ハチナイ)。

 でも、ハチナイにもいいところはあるんですよ!たとえば魅力的なキャラクターがいっぱいいるんですよ!
 というわけで、ハチナイに登場する女子野球部員を気まぐれでひとりずつ取り上げ、ぼくなりに紹介していくコーナー。第1回で終わるつもりだったが素敵なデブを見つけたのでまさかの第2回。(注:ぼくは重度のデブ専です)

 ぼくはストーリーをほぼ読み飛ばしているので説明が少々雑だったり事実と若干のズレがあったりするかもしれないが、ぜひこれを読んで『ハチナイ』に興味を持ってほしい。
 そして、ぼくに続いて地球上で6人目のハチナイユーザーになってほしい。



永井 加奈子(ながい かなこ)




【概要】



 ハチナイ界で唯一の「公式に認められたデブ」、つまりオフィシャルデブ。オシャデブ。オデブ。
 なにせキャッチコピーが「ダイエットのために野球もがんばる大食い少女」。実際は大食いに走る自己を正当化するためだけに野球をやっており本気で痩せる気は微塵もない。




 身長157cmでありながら、88/66/86という樽のようなスリーサイズを誇る。公称66なので実際は77は堅い。
 立ち絵では、たくましいウエストを隠すために手を前で組んでいる姿が目立つ。自身が太っていることをある程度は認めつつも、でもやっぱりできることなら見られたくない、という複雑で愛らしい乙女心が垣間見える。うーん100点!!
 なお、真正面の立ち絵ではうまくウエストを隠せているが、少しでも斜めになると……




 あっ、一気にぽっちゃり感が!うーん200点!!
 ちなみに、プロフィールでは体重は49kgと書いてあるが、これはプロフィール入力の担当者がテンキーで4と7を打ち間違えただけなので気にしなくてよい。
 誕生日は6月26日。力士の豊ノ島と同じだね!!



【入部経緯】



 マクドナルド帰りにいつもの定食屋でからあげ定食(からあげおかわり無料)を食べていたら、テレビでプロ野球中継が流れていた。
 そこで「おかわり君」という愛称のふくよかなプロ野球選手がいることを知り、そのニックネームと体型に親近感を覚えて野球に関心を持つ。
 その後、主人公の有原翼に「練習後に食べる塩むすびほどおいしいものはないよ」と口説かれて捕獲され、野球部で飼育されることになった。



【ポジション・プレイスタイル】



 メインポジションはセンター
 意外と動けるデブであることと、運動量が多くカロリー消費が激しいポジションであることから志願した。「カロリーを多く消費すればそのぶんたくさん塩むすびを食べられますよね!」とのこと。
 なお、太りすぎて脚が閉じないので打撃フォームはオープンスタンス。




 能力面では、パワーだけが突出して高い、才能もパワー◎を与えられるかわりに反射神経×とミート×を持たされるなど、スタッフの「まあデブキャラはこんなもんだろ」という適当な悪意に基づいた能力設定が行われている。
 ふざけんな!世の中には器用なデブだっているんだぞ!!




 投手時の適性は抑え。「デブに炎天下の先発は無理だろ」という適当な悪意が透けて見える。
 まあこれに関してはぼくもデブに高校野球の先発はムリだと思うわ。




【その他】

・「ソシャゲでデブといえば名前はかな子だろ」というスタッフの適当な悪意により名前が決まった。




・趣味は食べ歩きで特技は大食い早食い。この時点でダイエット願望がウソだとわかる。
・苦手なものは男性。でもそう言っておけば童貞がホイホイ寄ってくると思っている策士のフシがちょっとある。ぼくも寄っていきたい。
キャラ設定の大半がデブ絡みでありデブ要素を取ると童話好きしか残らない。
・「付き合ったらソファでお菓子食べながらテレビ観てるところを後ろからお腹モミモミして『もうっ!』って怒られてそれでもモミモミし続けてだんだん手を上にスライドしていっておっぱいをモミモミして『んっ……』ってなってそのままソファに倒れ込んで事に及びたい女の子大賞2017」最優秀賞。
・好き。