ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。




IMG_1545

 東土の霊堂の探索を進め、初めてのボス『大いなる花獣』に挑む。
 いったん拠点に帰還してセーブしてから、様子見も兼ねてLV5で突っこんだところ、5ターンも持たずに瞬殺されてしまった。

 なので今回は、LV3にして挑む。

 「なにを言ってるんだ。2つ下がってるじゃないか」とお思いのことと存じますが、世界樹の迷宮シリーズには『休養』というシステムがあるのです。
 レベルを2つ下げるかわりに、スキルポイントを振り直せるしくみがあるのです。
 これを使って、VS大いなる花獣に特化したスキル構成にしてしまおう、というわけなのです。


 一般的には、LV4~6くらいで倒したよという報告を多く聞くなかで、レンジャー5人旅のくせにLV3での挑戦。
 無謀にも思えるが、意味のないことをやるつもりはない!やるからには勝算あり!


【装備・スキル】

IMG_1633
アリス(前衛)
スキル:パワーショット3、フレイムアロー2


 アタッカーその1。脱兎のお守り装備で、行動順が最速になるよう調整している。


IMG_1634
ユーリ(前衛)
スキル:パワーショット3、フレイムアロー1、ブラインドアロー1


 ブラインドアロー兼フレイムアロー役。体力の腕輪装備で、耐久力がもっとも高い。


IMG_1635
チグサ(後衛)
スキル:パワーショット3、フレイムアロー2


 アタッカーその2。力の指輪を持たせているため、あらゆる攻撃の与ダメージがもっとも高い。


IMG_1636
ナンナ(後衛)
スキル:パワーショット3、フレイムアロー1、ブラインドアロー1


 ユーリとまったく同じスキル構成。役割もほぼ同じ。


IMG_1637
ラパ(後衛)
スキル:パワーショット3、フレイムアロー1、簡易手当1


 ボス戦前の回復用に、簡易手当を持たせる。奇跡の指輪(我流蘇生)を使うかどうかはTPしだい。



【戦闘開始!】

IMG_1638
 ■TURN1
アリス:フレイムアロー
ユーリ:ブラインドアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:ブラインドアロー
ララパ:フレイムアロー


 フォースは温存し、フレイムアローとブラインドアローでアタック。
 ブラインドアローを2発撃ち込み、大いなる花獣を盲目状態にさせる。
 盲目が効いているあいだは、大いなる花獣の攻撃はほぼこちらに当たらない。チャンス!


IMG_1639
■TURN2~4
アリス:フレイムアロー
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 盲目が継続。全員フレイムアローで攻める!
 フレイムアローの与ダメージは、個人差があるが45~70といったところ。
 大いなる花獣は、列単位の攻撃(ダメージ+一定確率で頭・腕・脚いずれか封じ)を連発してくる。たまに被弾してしまうが、かまわず攻める。っていうか戦闘中の回復手段がアイテム(メディカ)以外ないので攻めるしかない。


IMG_1640
■TURN5
アリス:夢幻陣形→フレイムアロー
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 盲目がそろそろ切れるであろうことを見越し、フォースブースト『夢幻陣形』を発動。
 そして読み通り、このターン終了時に盲目が解除。ここからが正念場……


IMG_1641
■TURN6
アリス:ミラージュアロー
ユーリ:夢幻陣形→フレイムアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 アリスがフォースブレイク『ミラージュアロー』を使用。
 ミラージュアローは与ダメージもまあまあ大きいが、3ターンのあいだ敵の行動順を下げる+命中率ダウンの効果がある。これが超重要。
 ちなみに、夢幻陣形は3ターンのあいだ味方の行動順を上げる+回避率アップという効果なので、「じゃあ結果的に夢幻陣形もミラージュアローも一緒やんけ」と思いがちだが、使ってみるとミラージュアローのほうが明らかに効果が高い。夢幻陣形単体では、あまり敵の攻撃を避けることはできない。
 なお、フォースブレイクを使うとフォースブーストは終わってしまうため、アリスのミラージュアローに併せ、ユーリが夢幻陣形を使う。つまり、ミラージュアローと夢幻陣形の効果がダブルで効いている状態をつくる。これをキープすることがこの戦いのキモ。


IMG_1642
■TURN7
アリス:移動(後列)→フレイムアロー
ユーリ:移動(後列)→フレイムアロー
チグサ:移動(前列)→フレイムアロー
ナンナ:移動(前列)→フレイムアロー
ララパ:移動(前列)→フレイムアロー


 6ターン目にアリスとユーリが『脚絡みのツタ』をくらってHP減少&脚封じになってしまったので、後列に下げる。脚封じ状態だと敵の攻撃が必中になってしまうため、かなり危険。
 大いなる花獣の行動は『怪しい花粉』。全体に物理攻撃力低下+低確率で毒付与。が、なんとか誰も毒にかからず済んだ!



