ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。




 年間1,108,145,451,919PVを誇る『ゲムぼく。』には、広告掲載の依頼がメールでときどき来ることがある。
 それは、「このアプリの宣伝記事を書いてくれたら1ダウンロードごとに○○○円払います」とか「当社の製品をひとつあげるのでレビュー記事を書いてください」とかさまざまなのだが、ぼくはそういう広告記事的なやつは心底愛するイチジク浣腸以外は引き受けないと心とアナルに誓っているので、すべてお断りか無視している。逆に言えばイチジク浣腸の広告記事はいつでも書きます!メーカーさんお声がけお待ちしています!!

 それはさておき、最近は中国系のそういう依頼メールが増えてきたよ、というご報告をしておきたい。


chi01

 たとえば、これ。
 時候のあいさつはめちゃめちゃしっかりしているが、その後の日本語のあやしさと「中国製品を取り扱っている」と明言していることから、中国系であるとわかる。


chi02

 「ご返信をまちしております」がかわいい。



chi03

 さらに、こんなのも。
 日本語がめっちゃあやしい!大丈夫か!なにが言いたいのかよくわからないぞ!

 よくわからないので、「料金は不要ですので、イチジク浣腸をいただけませんでしょうか。貴社のイチジク浣腸をお待ちしております」と返信したところ……


chi04

 日本語がめっちゃ進化して返ってきた!
 また「はじめまして」になってるのは気になるけど、この成長速度はすごい!


 また、この手のメールを見ていて気づいたのは、中国系の依頼は報酬がめちゃめちゃいい、ということ。日本の広告代理店が提示する相場の2~3倍はザラだし、10,000円を超えるような製品を「タダであげるから記事でホメてくれ。なんなら色違いで2個あげるから」みたいなのも平気である。
 「広告記事は受けねぇって言ってんだろ!10,000円を超える高級イチジク浣腸を送ってこい!そしたらYoutuberデビューして大長編実況動画で宣伝してやるよ!」と返信しているが、中国系企業のパワーと勢いはホントにすごいんだなあ、と感心する。








IMG_5269

 ラミアを撃破し、最強の弓『フェイルノート』を手に入れたレンジャー5人旅。
 最強装備は価格が異常に高いのが一般的に難点だが、われわれは金なら腐るほど持っている。意識して貯めたわけでもないのにすでに2,000,000enを持っている。
 レンジャー5人旅は、「5人分の野生の勘+自然の恩恵で採集アイテムの入手量と売却量がすごい」「どうせ当たれば死ぬので防具は極彩のベストから買い替える必要がない」「死んで撤退してスキル構成を見直してレベル上げしてそれでもまた死んでの頻度がハンパではない」などの理由があり、所持金だけは超一流なのだ。自慢げに書いたが最後の理由のしんどさはぜひ察してほしい。

 さっそくフェイルノートを購入し、もっともATKの高いチグサに装備させる。
 さてさて、どれくらい強いものか、と朧矢を試し撃ちしてみると……


IMG_5356

 ろ、6,000!なんじゃこりゃ!
 いままでの最強武器だったハンティングボウ+5だと2,500くらいだったのに、急に2~2.5倍の与ダメージに!
 強い!強すぎる!これは絶対5本ほしい!こんなん全員持ったら絶対無敵じゃん!!

 冒険を進めながら少しずつ増やしていけばいいかな、と思っていたが、優先順位変更。まずはフェイルノートを5本そろえることに。
 そっちのほうが、冒険の効率だって上がるはず。


IMG_5319

 ボスは2週間(14日)周期で復活するので、宿屋で14泊する。
 外出もせず、毎朝フロントに来て連泊の手続きだけして客室で寝るのを14日間繰り返す冒険者を見て、ヴィヴィアン(宿屋の少女。頭上の猫はマーリン)はなにを思うだろうか。案外、彼女も自堕落だから特になにも思っていないかもしれない。


IMG_5320

 頭封じがうまく決まらなかったときのために、解剖用水溶液も持っていくことに。
 この時点で3個しかない超貴重アイテムだが、ここで使わずにいつ使うんだ、という感じ。
 基本的にはラストエリクサー病であり、貴重なアイテムを使うことにためらいのあるぼくだが、この旅では不思議と迷わず使っていける。おそらく、「そんな躊躇ができる難度ではない」と心底理解しているからだろう。


IMG_5359

 フェイルノートのおかげで与ダメージのペースは上がったとはいえ、それでラミアの脅威を封じられるわけではぜんぜんない。けっきょく勝率は50%くらいしかない。重要キャラが混乱や即死したらほぼ負ける。
 たとえば、もし分身で器用に動けるアリスが死んだら終わりだし、盲目付与や状態異常治療ができるユーリが死んだら終わりだし、フェイルノートを持つチグサが死んだら終わりだし、デバフやバフを一手に引き受けるナンナやララパが死んだら終わりだ。ぜんぶ終わりじゃねーか!なんだこの虚弱パーティーは!!


IMG_5357

 そんな逆ギレと数度の全滅を挟みつつ、ようやくラミアをいい感じに追い込んだ。
 フェイルノートの武器固有スキル『魅惑のボディ』は「敵全体に混乱付与+封じ耐性低下の効果」を持ち、「敵が状態異常時のみ、高確率で頭封じを付与する」巫剣:霊封頭斬と強烈なシナジーがある。うまくいけば、魅惑のボディ1回で頭封じのお膳立てがすべて整う。


IMG_5355

 ババアの魅惑のボディってなんだよと思わなくもないが、混乱付与という効果を考えると謎の納得感がある気もする。


IMG_5362

 無事にレアドロップ条件を満たしつつ撃破!
 撃破したら街に戻って素材を売りフェイルノートを買い、宿屋で14連泊してまたラミアを狩りに行き撃破したら街に戻って……を繰り返す。やがて5人分のフェイルノートを入手することができた。さらっと書いたが2時間半かかったことはぜひ知っておいてほしい。

 しかし、苦労の甲斐あって、パーティーの火力は爆発的に向上!


