ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。

39080210-313e-4ad5-87ca-b3b98ea338c2

 毎度思うこととして、最低でも「それが何円分の価値があるものなのか」がわからないと意味がないと思うのだが、どうだろうか。
 これが許されるなら、ぼくだって今ならおちんちん10連タッチ2回無料なのだが、誰かタッチしてくれないだろうか。









 双子の娘と息子の4歳の誕生日プレゼントに、ニンテンドーラボを買った。
 「誕生日、なにがほしい?」という質問に口をそろえて「ヴィンセントロボ!ヴィンセントロボ!」と言うので「神羅カンパニーの改造実験体かな?」と思っていたのだが、何度も根気よくヒアリングするとニンテンドーラボであることがわかった。ヴィンセントロボヴィンセントーロボニンセンドーロボニンテンドーラボ……わかるようなわからないような。


nl102

 買ったのは「バラエティキット」のほう。
 ヨドバシカメラで購入し、税込7,430円だった。

 これ、箱が想像以上にデカく重いので、電車や徒歩で持って帰る人はそれなりの覚悟をしたほうがよい。なんならニンテンドースイッチ本体の2倍くらいはデカくて重い。


nl103

 開封の儀!
 そして写真左端に見切れている、正座で開封を見守る息子!


nl104

 説明書の類はいっさいナシで、「とにかくソフトを起動してみろ、そしたらぜんぶわかるわい」という潔さ。
 ふつうの工作キットがこんな感じだったら「説明放棄か!ふざけんな!」と思ってしまうが、ニンテンドーラボは「まあ、任天堂がそう言うんなら間違いないだろう」という謎の安心感がある。任天堂信者とはこのことである。

 さっそくゲームカードをスイッチ本体に挿し、起動してみる。


nl105

ぼく「へえ、最初にコントローラーの更新があるのか」
娘「こうしんってなに?」
息子「ぼくしってるよ!みんなであるくやつだよ!」

 逆によく行進なんて言葉知ってるな。すげーな。天才か。(親バカ)


nl106

 ニンテンドーラボでやれることは、大別すると「つくる」「あそぶ」「わかる」の3つだけらしい。
 めちゃめちゃシンプルに見えるが、きっとそれぞれがかなり奥深いであろうことは想像がつく。
 なお、ゲーム画面(という呼び方が適切なのかはわからないが)の雰囲気やBGMのノリは、なんとなくリズム天国シリーズに近いものを感じた。個人的にはすごく好き。


nl108

 いちばん初めは、チュートリアルとして「Joy-Conボックス」を作るところから始まる。
 たくさんあるダンボールシートのどれを使うか、どれをしまっておくべきかはぜんぶ示してくれるので親切。

 あと、4歳と一緒に作るにあたってとてもありがたいと感じたのが、ダンボールシートの名称表記。
 単に「ボックス用A」みたいな感じでなく、「電球のマーク」+A、みたいな図柄での表記がされているので、難しい字がまだ読めない4歳でも判別できる。
 画面を見せながら「ほら、でんきのマークのシートを使うみたいだよ」と言ってあげれば、箱から一生懸命探して「これだー!」と見つけてくれる。まだなにも作っていないけど、これだけですでに楽しそう。


nl107

 で、こんな感じにケースが完成。5分くらいでできた。
 ちなみにこれ、ぼくはいっさい手を出していない。「○○のシートを使うみたいだよ」「この穴にこのツメを挿すんじゃない?」くらいの説明はしたが、実作業は完全に娘と息子だけに任せた。でも、無事に作れた。
 ニンテンドーラボの対象年齢めやすは6歳~なのだが、しっかりコミュニケーションを取り、根気よく見守っていけるならば、4歳でも大きな問題なく作っていくことができそうだ。


nl109

 「はやくつぎのやつつくろうよ!」と言うので、いちばんカンタンそうなリモコンカーを作っていく。組み立て所要時間の目安は10分らしい。


nl110

 チュートリアルでもそうだったが、組み立て方法はすべて3D動画で示してくれる。
 進む、戻るが自由自在なのはもちろん、視点をぐりぐり回転させてどんな角度からでも見ることができるので、組み立て方がわからなくなることはまずない。
 カメラ回転をうまく使って、子どもの手元の状態と画面上の表示をつねに同じ向きにしてあげるようにしたら、4歳児でも大半の説明を自力で理解できた。娘と息子で「こことここを、おるんじゃない?」「こっちおさえとくから、そこをまげてみて」と相談しながら作っていた。すげーな。天才か。(親バカ)

 Joy-Conボックスに比べれば明らかに難しいリモコンカーだが、ここでもぼくは見守り役に徹することに。
 さすがに目安の10分より時間はかかったが、15分~20分くらいで……


nl112

 でっ、できたァァァァァ-!!