IMG_1643
■TURN8
アリス:フレイムアロー
ユーリ:ミラージュアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー


 ユーリの夢幻陣形ラストターンなので、ミラージュアローを使う。大いなる花獣の命中率ダウン効果を延長させる。
 この時点で、大いなる花獣のHPはようやく残り半分、といったところ。先は長い……
 

IMG_1644
■TURN9
アリス:フレイムアロー
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:夢幻陣形→フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:通常攻撃


 続いて、チグサが夢幻陣形。本当は前のターンに使っておくべきだったのだが忘れてしまった。まあいいや。
 そしてこのあたりから、5人のTPが切れ始めた。そろそろヤバいぞ……


IMG_1645
■TURN10
アリス:フレイムアロー
ユーリ:フレイムアロー
チグサ:通常攻撃
ナンナ:移動(後列)→通常攻撃
ララパ:通常攻撃

 被弾したナンナを後ろに下げながら、フレイムアローと通常攻撃で攻め続ける。
 ちなみに、通常攻撃では8~15程度しかダメージを与えることができない。気が遠くなる。


IMG_1646
■TURN11
アリス:通常攻撃
ユーリ:ブラインドアロー
チグサ:ミラージュアロー
ナンナ:夢幻陣形→通常攻撃
ララパ:通常攻撃


 チグサの夢幻陣形ラストターンなので、ミラージュアローを使用。
 そして入れ替わりでナンナが夢幻陣形を使用……したのだが、ここで大いなる花獣が2回目の『怪しい花粉』を使用!
 ナンナとララパが毒状態となり、ターン終了時に約35ダメージ!夢幻陣形を発動したてのナンナが戦闘不能に!


IMG_1647
■TURN12
アリス:移動(前列)→ネクタル(>ナンナ)
ユーリ:テリアカβ(>ララパ)
チグサ:通常攻撃
ナンナ:(戦闘不能)
ララパ:移動(後列)→夢幻陣形→メディカ(>ナンナ)


 どうやって戦況を立て直すか、詰め将棋のようなターン。
 比較的元気なアリスを前に出し、ナンナの代わりに夢幻陣形を発動する必要があるララパは確実な生存のため後列に下げる。
 ナンナの蘇生は、最速で動けるアリスがネクタル、そのあとに動くララパがメディカ。行動順の事前調整がここで役に立った。
 ララパが死ぬと完全に終わるので、虎の子のテリアカβで毒を回復。火力が高いチグサだけは攻撃。
 大いなる花獣の追撃にもなんとか耐え、立て直すことができた!


IMG_1648
■TURN13
アリス:移動(後列)→ファイアオイル(>チグサ)
ユーリ:通常攻撃
チグサ:通常攻撃
ナンナ:移動(前列)→ブラインドアロー
ララパ:通常攻撃


 HPが全快したナンナを前に出す。また、わずかに残っていたTPで通常攻撃よりは威力が高いブラインドアローを撃つ。大いなる花獣には盲目耐性がついてしまっているので、盲目にはできないが。
 あとは、1個だけあったファイアオイルをチグサに使用し、少しでも与ダメージが増えることを期待する。


IMG_1649
■TURN14
アリス:通常攻撃
ユーリ:通常攻撃
チグサ:移動(後列)→通常攻撃
ナンナ:通常攻撃
ララパ:ミラージュアロー


 ララパの夢幻陣形ラストターン。ミラージュアローでアタック。
 そしてここで、万策が尽きた。全員のフォースを使い切り、TPもない。メディカとネクタルは少しあるが、テリアカβやファイアオイルはない。
 となると……


■TURN15~
アリス:通常攻撃orメディカ
ユーリ:通常攻撃orメディカ
チグサ:通常攻撃orメディカ
ナンナ:通常攻撃orメディカ
ララパ:通常攻撃orメディカ


 ここからはもう、真正面からの殴り合いだ!
 夢幻陣形はなくなったがミラージュアローの効果は継続中なので、幸いにも被弾率は高くない。もう一発くらうと死ぬ、という場合のみメディカを使用し、あとはひたすら弓でペチペチ射る!
 そして、ミラージュアローの効果もぼちぼち切れそうだという20ターン目に、なんとか撃破!