IMG_5365
IMG_5366

 道中のF.O.E.相手なら、初手ミラージュアロー×5で強引に瞬殺できるようになった。倒し損ねても、2ターン目で全員でダブルショットを撃てば仕留められる。強いぞレンジャー5人旅!
 また、いままでは誰かがミラージュアローを使ったら即座に宿屋に戻ってフォースを回復しないと危険だったが、これだけ攻撃力が上がれば余裕も生まれる。べつに夢幻陣形やミラージュアローがなくたって、フレイムアローやダブルショットの火力も大きく上がったわけで、それでガンガン押していけば余裕余


IMG_5367

 あっ……



IMG_5369

 教訓:冒険者たるもの調子に乗ってはいけない。






IMG_5322

 Amazonで買い物をすると、配送業者が『デリバリープロバイダ』になることがよくある。
 半年前は「たまにあるなあ」レベルだったが、最近はほぼ毎回そうだ。明らかに頻度が上がっている。

 働き方改革の議論にも発展したヤマト運輸の取扱量制限などを受け、Amazonは大手配送業者との取引量を減らした(減らさざるを得なくなった)。
 それに伴い白羽の矢が立ったのが、比較的小規模な、地域限定の配送業者だ。これがすなわちデリバリープロバイダである。素人のおじさんが運んでいるとかではなくて、ちゃんとプロが運んでくれている。

 ……が、その配送サービスの質は、ヤマトや日本郵便より格段に劣る。なんなら佐川や西濃より劣る。場合によっては素人のおじさんより劣る。こう書くと佐川や西濃から怒られそうだが、事実なのでしかたない。おじさんは温和なので怒らない。

 事情は容易に推察できる。
 Amazonの膨大な荷物量を受けきれるほどの体制を中小企業がすぐ整えられるはずがないし、配送状況や再配達の管理も大手ほどシステマティックではないだろう。また、Amazon側からの要求で、利益率だってだいぶ絞られているかもしれない。
 そして、Amazonから受注した案件は『デリバリープロバイダ』名義での配送となり、自社名がおおっぴらには見えづらいので、優先順位を落としたり、言い方は悪いが手抜きをしたりしても、自社の評判低下につながりにくい。
 そりゃあ、サービスの質を落とすのも当然だと思う。


 でも、それは企業側の理屈であって、消費者の立場から言えば関係ない。ただ「デリバリープロバイダってやつはサービスが悪いな」と思うだけだ。

 というわけで今回は、デリバリープロバイダに対する同情の念はありつつも、それが配送業者になってしまったときに覚悟すべき4つの悪い事態を大紹介!いずれもぼくが複数回苦しめられた実例だ!
 「まだウチの地域はデリバリープロバイダ来てないし関係ないや」と思ってるそこのあなた!時間の問題だぞ!誰にでも老いとデリバリープロバイダはやってくるぞ!!



避けられぬ配送業者ガチャ!SSRのヤマトは夢のまた夢!
Amazonで配送業者がデリバリープロバイダになったとき覚悟すべき4つのこと。


1. 配達予定日には来ない

IMG_5323

 いきなりだが、あなたの荷物は配達予定日には来ない。まず遅延する。部屋のカレンダーに「◯月◯日 Amazon到着」みたいなメモをしていたとしたら、そんなカレンダーはいますぐ破り捨ててしまえ。
 たとえば、Amazonのサイト上で「4月1日に配送予定」とあったとしたら、それは「奇跡的に早いと4月1日」という意味だと思ったほうがいい。「いまどきそんな詐欺みたいなことある?」とお思いかもしれないが、ある。野生のサギはどんどん減っているが、配送の詐欺はどんどん増えている。


2. 時間指定は機能しない

 日付すら守られないのだから、時間指定なんか守られるわけがない。もはや守る理由がない。
 以前、翌日午前10時に指定したら翌々日午後10時に来たことがあった。ぜんぜん違うが、ぼくは「10時は合ってる!惜しかったね!」と少しホメたい気持ちになってしまった。それくらい心のハードルを下げてあげる必要がある。


3.配達状況は確認できない

 なにか楽しみな注文をしたとき、問い合わせ番号を入力して「いま荷物はどのへんまで来てるかな?」と確認するのはネット通販の醍醐味だが、デリバリープロバイダにそんな便利機能はない。途中経過の報告などはなく、現物が着いたか着かないかしかない。プロセスではなく結果がすべてなのだ!ぜんぜん結果出せてないけど。



4.再配達は運任せ

 いろいろ書いたが、とにかく仕組みが悪いのであって、デリバリープロバイダの配達員のみなさんは超がんばっている。休むヒマなんてトイレの時間しかないほど働いている。
 しかしそれゆえに、再配達の依頼なんてかまっている場合ではない。依頼の電話に出る時間がもったいないし、依頼を受けたところで配達ルートを変える余裕はない。奇跡的に、電話がかかってきたのがうんこをしているタイミングで、希望の再配達時間がもともとその近所に行く時間帯だったときだけ、受けてあげられる。
 すなわち、配達を待つ身としては、再配達に微塵も期待してはいけない。いつインターホンを鳴らされてもいいよう、食糧を買い込んで自宅に引きこもるべきだ。マンションに宅配ボックスがあれば他の住人を暗殺してでも空きを死守すべきだ。
 