 「なんか好きなシールとか貼ってデコってもいいみたいだよ」と説明してあげようと思っていたのだが、なにも言わなくても勝手にポケモンパンのシールとマリオのマスキングテープを貼り始めた。すげーな。天才か。(親バカ)

 やはり「自分で作った」というのは子どもたちにとってかなりうれしいことのようで、「パパ、しゃしんとって!」とか「これはぼくのロボだから、かってにパパがさわっちゃだめなんだよ!」とか言われた。早くも愛着がすごい。


 というわけで、4歳児でもリモコンカーまでは余裕で作れることが判明!
 次回はこれで遊んでいくぞ!



【今回のまとめ】
・4歳でも、Joy-Conボックスとリモコンカーは問題なく、とても楽しく作れる。
・ただし、親の解説や見守りが必須。組み立て時間も標準よりは長くなる。
・かといって手を出すと子どものやりがいを削いでしまうので、さじ加減が難しい。
・ヴィンセントロボではなくニンテンドーラボ。




 ウオオオオオオオ!!
 ナイスデブ!ナイスだるま体型!!
 (注:ぼくは重度のデブ専です)



 オトギフロンティア始めました!!


oto01

 ウオオオオオオオ!
 出ろォォォォォォォ!!


oto02

 ……


oto04

 ウオオオオオオオ!
 PC版ならどうだァァァァァァァ!!


oto03

 ……


oto05

 オトギフロンティア引退しました!





ps001

 闇司祭プシュケというダークプリーストがいる。
 ここ数ヶ月ずっと副官に設定しているくらい、お気に入りのキャラだ。

 プシュケの魅力は、なんと言ってもふわふわ感である。
 先日実施され、投票総数2億4,000万を記録した「千年戦争アイギスふわふわ女子総選挙」(6月1日~6月7日。ぼくの脳内で実施)では堂々の1位を獲得し、脳内で大きな話題となった。


 そこで今回は、そんなプシュケの魅力を世に広めるべく、ふわふわ闇司祭プシュケのふわふわポイントを5つに整理して大紹介!
 天に昇る浮遊感にも似た、母性とやさしさにあふれるふわふわ感にみんなで甘えよう!!



「おっとり」とか「ママ」とかではない。これはもう「プシュケ」というジャンルだ!
ふわふわ闇司祭プシュケのふわふわポイント5選!



【1】カラダがふわふわ

ps002

 プシュケは立ち絵の時点で柔らかそうな身体つきをしているが、テキストでも明確に「ふかふかとした双乳」「どこもかしこも柔らかい肢体」「まろやかな尻」などふわふわボディであることが言及されている貴重なキャラである。オフィシャルにふわふわであることが認められたオフィふわである。
 なお、ときに混同されがちなのだが、「ふわふわ」は「むちむち」とは違う、ということはぜひ言っておきたい。女性の肉付きを研究して数十年の肉付きマニアのぼくが言うのだから間違いない。
 プシュケはむちむちではなく、ふわふわである。ゲーム中のイラストやテキストでも、その違いをきちんと意識した描写がなされている。
 すばらしいです、ありがとうございます、と言いたい。



【2】性格がふわふわ

ps003

 プシュケは内面もふわふわである。
 優しくて、穏やかで、のんびりしていて、お昼寝が好きで、とがったところが本当にひとつもない。性格が河原の石かと思うくらい丸い。
 おっとりキャラによくある設定として、「怒ると怖い」とか「○○のことになると目つきが変わる」とかあるが、プシュケはそれもない。終始一貫してぽわ~っとしている。もはやふわふわ星からふわふわするためにやってきたふわふわ星人である。
 ありがとうございます、ぼくたちが求めていたふわふわはそういうことなんです、としか言いようがない。



【3】性能がふわふわ

ps005

 大好きだからこそハッキリ言うが、プシュケはユニット性能が微妙である。
 そもそもダークプリーストというクラス自体がマイナー寄りだし、アビリティやスキルもどんなマップにでもハマりそうでどんなマップにもハマらなさそうななんとも言えないやつを持たされている。「プシュケってどこで使えばいいの?」と聞かれたら「うーん、寝室?」としか答えられない感じのふわふわ性能になっている。
 でもそれがいいんだ!限界まで育てたプシュケを持っているだけで「プシュケ大好きなんですね」と言われてしまうこの感じがたまらないんだ!そうです大好きなんです!!