IMG_1650

 初めてのボス戦、なんとか突破!

 せめてLV4まで上げておけばもうちょっとラクに勝てたんじゃないかという気もするが、まあ、よしとしよう。
 結果的にはいい戦いだったと思う。半分チュートリアルみたいなもののはずの初ボス戦でこんなギリギリのことやってて大丈夫かと心配にはなるが。


IMG_1651

 冒険がちょっと進み、ギルドカードが作れるようになった。
 どこかですれ違ったら、見てやってください。








IMG_1493

 ある意味予想通りだが、最序盤からいきなり全滅したレンジャー5人旅。
 ふつうのザコ戦すらかなりキツく、5人全員が生存した状態で勝つのは至難の業。


IMG_1533

 まずは、なんとかしてレベルを上げないと話にならない。

 フォースブレイクのミラージュアローを使えば初期レベル&初期装備でも60~70程度のダメージを与えられるので、2発当てれば敵を1体倒せる。5人全員がミラージュアローを使えば、1ターンで2.5体は倒せる計算だ。
 しかし、フォースブレイクは超必殺技なので、一度の探索で1回しか使えない。

 よって、「エンカウントして、敵が2体までなら全員でミラージュアローを撃って倒して即帰還(探索終了)、3体以上なら逃走(逃走し損ねたら死ぬのでリセット)」をくり返して、なんとかレベルを3まで上げた。
 いきなり地味すぎない?こんな序盤からこんな地味な作業の話聞かされて楽しい人いる?ぼくは楽しいけどみんな大丈夫?


 その後も、油断するとすぐ死ぬのでこまめに帰還しながら探索を進めていく。
 気づけば、LV5まで上げることができた。東土の霊堂B1Fの半分くらいはマップを埋められただろうか。
 ちなみに、この時点でプレイ時間は2時間半に達している。遅すぎない?ぼくは楽しいけどみんな大丈夫?

 貯まったお金とスキルポイントで、少しずつメンバーを強化していく。


IMG_1535
アリス(前衛)
主要スキル:フレイムアロー4/パワーショット3


 スピード型アタッカーとして育成する方針。
 東土の霊堂は森っぽい迷宮なので、炎属性のフレイムアローが刺さる敵は多いのではと期待。


IMG_1536
ユーリ(前衛)
主要スキル:ブラインドアロー6/チェインダンス1


 耐久型 兼 状態異常担当として育成予定。
 後述するが、ブラインドアローとチェインダンスはともに超重要スキル。


IMG_1537
チグサ(後衛)
主要スキル:パワーショット4、フレイムアロー3


 パワー型アタッカー。ババア is パワー。
 パーティー全体の対応力を高めるため、アリスとは異なりパワーショットを伸ばす。


IMG_1538
ナンナ(後衛)
主要スキル:ブラインドアロー4、チェインダンス1、簡易手当1


 戦況に応じて動きを変える万能型として育成予定。
 フレイムアローも覚えさせたいが、スキルポイントがまだまだ足りない。晩成型。


IMG_1539
ララパ(後衛)
主要スキル:ブラインドアロー1/警戒斥候2/危機感知2/簡易手当1


 回復&各種支援役。
 敵の不意打ちを一定確率で無効化する危機感知は超重要。とにかく先手を取って最初のターンで敵を無力化しないと殺されるのがレンジャー5人旅なので、「敵に不意打ちされる≓ゲームオーバー」なのだ。


IMG_1531

 いろいろ整えたことにより、ザコ戦における基本戦術も確立。
 アリスとチグサがフレイムアローorパワーショットで敵を1体潰し、残った敵はユーリ、ナンナ、ララパがブラインドアローで盲目にする。フォーススキル『夢幻陣形』も惜しみなく使い、回避率をより高める。避けて当てるをくり返し、盲目効果が切れるまでに敵を全滅させる。