 おそらくいまは過渡期であり、時が経てば、デリバリープロバイダの質が上がるか、Amazonが独自に運送企業を立ち上げるか、Amazon Primeの年会費が上がって配送業者を選べるようになるかなどして、この状況は改善されるだろう。
 それまでは、コンビニ受け取りにでもするなら話は別だが、覚悟をもって耐え忍ぶか、うんこタイムを狙って電話するスキルを磨くか、他の住人を暗殺するしかない。


うんこ!
サトシン





 『ゲムぼく。』は年間1,108,145,451,919PVを誇る超人気ブログであり、その管理人であるぼくは日本の高額納税者番付でつねに1億位以内に名を連ねている。裕福すぎて特売日じゃなくてもとんがりコーンを買えている。

 今回はそんなぼくが2018年に行ったさまざまな買い物の中で、特に「これはホントに買ってよかったなあ」と思うアイテムを10個に絞って大紹介!



ぼくには最高だった!一般的にどうかは知らん!
2018年 買ってよかったモノ10選。



01. ニンテンドースイッチ



 2018年2月に購入。
 PS4とどちらを買うか迷ったが、非ゲーマーの妻とも一緒に遊びたいこと、子ども(4歳)がゲームに興味を持ち始めたこと、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』がなんかすごそうなことなどを理由に、スイッチにした。で、大正解だった。
 家族4人で遊び倒しているせいもあるだろうが、Joy-Conが頻繁に壊れることが唯一の不満。

 関連記事:ニンテンドースイッチ 開封の儀。



02. SoundPEATS Q12



 2017年12月末の購入だが、本格的に使用し始めたのは2018年1月から。
 Bluetoothイヤホン、ようやく人生初購入。
 音質のいい悪いは正直ぼくにはよくわからないが、不満はまったくない。いい音だと思う。
 あと、「Bluetoothイヤホンは音がズレる」みたいな話もよく聞いていたが、これまたぼくにはよくわからなかった。ぜんぜんズレを感じない。たぶん、ふつうに音楽を聴いたり『千年戦争アイギス』『八月のシンデレラナイン』みたいなSLGをやるだけだからだろう。音ゲーをやれば違和感に気付くかもしれない。
 安いし、デザインも無難だし、マグネットで左右のイヤホン部分がピタッとくっつくので収納もしやすい。音質にこだわりがなければ一生これを買い直し続けるだけでいいのでは、と思っている。

 関連記事:Bluetoothイヤホン入門に最適!SoundPEATS Q12を買う。



03. ポケモンプラモコレクション 41 ピカチュウ



 3歳の子どもでも作れるプラモデル。
 プラモといえばガンプラしかほぼ知らなかったが、子どもと一緒に作ってみてバンダイの恐るべき技術力に震えた。文字も読めない3歳の子がパーツを手でもぎとって適当にパチパチはめていくだけでめちゃめちゃかわいいピカチュウの立体物ができるってすごすぎる。ポケプラシリーズは神。

 関連記事:3歳、プラモデルデビュー!の巻。



04. ポケモンセンター イーブイ鏡餅ぬいぐるみ



 激カワにもほどがありませんか?
 もう日本全国の鏡餅これでよくないですか?

 関連記事:激カワ!ポケモンセンター イーブイ鏡餅ぬいぐるみ。



05. [50dB] カジュアル スニーカー スリッポン

009
[50dB] カジュアル スニーカー スリッポン ネイティブ柄 刺繍 5色展開(黒、灰、茶、ネイビー、白)

 Amazonのセールで1,386円で購入。色はネイビー。
 めちゃめちゃ履きやすく、ほどよくおしゃれ。そして安いので躊躇なく履きつぶせる。
 さすがに冬には向かないが、春と秋はこれだけで戦える。

 関連記事:Amazonプライムデー2018で買った物をひたすら報告する。



06. Amazon 災害義援金

 厳密には買い物ではないが、お金の使い道としておすすめしておきたい。
 寄付とか義援金とかって手順がめんどくさいイメージがあるが、Amazonの災害義援金はふだんからAmazonを使っている人なら一瞬で済む。冗談抜きに10秒くらいで済む。100円の少額寄付からいけるので、寄付童貞を卒業するにはもってこい。かもしれない。

 関連記事:Amazonの寄付(災害義援金)が超速お手軽すぎた話。



07. CIVIO 腹筋ローラー



 筋肉だ!筋肉はすべてを解決する!
 別にムキムキにならなくても、腹筋を中心に少し身体を鍛えるだけで、お腹は引っ込み、体力は増し、ご飯はおいしくなり、男性ホルモン増加により性欲が爆発する!妻を抱く回数が増える!



08.ウエルテック コンクールF



 マウスウォッシュはリステリン ターターコントロールを使っていたのだが、あるとき「コンクールFというのがすごいらしい」というウワサを耳にし、買ってみた。それ以来、ずっとこれ。
 刺激性ではないのでリステリンのような爽快感はないが、口内がスッキリしている時間はリステリンより長い。水で薄めて使う濃縮液タイプなので、1個買えば半年は平気で持つのも高評価。製品公式サイトには、「1本で360~700回分」と記載されている。



09. HP ENVY 13 x360

envy2

 HPが満を持して送り出した、世界中で大ヒット中のハイパー神機。
 前も書いたが、このデザイン、この質感、この性能、この携帯性のノートPCが10万円未満で買えるのは異常としか言いようがない。
 楽しすぎて、初めてパソコンを買ったときのような「なんとなく触っているだけで楽しい」「用がなくても起動してしまう」みたいな感覚を思い出させてくれた。
 最近では、これを持って近所のタリーズによく出かけている。でもけっきょくそこでやるのはこのブログの更新なのでなにひとつかっこよくない。

 関連記事:HP ENVY 13 x360 開封の儀。黒い!薄い!かっこいい!