【4】存在がふわふわ

ps004

 身体も性格も性能もふわふわであるプシュケは、ふわふわすぎて存在感すらふわふわしている。みんなからの忘れられぶりがけっこうすごいほうのキャラである。
 実装時の緊急ミッションなどで描かれた設定から言えば「闇の力と癒しの力を併せ持つ」みたいなのが特徴のひとつだと思われるが、それはもう爆乳前貼り痴女ことユーノで何年も前にやったやつだし、そもそもダークプリーストな時点で闇と癒しってふつうだし……と、王子たちの記憶に深くは刺さらなかった。
 また、ダークプリーストとして、ブラックユニットであるドロテアのあとに実装されてしまった、という登場順の不運もあったかもしれない。もしプシュケが史上初のダークプリーストだったら、その印象度はかなり違っただろう。
 でもそれがいいんだ!話題になることが少ないからこそ、逆にプシュケを独占できている気分になれて幸せなんだ!!



【5】絵師がふわふわ

ps0067

 プシュケの絵師は「津名ある子」さんなのだが、じつはこの方はかなり正体不明である。


u

 検索しても、情報がほとんど出てこない。


EA42Vanity
EA42VanityEE

 プシュケのほかには、『サッカースピリッツ』というゲームでベニティ(バニティ?)というキャラを描いていたらしい、ということはわかったのだが、それ以外は本当になにもわからない。謎に包まれまくっている。
 プシュケというキャラを生み出してくださったことに感謝しかないので脈絡もなく直接お金を振り込みたくてしょうがないのだが、口座情報はおろかサイトもSNSも、口コミやウワサすらも見つからないのだ。どういうことなんだ。
 「津名ある子」というペンネームになにかヒントがあるかもと思い、兵庫県淡路市の津名について調べたりアルコ&ピースのラジオを聴いてみたりしたが、やっぱりなにもなかった。
 世にふわふわキャラは数あれど、その生みの親までふわふわしているというのは闇司祭プシュケが史上初ではなかろうか。
 誰か情報ください、津名ある子氏これをご覧でいらっしゃったらご連絡くださいとしか言いようがない。



ps100

 というわけで、すべてがふわふわしていて魅力的すぎるプシュケをみんなも愛そう!
 そして津名ある子先生!ご連絡をお待ちしています!
 いや、なんならご連絡なくてぜんぜんいいんで、ぼくがプシュケを、先生の絵を大好きなことだけ伝えさせてください!エゴサーチとかしてこの記事を見つけてくださることを切に願います!検索に引っかかりやすいように連呼しときます!津名ある子先生!津名ある子先生ーー!!ツナーーー!アルコーーー!!






アルコ&ピース「東京スケッチ」
アルコ&ピース
2017-12-21


93d00140


 ちょっとくらい浮気の心配してくれてもよくない!?
 いくらぼくが自分より体重が軽い女性と自分より年齢が低い女性を愛せないアナルゆるゆる早漏仮性包茎だからって心配しなさすぎじゃない!?誰がアナルゆるゆる早漏仮性包茎だコノヤロー!!