 また、細かい話だが、MOVE(隊列移動)もフル活用する。
 目安としては前列で2回攻撃を受けるとだいたい死ぬので、1回くらったら後列に下げてあげなければならない。で、かわりにHP全快の誰かを前に出す。
 前列に出せるメンバーがいなくなったら、比較的耐久力の高いユーリを後列に置いてチェインダンス。攻撃を引きつけて、ダメージを最小限に留める。


IMG_1541

 高威力の殺人タックルをかましてくる日大アメフト部みたいなハエ(マッスルフライ)は、最初こそ脅威だったが慣れてきたらカモにできる。
 前・後列貫通のパワーショットがかなり有効で、2発撃てばマッスルフライ2体を一気に処理できる。


IMG_1542

 で、すぐに処理できない残りがいたら、盲目にしてしまえばよい。
 4体も出てこられると一瞬ビビるが、対処法さえわかれば大丈夫。


IMG_1544

 探索を進め、奇跡の指輪をゲット!迷わずララパに持たせる。
 なお、まあまあ順調に来てるっぽいトーンで書いてしまったが、この時点でプレイ時間は3時間半を超えていることはぜひお伝えしておきたい。大丈夫かこれ。

 そして……


IMG_1545

 ヒッ、ヒィィィィ!なんかいるぅぅぅ!!
 次回、初めてのボス戦に挑む!









 もはや夏の横浜の定番イベントであり、『ゲムぼく。』でも過去2年間にわたって紹介してきた、『ピカチュウ大量発生チュウ!』

【関連記事】
2016『ピカチュウ大量発生チュウ!』とポケモンGO。
リアルポケストップにバリヤードも!横浜『ピカチュウ大量発生チュウ!』2017がスゴい!

pika01

 もちろん今年も開催されるらしく、横浜周辺のJR各駅ではチラシの配布やポスターの掲出が行われている。
 今回も例年通り、8月第2週末から一週間の開催。8月10日(金)~16日(木)となる。


公式サイト:ピカチュウ大量発生チュウ!
https://www.pokemon.co.jp/ex/pika_event/



 細かな変更点はたくさんあるが、過去2年との特に大きな違いは、

・ピカチュウだけでなく、イーブイの大行進もある(新港中央広場)
・ポケモンGOの特別なイベント(レアポケモンやリアルポケストップなど)はない

 という2点だろう。
 いずれも、今年はポケモン公式としての推しゲーが『Let's GO!ピカチュウ』『Let's GO!イーブイ』であることの影響だと考えられる。



3d03ef80

 海が近く風通しがよいとはいえ、日陰が少ない横浜みなとみらいエリア。
 酷暑すぎる今年の異常気象を考えると、ポケモンGOを絡めないことは結果的に正解かもしれない。ほぼ毎週末みなとみらいに行っているが、死人が出るレベルで暑いし。


 とても楽しいイベントなので、暑さ対策をしっかりしたうえで、ぜひ遊びに行ってみてほしい。会場内にはかわいいピカチュウキモいぼくがいるので、ぜひ探してみてほしい。





IMG_1463

 ついにこの日がやってきた!
 世界樹の迷宮シリーズ最新作にして3DS最終作、『世界樹の迷宮X』が発売!

 ふつうに購入し、ヒーロー/セスタス/シノビ/ガンナー/メディックみたいな感じでふつうにプレイするつもりだったのだが、発売日が近づくにつれ、前作『V』でのハウンド5人旅があまりにも楽しかったことを思い出し、またああいうことやってみたいなあ、と思うようになった。

 というわけで……


IMG_1589

 進め!レンジャー5人旅!