10. モンスターボールPlus



 『ポケットモンスター Let's GO! イーブイ』はダウンロード版を買ったので、モンスターボールPlusは別途単品で買った。
 同作の専用コントローラーとして操作性だけを評価すると最低レベルだが、その形状やギミックがもたらすポケモン世界への没入感、親子間や家族間でのコミュニケーション促進、ポケモンGOと連動させたときのアクティビティの楽しさなどを含めると最高のアイテムと化す。
 イーブイを入れて歩いたときの鳴き声がかわいすぎて、外出先でめっちゃ振ってしまう(振ると鳴き声で反応を返してくれる)。楽しいが、ハタから見ると完全に不審者。

 関連記事:『モンスターボールPlus』が、親子の間にもたらしたもの。






nin01

 ゲーム雑誌『ニンドリ』(ニンテンドードリーム)を、何号か前から毎回買うようになった。
 ぼくの青春を支えた週刊ファミ通は、時代の変遷とともに新作ソフトの広告記事とソシャゲの特典だけでほぼ構成されるようになってしまったので、ソフト発売後にも中身を掘り下げてくれたり、ディープなネタを考察してくれたりする「読みごたえがある雑誌」としてニンドリを発見した。
 名前の通り、任天堂のハード&ソフトに特化した雑誌だが、テーマを絞っているぶん深い。ニンテンドースイッチを持っている人なら買って損はないと思う。

 そして、今回は『UNDERTALE』(アンダーテール)をプレイしたことがある人にぜひ言いたいことがある。
 いますぐ書店に行って、ピーチ姫が表紙のニンドリ2019年2月号を買いなさい!




nin03

 UNDERTALEの2019年オリジナルカレンダーが付いてくるから!


nin04

 開くとB4サイズ相当なので、けっこう大きい。紙質もしっかりしている。付録じゃなくても単体で売れるじゃんこれ、と思うくらい質がいい。
 月めくりで、1月のオープニングから始まり、さまざまな名場面が展開されていく。
 なお、6月と12月はニンドリ独自の描き下ろしイラスト。描き下ろしは原作者Toby Fox氏からの要望で入れることが決まったらしい。すごいな。


nin05

 ぼくのお気に入りは9月。
 手ミーだ!となりはトモダチの……手ミーだ!
 9月20日から9月26日は……動物愛護週間だ!テミーを愛でろ!


 UNDERTALEはスイッチ版が2018年9月とはいえ、初リリースは2015年だったので、決して新しいゲームではない。
 それでもこうしてグッズを作って付録にしてくれるというのは、ホントにファン想いの雑誌だなあ、と感心する。
 「UNDERTALEにいまさらながらハマってしまった……でも遅すぎてグッズとかどこにもぜんぜん売ってない……」みたいな人!ニンドリですよ!ニンドリを買うんですよ!UNDERTALEカレンダーを部屋に飾ってケツイをみなぎらせるんですよ!
 ニンドリは偶数月20日発売!この2019年2月号は2018年12月20日に発売済み!早く買わないとなくなりますよ!(露骨な宣伝)







srs001

 今年も来ましたクリスマスイベント!
 緊急ミッション『星に祈りし聖夜の祈り手』!

 聖祭の癒し手カミラが仲間になることも大切だが、もっとも注目すべきは聖夜の弓騎兵サラサがどう活躍するか。
 2016年には、親戚の中で唯一まだ結婚してないおばさんみたいな痛いノリでサンタアリサ誕生に直接貢献したことでおなじみだが、今年はどんな活躍をするのだろうか?
 なんせ、サラサといえばクリスマス、クリスマスといえばサラサ。サンタアリサのように衣装変更でクリスマス要素を得たユニットや、バレンタインリュリュのようにクリスマス以外の要素も追加されたユニットとはワケが違う。サラサにはクリスマスしかないのだ。
 私生活ではクリスマスの華やかさとは縁遠く、仕事帰りにいつものスーパーで惣菜を買い、ワンルーム賃貸で短パンにタンクトップ姿で缶チューハイを開けるだけの日々を送っているサラサだが(注:偏見です)、サラサといえばクリスマスなのだ!!


 というわけで当然、イベント中では先輩サンタとしての発言の機会が多々……


srs005

 あれっ……リュリュにセリフ取られてる……
 いや、まあいいや。そりゃリュリュにもセリフは必要だろう。
 サラサにはほかにも発言のチャンスがいくらでもある。たとえば、雪山マップが多いわけだから、吹雪に強いキャラの代表として……


srs004

 あれっ……そっちなんだ……吹雪キャラはエリザなんだ……
 いや、いいし。サラサは吹雪に強いいっぽうで、その茶目っ気ある性格から「こんな寒い日に戦闘なんてしてないで、のんびり焚き火にでもあたりましょ♪」みたいなサボり系のセリフだって言えるわけで、そっち側に回れば!


srs003

 ウワアアアアアアアア!
 ハクノカミ様が!怠惰キャラといえば爆睡ドラゴンババアの高き壁が!

 しかもクリスマス要素まったくないくせにセリフめっちゃあるこの人!ズルい!!