 『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』をクリアした。
 すばらしいゲームだった。十何年ぶりかに、人生のベストゲームが更新された。

 リンクの一挙手一投足がすべて意味を持ち、世界になんらかの影響を与えていく。リンクに変化をもたらしていく。プレイヤーの心を動かしていく。
 いつまでも、永遠に、このワクワクする世界を冒険していたいと思わされた。


IMG_9992

 しかし、「冒険者としての好奇心」が増すにつれ、「勇者としての使命感」も強くなってくるのが、『ブレスオブザワイルド』のすごいところだ。
 すべての神獣が厄災ガノンに狙いを定め、英傑の力がリンクに集結していく。リンク自身もすべての記憶を取り戻し、かつての大厄災で人々が、英傑が、ゼルダ姫が、どんな覚悟で戦い、どのようにリンクに望みを託したかを知っていく。

 そうすると不思議なもので、心底「早く世界を救わなければ」と思うのだ。闇に覆われたハイラル城をシーカーストーンのカメラ越しに見るたび、心が痛むようになるのだ。

 ゼルダ姫はいまもあそこで、孤独に、百余年に渡る封印の戦いを続けている。リンクを、ぼくを、信じて待っている。
 早く助けたい。早く行かないと姫は力尽きてしまうかもしれない。
 本気でそう思う。ゲームのシステム的には、そんなことは起きえないのに。


 だから、クリアした。
 「終わらせたくない」冒険者の好奇心と「終わらせたい」勇者の使命感がぼくのなかで何度も激闘を繰り広げ、後者が勝った。ゲームでこんなに葛藤したのは初めてだ。

 ラストバトルは、感動的な、という言葉で収めていいものか迷うくらい、感動した。
 寄り道だらけの長い旅でリンクは成長しまくっていたので苦戦しなかったけれど、やはりガノンは存在として脅威だった。


 そして、ハイラルに平和が戻った。
 リンクとぼくの150時間を超える旅は終わった。ぼくのプレイを150時間以上ずっと隣で見ていた妻とふたりの子どもの旅も終わった。
 子どもたちは「リンク、かったんだね!」と喜び、妻は「終わっちゃったねー」と少し寂しげだった。
 ぼくもそうだ。うれしいし、寂しい。

 エンディングを見たし、150時間も遊んでだいたいのことはやり尽くした。
 もう、ゼルダを起動することはなくなっていくんだろうな……と思いながら、★マークが付いたクリアデータをロードしてみる。

 マップ画面を出してみると、左下に、マップ踏破率か全要素のコンプリート率かはわからないけれど、なにかの達成率らしき数字が表示されるようになっていた。


 “22.30%”


 「は!?」と大声を上げるぼくである。「どうしたの?」と寄ってくる妻である。
 ふたりして数字を見て、目を合わせて、今度は大笑いする夫婦である。わけがわからん、という顔で不思議がる子どもたちである。

 よかった。まだ、いっぱいあった。
 リンクとぼくは、いや、リンクとぼくたち家族は、ハイラルでやり残したことが77.7%もあるのだ。
 未達成ぶりを喜ぶなんて変な気もするけれど、本当にうれしかった。
 これからもしばらく、我が家の食卓は「ゼルダ」が話題の中心であり続けそうだ。


 リーバルが好きで、しのび料理とゲルドの弓を好む慎重派のぼく。
 ウルボザが好きで、魔物の巣を見ればすぐに殲滅をとなえる武闘派の妻。
 ダルケルが好きで、祠を見つけるのが誰よりも早い息子。
 ミファーが好きで、料理のポーズと鼻唄を必ずマネする娘。

 4人に見守られながら、リンクは走る。


 今日も、あしたも、あさっても。
 我が家のハイラルに日が昇る。


IMG_9993





 ハプウの大試練を乗り越え、ポニの大峡谷へ。
 ゲーム中のトレーナーのセリフによると、かなりの難関らしい。


IMG_9899

 野生のポケモンとの戦闘を避けるため、ゴールドスプレーを常時使用。
 レベル上げができないのは痛いが、レベルが上がりすぎて指示を聞かなくなるのはもっと痛い。


IMG_9895

 しかし、ザコと戦わないということは、道中のトレーナー戦につねに全力を注げるということでもある!
 全快状態で挑めば、そこらへんの一般トレーナーなんて


IMG_9897

 ギャアアアアアア!!