IMG_1582

【ルール】
・レンジャー5人で旅をする。
・難易度は最高難度(HEROIC)。
・攻略情報は収集しない。

 これだけ。職業がハウンドからレンジャーに変わった以外は、『進め!ハウンド5人旅!』と同じルール。


 ちなみに、なんとなくレンジャーにしたわけではない。下記のような理由がある。

危機回避能力と探索能力が高い。ボス戦はともかく、道中は有利かも。
・行動順が早く、安定して先手を取れる。バランスの悪い同職5人旅において、先手・後手の安定は超重要。(ハウンド5人旅で学んだ)
・弓が使える。前列・後列を問わない。
職業のイメージが『V』のハウンドに近い。ドロップショットなど、ハウンドと共通の技もある。


 根っからの戦闘クラスではないレンジャーで、シリーズ集大成の作品を最高難度プレイ。
 別にゲーム上級者でもないのに一周目からやる内容か?と自分でも思うが、やってみたくなってしまったのでしょうがない。

 また、ぼくは『世界樹の迷宮』というゲームシリーズを信頼している。
 無謀と思える挑戦でも、プレイヤーの努力と創意工夫があれば、それに応えてくれる器量を持ったゲームだと信じている。『V』もそうだったし、派生作品だが『ロストヒーローズ2』もそうだった。
 だからやってみたいと思えるし、きっとやれると思わせてくれる。


IMG_1584
IMG_1585
IMG_1586
IMG_1587
IMG_1588

 キャラメイクも完了!クラスも新たに、彼女たちが帰ってきた!
 以前、「新作がもし出るなら、外見や職業は違ってもまた同じ名前のメンバーで始めたい」と書いたが、まさか同じ外見で始められるとは思っていなかった。DLCさまさまである。

 可能であるならば、速さのアリス、搦め手のユーリ、力のチグサ、万能のナンナ、支援のララパといった感じで育てていきたいが、どうなるかはまだまったくわからない。っていうか、そもそもちゃんとクリアできるのかどうかもわからない。
 半年以上の長い旅になることが容易に予想されるので、ときどき経過を見に来て、ひそかに応援してもらえるとありがたい。


IMG_1583

 よっしゃ!いくぞ、アリス、ユーリ、チグサ、ナンナ、ララパ!
 出陣だァァァー!!


IMG_1590

 ギャアアアアアアー!!






【関連記事】


 新たな神獣戦、『神獣ヘカトンケイル降臨』
 神獣戦イベントはだいたい2週間くらい開催されるので、まあ後回しにしといても余裕だろ、となんとなく無視し続け、8月になり……


FullSizeRender

 ギャアアア!あと1日しかない!
 早い!時の流れって早い!加齢って怖い!!


FullSizeRender
FullSizeRender

 というわけで、あわてて挑戦することにした。
 例によって、チーム1・2・3をそれぞれゴールド・プラチナ・ブラックで固定するという縛りと、攻略情報は見ないという謎の意地は継続。
 そのせいでまあまあ時間がかかってしまった。あと1日しかないというのに、意味不明なこだわりである。我ながらなかなかの縛りプレイ好きである。




 何回目の挑戦だったかは忘れたが、無事に初クリアで★3を取ることができた。誰も称えてくれないので自分で称えるために動画を撮った。
 見どころは、

WAVE1…パイレーツコンビの大火力とミステル&グレンの大活躍
WAVE2…趣味枠かと思いきや意外にもいい仕事をするサラサとシプリア
WAVE3…ほぼ初見だが適当でもだいたいなんとかなるさすがのユニットパワー

 という感じだろうか。
 愛があふれすぎてムリヤリ出撃させては毎回死ぬことでおなじみのサラサがマトモに機能したことに驚きを隠しきれない。
 みんなもサラサを育てよう!1年に1回くらいは役に立つ場面が来るぞ!寝室では毎晩役に立つぞ!!





IMG_1431

 多数の若手女性声優を起用した大作にも関わらずユーザーが地球上に5人しかおらず、キャストと客の人数比が平日の志摩スペイン村みたいになっていることでおなじみの『八月のシンデレラナイン』(通称:ハチナイ)。

 そんなハチナイに、史上最大のビッグニュースが!



 ウワアアアアアアア!
 アニメ化だァァァァァァァ!!

 大丈夫!?このユーザー数で大丈夫!?