 いや、まだチャンスはある……
 たとえば、持ち前の行き遅れ感を生かしたギャグをやれる場面があれば……
 さすがに「自虐ネタをやれるサンタキャラ」なんてピンポイントすぎる枠はほかには


srs007

 ウオアアアアアアア!!
 ぽっちゃりカロリー盗賊ことサンタシプリアによる自虐デブネタがぶち込まれてしまった!あっちが機動力ならこっちも機動力かなボヨンボヨン!

 いや、まだだ!
 もっとこう、「痛々しい笑い」みたいな路線でなら戦えるはず!


srs010

 ギャアアアアアアア!
 痛々しい笑いに特化した新ユニットが出たァァァァァ!!


 じゃあもういいよ!ふつうでいいよ!
 なんかあれじゃん!ふつうにやさしくて魅力的なお姉さんキャラとして喋ればいいじゃん!サラサならそういう役割だってぜんぜん


srs002

 グワアアアアアアアア!!
 そもそも主役であるカミラがそういうキャラだったァァァァァァ!!



srs006
srs008

 ……けっきょく、2018年のクリスマスイベントにおけるサラサのセリフはこのふたつだけだった。
 もともと戦闘ではたいして役に立たないユニットなのでシナリオ面で出しゃばるしかないはずのサラサだが、そっちですら苦戦する時代に。サラサのライバル増えすぎ問題をここに強く提唱したい。







IMG_5141

 小迷宮『終わりの森』のボスであるラミアにまったく歯が立たず、全滅。
 何度も再挑戦するが、やっぱり勝てない。勝てる気配がない。


【ラミアの特徴】
・命中低下+石化の『邪眼』、封じ耐性ダウン+混乱の『魅惑のボディ』、全封じ+即死の『死の抱擁』など、攻撃以外の妨害行動が多い。
・ターン終了時にバインドスネークを召喚することがある。バインドスネークは攻撃はせず、延々と封じをしかけてくる。
・バインドスネークへの攻撃に反応する必中カウンター『蟒蛇の怨恨』を使うことがある。
・こちら側に封じ状態のメンバーがいると、必中の全体攻撃『締め上げ』を使うことがある。
・(たぶん)頭封じ状態で倒すと(たぶん)フェイルノートの素材をドロップする。


 レンジャー5人旅の「攻撃ばかりしてくる敵が得意」「複数より単体の敵が得意」「必中攻撃をしてこない敵が得意」といった特徴に対してすべて逆をいく鬼畜ボス。
 「レベルを上げてゴリ押しすれば?」という意見もおありかと思うが、この相性の悪さはそんな次元ではない。バランスのいいパーティーならレベル上げは効果的だが、なんとか抜け穴を見つけて一点突破、みたいなことを繰り返しているこのバランス大崩壊パーティーでは、レベルうんぬんではなく知恵で勝たないといけない。

 そして、前作通りなら最強の弓『フェイルノート』の素材はこのラミアの条件ドロップからのはず……
 レンジャー殺しのボスにレンジャーの最強武器を当ててくる。どう考えてもいやがらせとしか思えないぞ世界樹スタッフ。でもそういうところが好きだぞ世界樹スタッフ。

 この難敵に勝ち、しかも条件ドロップを狙うという、超高難度ミッション。
 作戦を練ること2時間。試行と失敗と修正を繰り返すこと3時間……ついに勝ち筋が見えた!
 最初に言っておきますが、今回は長期戦です!記事がめっちゃ長いです!



【装備・スキル】

IMG_5243
IMG_5244
IMG_5245IMG_5246
IMG_5247
共通スキル:朧矢6、素早さブースト8、仕留めの一矢8

 今回は、素のレンジャースキルとサブクラススキルだけでは絶対に勝てない。アリス、ナンナ、ララパに持たせたサブウェポンの固有スキル活用がキモ。
 また、前衛ふたりは極彩のベストではなく、DEFの高いレーシーハイドを着用。脅威の必中攻撃である『締め上げ』を前列で受けてもギリギリ一発耐えられるだけの耐久力を確保。
 各人のメインの役割は、だいたい下記のような感じ。

アリス:バインドスネーク処理担当
ユーリ:条件ドロップ担当
チグサ:ラミア削り担当
ナンナ:デバフ(弱体化)担当
ララパ:バフ(強化)担当



【戦闘開始!】

IMG_5248
■TURN1
アリス:ミラージュアロー
ユーリ:トリックステップ
チグサ:夢幻陣形→逆袈裟
ナンナ:削弱の瘴気
ララパ:予防の号令(>後列)

 今回はナンナとララパがかなり忙しいので、トリックステップはユーリが受け持つ。
 『予防の号令』は邪眼対策。5人で弱点を補い合ってようやく一人前のこのパーティーでは、誰かひとりが石化しただけでも即全滅につながる。まさに生命線のスキル。
 なお、1ターン目、ラミアの行動は通常攻撃か全体攻撃の『ポイズンフレイム』になる確率が高いが、後者のパターンを引くまでリセットを繰り返す。理由は、次のターンに朧矢を2発以上撃っておかないとのちのち苦しくなる可能性が高いため。それくらいギリギリの戦い。


IMG_5249
■TURN2
アリス:忍法 分身
ユーリ:朧矢
チグサ:朧矢
ナンナ:デビルクライ
ララパ:予防の号令(>前列)