 ……と、驚いてはみたが、アニメ化はじつは既定路線である。
 ハチナイを最初期の制作発表段階から見続けてきた人はご存じだと思うが、まあそんな人はほぼいないので誰もご存じでないと思うが、ハチナイは最初から「クロスメディア作品」として発表されていた。アニメ化、漫画化、小説化などはすべて予定内なのだ。むしろ、スケジュール的には遅れ気味の実現とすら言える。
 当初予定からは遅れたが、ハチナイの現状を考えると早すぎるにもほどがあるだろという、ある意味絶妙なタイミングでのアニメ化発表となった。


 しかし、個人的にアニメ化には皮肉やお世辞抜きに本当に期待している。
 ゲームとしてはTSUTAYAなみに過疎が激しいハチナイだが、



 その理由はひとえにゲームとしてそんなにおもしろくないことに尽きる。大好きな作品だし、着々とアップデートを重ねていいゲームにはなってきているけど、「じゃあ絶対におもしろいんだろうな!」と迫られると「あっ、そんなおもしろくはないです……」と言わざるを得ないことに尽きる。


IMG_1432

 つまり、そのほかの要素はめっちゃいいのだ。キャラクターはみんなかわいくて個性的だし、ストーリーは笑いあり涙あり熱血ありで唸らされるし、キャストの演技や楽曲・BGMも個人的にはすごく好きだ。女子野球という題材も掘り下げ甲斐があってすばらしい。
 本当にいい作品なのだ。ゲームとしてそんなおもしろくないこと以外は。


IMG_1433

 すなわち、最大の弱点を克服したアニメ版ハチナイは、約束された良作なのである!
 あとは製作予算がちゃんと出てクオリティが確保されることと、アニメ放送開始前にゲームがサービス終了しないことを祈るばかりである!


 とりあえずアニメ化が発表されたのみで、時期を含めた詳細はいっさい不明。
 ぜひ、続報を楽しみに待ちたいところだ。

 あと、これを機に、地球上に6人目のハチナイユーザーが誕生することも楽しみにしたい。
 あなたですよ!ほら、いまこれを読んでいるあなたですよ!あなたが6人目になるんですよ!早くインストールしなさいよ!!







IMG_1401

 2018年7月27日、無料アップデート第2弾が実装された『星のカービィ スターアライズ』
 さまざまな新要素が追加されたなかで、個人的にいちばん驚いたのが……


IMG_1403

 ドロッチェ強すぎない?

 最初に白状しておくと、ぼくは『参上!ドロッチェ団』をプレイしたことはない。
 そのため、ドロッチェのことは完全に初見だったのだが、そのあまりの強さとかっこよさに一発でファンになってしまった。


IMG_1405
IMG_1406
IMG_1408

 ドロッチェは見た目もいいが、技もいい。
 まず、とにかく技の種類が多い。けっこうクセがあったり、使いどころがイメージしづらい技も多かったりするが、そのぶん使っているとなんだか上級者っぽい気分に浸れる。


IMG_1409

 なにも狙いはないけど、なんかそれっぽいタイミングで↓↑+Bのビックリ箱(サプライズボックス)を置いてみたくなる。

 そして、ドロッチェの強さはなんと言っても……


IMG_1410

 タメBで放てるアイスレーザー!(正式名称は「ごく・アイスレーザー」)
 フルチャージには1秒程度かかるが、射程無制限の多段ヒット貫通攻撃という頭おかしい性能を誇る。
 また、チャージキープができ、それを活用すれば空中での発射も可能。



 見てください、この強さと使いやすさ!
 戦闘エリアが広く、ふつうならあちこち走らされるゴールドン&シルバックス戦だが、アイスレーザーなら壁もザコも無視して撃ち抜ける。全キャラ中ドロッチェにしかできない芸当である。
 元ネタ作品をぜんぜん知らないぼくですら「フゥー!かっこいい!最高!」となるので、きっとドロッチェ団をプレイした人ならもうたまらないだろう。スターアライズおもしろいんでぜひ買ってくださいとしか言いようがない。

 そのほか、ジャンプ中に↓+Bのトリプルスターあたりもかなり強いと評判。


IMG_1402

 ぼくはドロッチェ、娘はアドレーヌ&リボン、息子はダークメタナイトがお気に入り。その構成で、アルティメットチャレンジ最高難度クリアをめざして日々楽しくプレイしている。
 かっこいいですよ、ドロッチェ。オススメですよ、スターアライズ。