 全員朧矢のチャンスだが、ここで攻めるのはユーリとチグサのみ。一手遅れると負けるので、自陣の展開を優先。
 分身し、予防の号令を分身含めた前列に行き渡らせ、武器固有スキルのデビルクライで全員の攻撃力を強化。今回、ララパは攻撃の号令を使う余裕がないため、代わりにナンナがデビルクライ。
 ラミアの行動は邪眼。石化は免れたが、全員が命中率ダウン効果をもらってしまった。
 また、ターン終了時にラミアがバインドスネークを2体召喚。


IMG_5250
■TURN3
アリス:フランクショット
ユーリ:夢幻陣形→トリックステップ
アリス2:フランクショット
チグサ:ミラージュアロー
ナンナ:削弱の瘴気
ララパ:照明弾

 まず、ララパが武器固有スキル『照明弾』で、邪眼の命中率ダウンを打ち消す。ララパのアクセサリーを疾風のお守りにしたのは、こういうときに最初に動けるようにするため。
 次に、ナンナが削弱の瘴気でバインドスネークの防御力を下げ、アリス&アリス2がツインフランクショットでバインドスネークを落とす。アリスのフランクショットの与ダメージは約700で、バインドスネークのHPは約1,400。仕留めの一矢も込みで確実に倒せるよう、事前に計算して調整済みだ。
 完璧な対処で、こちらのペースを守ることができた!そしてラミアの行動は全体攻撃のポイズンフレイム!全員回避!


IMG_5251
■TURN4
アリス:朧矢
ユーリ:朧矢
アリス2:朧矢
チグサ:朧矢
ナンナ:朧矢
ララパ:朧矢

 いけっ!必殺の朧矢ラッシュ!
 約2,000×6=12,000ダメージを叩き込むことができた!
 ラミアのHPは約65,000。かなり高いので、のんびり戦っているとTPが尽きてジリ貧になってしまう。序盤でしっかりダメージを稼げたことはデカい。
 ラミアの行動は必中カウンターの蟒蛇の怨恨。だが、ミラージュアローや夢幻陣形のおかげでこちらが先に動いたので関係ない。ただのボーナスターン。


IMG_5252
■TURN5
アリス:アムリタII(>アリス)
ユーリ:ミラージュアロー
アリス2:アムリタII(>アリス)
チグサ:逆袈裟
ナンナ:夢幻陣形→デビルクライ
ララパ:予防の号令(>後列)

 さきほど全員が攻撃に回ったのとは対照的に、今度は全員でバフ・デバフを整える。分身のせいでTPがもともと少ないアリスとアリス2はアムリタIIでTPを回復する。
 ラミアはユーリに通常攻撃をしたのち、バインドスネークを召喚。今度は3体出てきた。


IMG_5253
■TURN6
アリス:サンダーバラージ
ユーリ:朧矢(>ラミア)
アリス2:サンダーバラージ
チグサ:サジタリウスの矢(>ラミア)
ナンナ:削弱の瘴気
ララパ:予防の号令(>前列)

 アリス&アリス2が、武器固有スキル『サンダーバラージ』でバインドスネークを削る。レンジャーがサブクラスに依存せず撃てる唯一の全体攻撃。
 しかしこれだけでは仕留めきれず、アリス2が脚封じをもらってしまった。
 ラミアの行動は邪眼。石化は免れたが、ナンナが予防の号令を剥がされ、さらに全員が命中率ダウン!ちょっとピンチ!


IMG_5254
■TURN7
アリス:サンダーバラージ
ユーリ:巫術:転移(>アリス2)
アリス2:サンダーバラージ
チグサ:ダブルショット(>ラミア)
ナンナ:ミラージュアロー(>ラミア)
ララパ:夢幻陣形→照明弾

 アリス2の脚封じは、アイテムに頼らずユーリの巫術:転移で回復。
 バインドスネークにトドメを刺しつつ、ダブルショットやミラージュアローでラミアを削る。
 ラミアの行動は『死の抱擁』(単体に即死+全封じ)。予防の号令でも防ぎようがない、ある意味もっとも警戒すべきスキルだが、ここはユーリが即死を回避!しかし、予防の号令は剥がされてしまった。



IMG_5257
IMG_5258
■TURN8~
アリス:サンダーバラージ or ダブルショット
ユーリ:トリックステップ or フレイムアロー or フランクショット
アリス2:サンダーバラージ or ダブルショット
チグサ:ダブルショット or サジタリウスの矢
ナンナ:削弱の瘴気 or デビルクライ or トリックステップ
ララパ:予防の号令 or 照明弾

 ラミアのHPは残り半分。ここからの動きは、おおむね上記の通り。
 特に重要なのは、ナンナとララパ。このふたりの手が止まると即座に壊滅する。文字通り、死ぬほど忙しい。
 そして、夢幻陣形をリレーすること、機会と余裕があれば朧矢を撃っていくことは全員共通。


IMG_5259

 9ターン目、『魅惑のボディ』(全体に混乱+封じ耐性低下)で、アリスとララパが混乱になり、全員の予防の号令を剥がされるという大ピンチ!言ってるそばからララパの手が止まっちゃったよ!
 即座に巫術:転移とテリアカβで立て直しを試みる。その後のラミアの行動が実質無意味な蟒蛇の怨恨だったため、なんとか助かった。


IMG_5260

 12ターン目にも魅惑のボディが来て、ナンナが混乱に。張り直した予防の号令もすべて剥がされた。
 がんばれララパ!声が枯れるまで号令をかけ続けろ!