【前回】
ぼく、ガチ編成を晒す。(2017夏)[千年戦争アイギス]



aigis_20180729190126

 気がつけば、前回からほぼ丸一年が経った。
 当時262だった王子ランクも300を超え、初見用の汎用編成もけっこう変化した。


aigis_20180729191514

 こちらが、現在の初見マップ用編成。
 おそらく最大の特徴は、ヒーラーがいないことだろう。
 ぼくはリアナくらいしかマトモなヒーラーを持っていないので、だったらハナからヒーラーに頼らない戦いをすればいいじゃん、というのがコンセプト。
 常時隠密のコノハ、自然回復のウェンディ、HP吸収のシルヴィアを筆頭に、空中ユニットなので攻撃を受けづらいナタク、長射程でブロック前に殲滅するレギーナなど、とにかく回復のニーズが低い近接ユニットが並ぶ。これくらいなら、回復はフェルミ、ピピン、プシュケで充分に間に合う。

 とはいっても、さすがに最新の超高難度マップなんかだと上記編成ではなかなかクリアできないことも多いので……


aigis_20180729191517

 こちらが真のガチ編成。
 シルヴィアを外し、重コストだが対ボスで安定しやすいティファを入れている。あとは、回復と火力の両面を補強するためにリアナとエターナーも加入。
 シルヴィアが外れるのは明らかに戦術的な理由だが、ほかに「大好きだから入れてたけど戦力としては正直……」という理由で外れている悲しすぎるユニットがふたりいるので、ぜひ探してみてほしい。だいたいお察しのことと思いますが。


 ちなみに、大総力戦用の編成はこちら。


aigis_20180729191522

aigis_20180729191525

aigis_20180729191527

 考えるのがめんどくさいのでレアリティ別にぶち込むという、極めていいかげんな編成。
 でもこれはこれで、やってみるとけっこう楽しいのでオススメですよ。





IMG_1397

 台風の日、家の中でポケモンGOを起動したら、赤い帯で見たことのない注意書きが出てきてびっくりした。
 いつからそうなのかはわからないが、位置情報から気象状況を判断し、必要に応じて警告を出してくれるようになったみたいだ。めっちゃ親切。


IMG_1398

 でも「先ず安全を確認!」の下の本文のフォント小さすぎない?
 ※「荒天下での活動に際しては、お住まいの地域の各種注意報・警報をご確認のうえ、特に注意を払ってください!」と書いてあります。


炎上
市川雷蔵
2015-09-21



 「神姫プロジェクトっていいところも悪いところもあるよね」と書いたら「いいところなんてねーよ社員死ね」「悪いところなんてねーよ工作員死ね」と両サイドからぶん殴られて炎上した一件を筆頭に、もはやスウェーデンの山林よりも燃えやすいことでおなじみの『ゲムぼく』。

 で、つい最近も昔の記事を切り貼りしたやつが大炎上した。ポジティブに言えばバズった。
 毎回そうだが、こうなると100を超えるリプライがあり、引用ツイートやDMも含めると軽く1,000件を超えるコメントが自分のもとに届く。
 しかし、なかには同じような内容のものも多く、ざっくりくくるとその種類はじつは10くらいなことに気づいた。

 そこで今回は、上記ツイートに付いた実例をもとに、バズったツイートによく付くコメントを10種類にまとめて大紹介!
 ぜひ見てほしい!なんの役にも立たないぞ!!



【1】同意系

 わかる

 わかりみが深い

 いじめっこの巣窟ってのはマジでわかる

 これは……まさに私や!

 理解できないのも多いけど4と7と10は納得

 文章がうまく、内容も面白くて読ませるなぁ。
 毎回毎回、歯をギリギリ噛み締めながら、それでも美容院に行って欲しいw

 美容師ですけどめっちゃ笑いましたし美容師になる前はこれ全部思ってましたwwwww


 いちばん多いリアクション。だいたい「いいね」がセットでつくことが多い。
 全面的であれ部分的であれ、同意してもらえるのはとてもありがたいことだ。



【2】批判系

 偏見の塊

 行かなきゃいいじゃん

 自分美容師だけど美容師は全員ダチ想いで優しいしこれ全部論破できる

 嫌なら死ね


 カミーユは「簡単に人を殺す奴は死ね」だったけど、「美容院が嫌な奴は死ね」は対象多くない!?けっこうな大規模殺戮にならない!?大丈夫!?