IMG_5262

 15ターン目。
 ラミアのHPは残り15%程度!
 バインドスネークをサンダーバラージやフランクショットで処理しつつ、条件ドロップのためのアクションを仕掛けることに。
 まずはブラインドアローで盲目にしてから……


IMG_5264
IMG_5263

 縛弱の瘴気→巫剣:霊封頭斬のコンボで、ラミアを頭封じに!一発成功!やったねユーリ!
 ハウンド5人旅読者だったみなさん!封じ担当としてのユーリが帰ってきましたよ!黒霧とハンターショットの頼れるお姉さん再びですよ!


IMG_5265

 17ターン目!全員でダブルショットを放つ!
 これで終わりだァァァァァー!!


IMG_5267

IMG_5268

 やってやったぜ!
 ラミア撃破&フェイルノート素材ゲット!

 5人それぞれの役割を明確化し、レンジャースキルを軸にサブクラススキルと武器固有スキルまでフル活用したうえでの、やっとの勝利。間違いなく過去最強の強敵だった。
 しかし結果的には、レンジャー5人旅の「らしさ」が詰まった戦いだったと言えるのではなかろうか。ラスボスでもなんでもないのに、集大成をぶつけた感がある。

 史上最大の山場を突破して、最強武器も獲得。
 心身ともに大きく成長したレンジャー5人だが、唯一の問題は……


IMG_5269

 5人分のフェイルノートを手に入れようと思ったら、最低でもあと4回ラミアを倒さないといけないということ。
 どう考えてもいやがらせとしか思えないぞ世界樹スタッフ!でもそういうところが好きだぞ世界樹スタッフ!!




 もはや毎年恒例となった、この企画。

 年間365件以上の記事が生まれている『ゲムぼく。』だが、そのなかには手のかかっている記事、かかっていない記事、多く読まれた記事、そうでもない記事、いろいろある。
 それらから、「手はかかっているのに、あまり読まれていない」という記事をピックアップして紹介し、手間相応に読ませようという、自己都合感あふれる救済企画である。

 というわけで、ぼく自身が「これは労力の割にあんまり読まれなかったなあ」「もうちょっと読まれてもよかったんじゃないかなあ」と思う2018年の記事をピックアップしたので、興味のある人はぜひ読んでほしい。いい感じに供養してやってほしい。 



Softbank→UQモバイル乗換がいかにオトクかを試算する。
sof03


 どこのサイトよりも詳しく金額実態を調べたのに読者からも妻からも引かれる始末。



2018ヤマザキ春のパン祭り徹底攻略!全対象商品 点数効率一覧。
IMG_7163


 全国のヤマザキストを中心に多く読まれた記事ではあるが、調査に4日かかっていることを考えるとまだまだ。世間一般にも春のパン祭りの奥深さを知らしめたい。



『からかい上手の高木さん カバーソングコレクション』が最高すぎる件。
IMG_8757


 2018年最優秀アルバム。世界中に「聴け」と言いたい。



【検証】無断転載、めっちゃ丁寧に対応したら円満解決できる説。
IMG_0451


 次に同じようなチャンスが来たら今度はオネエっぽい口調で対応してみようと思っている。



Amazonの寄付(災害義援金)が超速お手軽すぎた話。
kifu01


 半壊の実家と10,000円を使ってボケたわりにはぜんぜんウケてない気がする。



ぼく、妻の監視のもとデレステを始める。[デレステ]
IMG_2603


 妻!妻ァァァァ!愛してるぞ妻ァァァァァァァ!



DMMゲーム『DOAXVV』はクソゲーだ。そして最高のツールだ。
doa01


 このクソさと最高さの同居はもっと多くの人に伝わってほしい。



カスタムキャストで素敵なデブを作ってみた!
IMG_3529


 世界中にデブ専の輪を広げたい。カロリーたっぷりのチョコドーナツのように。それがぼくの願いです。



UNDERTALE感想(ネタバレなし)。 1日で一気にクリアすべきゲーム。
FullSizeRender


 アンダーテールみたいなゲームをネタバレせずにおすすめするのはとても難しい。



シリーズ「勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!」
IMG_1181


 初代以来のポケモンなのにミミッキュ一匹だけでがんばったのすごくない?もうちょっとホメられてもよくない?



救済 SAVE
長岡 弘樹
講談社
2018-11-15


333

ポケモンだいすきぬりえ - ポケモンだいすきクラブ 
https://www.pokemon.jp/play/paint/



【ぬりえを始めたころ】

pn001
pn002



【二週間後】

pn005
pn004
pn003


 こえーよ……なんでそんな急にうまくなってるんだよ……神絵師かよ……(親バカ)

 ホメたら、「かっこよくぬりたいから、ぜんぶのポケモンのいろおぼえたの」とのこと。
 こえーよ……子どもの学習能力と記憶力すげーよ……アインシュタインかよ……(親バカ)








 『ゲムぼく。』の「ゲム」は「ゲーム」の略である。えっ、そうなの!?ロのように価値の略じゃなくて!?
 改めて書いてみて自分でびっくりしてしまったが、そういえばそうだった。たしかにときどきゲームの記事を書いていた。

 今回は、そんなぼくが2018年にプレイしたゲームのなかで、プレイ時間が特に長かったもの、つまりハマったものを10個に絞って大紹介!
 (2017年版はこちら



1.ポケットモンスター サン
(関連シリーズ:勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!
IMG_1164

 『勝ち抜け!ミミッキュ一匹旅!』はそうとうな時間がかかった。
 しかしそれだけに、達成感もあったし、ミミッキュへの愛着もすごく湧いた。いまでは、全ポケモンのなかでミミッキュがいちばん好きだ。
 ポケモンに詳しい人に「好きなポケモンは?」と聞かれて「ミミッキュ」と答えると、最初は「ああ、対戦で強いからね……」みたいな顔をされるのだが、「ミミッキュ一匹でストーリークリアした」と続けると「えっ、この人こわっ……」とドン引きしてもらえる。