【3】発見・考察系

 こういう考えの人もいるんだなあ。自分は美容院好きだから全然思わなかった

 弟が美容院嫌いだけど気持ち分かった気がする

 これだけいいねが集まるって事はこれ全部クリアした美容院があれば相当儲かるのでは

 逆に言えばこういう人たちも気軽に行ける美容室があればなという意味で、サービスを提供する側もビジネスチャンスと捉えるべきだよなあ


 なんかいい感じの気づきを得てくださっているパターン。
 すごくステキなことだとは思うのだがステキゆえにネタにしづらい。



【4】提案・アドバイス系

 気にしすぎですよ!気の持ちようで人は変われます

 こういう人も彼女とかできたら自信ついて行けるようになるんじゃないかな


 そんなあなたに1,000円カット

 最近は1,000円カットっていうのがあって安くて早いですよ〜


 逆にあると思う!?美容院の話をしてる人が1,000円カットを知らないことあると思う!?



【5】同情・心配系

 卑屈すぎてこの人が心配

 このひと美容院の前に精神科とか行ったほうがいいのでは

 なんかいろんなリプきてるみたいだけど大丈夫かなぁ

 美容院嫌いとか人生の半分は損してる……もったいない


 ぼくは「お酒飲まないとか人生の半分は損してる」と言われたこともあるので、人生とは半分が美容院、半分が酒によって構成され、ぼくは人生のすべてを損していることがここに証明された。



【6】定型文系

 ちょw お前有名人じゃんwww


 定型文リプライは中高生などの若者に人気なので、「体重と年齢は多いほどよい」をモットーとしふくよかな熟女をメインターゲットとする『ゲムぼく。』周辺ではあまり付くことがない。
 でもたまにこの手のリプライがもらえると、「やった!女子高生かも!未来のふくよか熟女かも!」とうれしくなる。



【7】自己紹介系

 俺は床屋しか行かない。ひげ剃りも上手い

 私は美容師の友人がいるのでいつも切ってもらってますよ〜閉店後が多いですね~

 私は子供の頃から理容店(散髪屋)を利用してる。一度だけ幼稚園児くらいの頃に母と一緒に美容院でカットしてもらった記憶があるけど


 どうすればいいの!?それはどんな顔で聞いてなにを返せばご期待に応えられるの!?「ええっ!?一度だけお母様と一緒に美容院に!?フゥー!アメイジーン!!」みたいなのが正解なの!?



【8】曲解系

 わかる。そもそも男のくせに美容室行くなって感じ

 うちの地元もそう。美容師は全員いじめっ子しかいないよね。二度と行かない

 美容師ってほんとクズばっかりですよね


 えっ、ちょっと待って!?ぜんぜんそんな話してないんだけど!?
 なんで「俺ら同意見っすよね」みたいなノリなの!?なんでこっちにもナイフ持たせようとしてくるの!?
 やめて!なんかいろいろややこしくなるからやめて!!



【9】おもしろ系

 俺も美容院行かないな。いつもオカンに切ってもらってたからな
 その方がコスパがいいんだよなぁ…
 別にコミュ障ってわけではないんだが他人と長時間会話するってどういうことだ?←友達といる時はめちゃくちゃ喋りますw

 (上記に対して)
 なにその新しいイキリトみたいなやつ


 やめて!リプライ欄で元ツイートよりだんぜんおもしろいこと言うのやめて!!
 ブレるでしょ!そっちに持ってかれちゃうでしょ!!



【10】理解不能系

 7番さん黒目把握です私もそう思うので元美容師割と村目かな~

 ドカベンより先に文豪ストレイドッグスでしょ

 豚と言うわ、水でシャンプーして来るわ、挙句にケツ触って来るけど、普段の事だし、それより町田のお店はどこだよ!

 アベ独裁は,美容師理容師,整体も時間の問題!正常な判断を,奪われてからでは遅い,打ち勝つ先の一手を!

 私にも角刈り禁止令が出ました


 ヒッ、ヒィィィィィ!怖い!!
 なにが見えているの!?どういう思考回路を通るとそうなるの!?
 あれなの!?じつは麻薬取引の隠語かなんかで、これを通じて多額の売買が生まれてたりするの!?
 あと角刈り禁止令ってなに!?ぼくには出てないけど!?




 以上である。どうだっただろうか。思った以上になんの役にも立たなかったのではないだろうか。
 今後バズったツイートを見かけたら、リプライ欄や引用ツイートを見ることもぜひ楽しみのひとつにしてみてほしい。