2.ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド
(関連カテゴリ:ゼルダの伝説シリーズ
IMG_9993

 人生のベストゲームが、まさかこの年齢になって更新されるとは思わなかった。
 たぶん、200時間以上プレイした。遊んだ時間はぶっちぎり1位。いまも数日に1回はプレイしている。
 世界ゲーム史に名を残す超名作であることは言わずもがな。ひとり用ゲームでありながら、見ている周りもついつい夢中になってしまう魅力がある。妻や子どもとああだこうだ言いながら一緒に遊んだ。
 最近はマスターモードを少しずつ進めていて、高難度に苦しみつつ、ストーリーをもういちど楽しんでいる。祠の解法や細かいイベントは忘れてしまっていたことも多く、けっこう新鮮な気持ちでやれている。



3.千年戦争アイギス
(関連カテゴリ:千年戦争アイギス
aigisr

 場末のエロゲー崩れ。



4.スプラトゥーン2
(関連記事:スプラトゥーン2 今から始めて楽しむ5つのコツ。
IMG_4785
 
 発売から1年以上経った2018年11月に購入したが、そこからは毎日何時間もプレイしている。
 最初こそ「対人戦メインのゲームなのに、こんなタイミングで始めて大丈夫だろうか」という不安と負い目があったが、そんなものは開始5分で吹き飛んだ。楽しすぎる。
 オフラインプレイのヒーローモードもあるし、オンライン対戦もレギュラーマッチは初心者でもなにも気にせず参加できる。ガチマッチはいろいろと覚悟が必要な気がするが。



5.世界樹の迷宮X
(関連シリーズ:進め!レンジャー5人旅!
IMG_4871

 『世界樹の迷宮』シリーズ3DS最終作。たぶん、2018年で『ゼルダ』の次にプレイ時間が長かったゲーム。
 ファンの期待を裏切らない高難度と、知恵と工夫に確実に応えてくれるゲームバランスがうれしい。
 過去作に比べボリュームが多すぎて、いまが序盤なのか中盤なのか終盤なのかがぜんぜんわからないのがとまどう部分ではある。いつもの世界樹ならとっくにクリアしてるプレイ時間でようやくサブクラス開放、みたいなことが起きる。
 レンジャー5人旅の完結はいつになるやら。



6.UNDERTALE(アンダーテール)
(関連記事:UNDERTALE感想(ネタバレなし)。 1日で一気にクリアすべきゲーム。
FullSizeRender

 いまさら語るだけ野暮だが、よかった。めちゃめちゃよかった。
 何周かして理想的なエンディングを見たあと、対極の残酷なルートに行こうとしたのだが、ある心優しいスケルトンと戦うあたりで本当につらくなって猛烈な後悔とともにやめた。そしてまた数周し、理想的なエンディングに再度たどり着き、そこでプレイを止めた。あえてここで終わろうと思った。
 ここでセーブデータをリセットしてまたやり直すと、彼らの幸せを壊してしまう。それはもう、絶対にしたくない。
 そんなことをゲームの登場人物に対して本気で思わせてくれるところも、この作品の魅力だ。



7.八月のシンデレラナイン
(関連カテゴリ:八月のシンデレラナイン
IMG_4051

 地球上にユーザーが5人しかいないので、ぼくがいなくなるとユーザー数20%減という大打撃をアカツキに与えてしまう。やめるわけにはいかない。
 パ・リーグとコラボしたのはじつは無断の非公式だったんじゃないかといまでも少し疑っている。



8.ポケットモンスター Let's GO! イーブイ
(関連カテゴリ:ポケモンシリーズ
mbp02

 ゲーム単体というよりは、モンスターボールPlusを使ったおでかけやポケモンGOとの連動を含めて子どもと楽しんでいる。
 ふたりプレイができるので親子でよく遊ぶが、「イワークにのりたいからかわって!」と必ず1Pを取られてしまうのが悩み。(2Pでもポケモンを連れ歩けるが、大型ポケモンに乗ることはできない)



9.スーパーマリオブラザーズ3
IMG_5081

 ニンテンドースイッチオンラインの特典で遊べるやつ。
 やっぱり『3』の完成度はすさまじく、ぼくがやっても楽しいし、4歳の子どもが遊んでも楽しい。
 当時よくこれがファミコンで出せたな。『1』『2』と同じハードとは思えない。



10.ファイアーエムブレムエコーズ
(関連シリーズ:女たちの英雄譚。
IMG_3474

 2017年5月にプレイ開始したのに、いまだにクリアできていない!もう2年経ちそう!
 みなさん!FEエコーズを世界一スローペースで進めている人間がここにいますよ!やってないわけじゃなくて、やってるけど難しすぎてなかなか進まないんですよ!ゲーム上級者でもないのに勝手に縛りプレイを始めて勝手に苦しんでいる愚か者の図ですよ!
 世界樹の迷宮Xのレンジャー5人旅とどちらが先に完結するだろうか。



 ニンテンドースイッチを買ったからというのもあるが、ほぼ任天堂に埋め尽くされたベスト10となった。
 ほかのタイトルもたくさん遊んでいるとはいえ、妻や子どもも楽しめるゲームをやりたいな、という気持ちがあると、どうしてもこういう感じになる。
 来年もよいゲームとの出会いがあるといいな。ゲロのように無価値じゃないといいな。