 ぜんぜん余裕じゃなかった。どいつもこいつも強すぎる。
 敵とのレベル差が少なくなりゴリ押しができず、敵の手持ちポケモンは複数があたりまえ、こちらのZワザやばけのかわはけっきょく一回限りのため、勝ち抜きで複数匹を倒すのはどんどんつらくなってきた。回復アイテムやPPの減りも早い。

 なにか、回復アイテムもPPも節約できるようないい手段があれば、とバックパックをあさった結果、見つけたのが……


IMG_9903

 きゅうけつのわざマシン。
 タイプ一致でなく、半減されることも多いむしタイプのわざだが、威力が80もありHP吸収効果を持つ。これは強い!
 ひとり旅において攻撃と回復を一手で行える吸収系の技がどれだけ有用かというのを、ぼくはすでにロストヒーローズ2のゴッドガンダムひとり旅で学んでいる。

 そして、わざマシンでの習得ということは、もしPPが尽きてもわざマシンで覚え直せばPPが全回復!実質PPが無限!イヤッホウ!


IMG_9905

 シャドークローを消して、きゅうけつを入れる。


IMG_9904

 どうぐはゴーストZから『おおきなねっこ』に変更。回復量を1.3倍にできる。
 与ダメージの50%を回復する効果が1.3倍になるということは、65%回復。けっこうすごい。

 こうして覚えたきゅうけつを連発することで……


IMG_9937

 タイプ的に有利な相手は、もちろん余裕で撃破!


IMG_9938

 キノコのほうしねをはるで長期戦をしかけてくるマシェードは、みがわりでねむりを防ぎ、きゅうけつでこっちもHPを回復して対抗し、撃破!


IMG_9939

 撃破!
 あっ!ぼく好みの素敵なババア!


IMG_9940

 撃破!!


IMG_9941

 途中でフェアリーZも手に入れ、じゃれつくをZワザ化できるように。取れる戦法がまたひとつ増えた。


IMG_9943

 ぬしのジャラランガは、ドラゴン/かくとうという、フェアリーにとってはカモでしかないタイプ。


IMG_9944

 Zワザ化するまでもなく、じゃれつく一発でドーン!


IMG_9945

 試練達成ドーン!

 やったぜミミッキュ!強いぜミミッキュ!





 上の句と下の句にまったく関係がないという斬新すぎる短歌!

 さらに……


IMG_9988
IMG_9989

 「どうやっても通知バッジを消せない」という几帳面な人なら発狂しそうな不具合を出してでもログインさせようという心意気!


 さあ、いますぐキミもハチナイを始めて謎の短歌消えないバッジを受け取ろう!!





Nintendo みまもり Switch
Nintendo みまもり Switch
開発元:Nintendo Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ


【関連記事】
すごいぜ!みまもりSwitch!

http://gameboku.blog.jp/archives/75147248.html


 子どもがいる家庭用のアプリだと思われがちだが、じつは大人のゲームプレイ記録自動管理アプリとしても使える「みまもりSwicth」。

 みまもりSwitchをスマートフォンに入れていると、毎月の頭に「月のまとめ」が届く。
 先月はニンテンドースイッチでどれくらい遊んだか、みたいなことをまとめて報告してくれるのだが、これが全自動で勝手にやってくれるやつとしては極めて有能なので、そのポイントを3つほどご紹介したい。



みまもりSwitch「月のまとめ」のココが有能!


1. 遊んだ日数と日ごとのプレイ時間を振り返れる

ms01

 先月は何日スイッチで遊んだか、それは前月と比べて何日増減したかがわかる。
 また、カレンダー部分をタップすれば、1日ごとに何時間何分プレイしたかも確認できる。
 「今月もいっぱい遊んだなあ」とか「あ、この遊んでない日は泊まりで出張だった日だな」とか「あれっ、結婚記念日なのに一日中ゼルダしかやってない……殺される……」とかの気づきを得ることができる。有能。



2. 遊んだ日数ランキングと遊んだ時間ランキングが出る

ms02

 こうして、一ヶ月のなかで遊んだ日数が多いゲームランキングと、


ms03

 遊んだ時間が長いゲームランキングを出してくれる。
 毎日コツコツ遊ぶゲームとたまにガッツリ遊ぶゲームの違いを集計として実感できたり、「あっ、妻に『絶対そんなやらないでしょ』って言われたのに『うるせー!めちゃめちゃやるっつーの!』って押し切って買ったGジェネほとんどやってない……殺される……」と気づけたりする。有能。



3. 前月比較ができる

ms04

 「月のまとめ」は蓄積されていくので、前月との比較も容易。
 「あっ、ついに初めてゼルダが1位じゃなくなったぞ」とか、「先月はこのゲーム買ったんだなあ」とか、「あっ、けっきょく先月も先々月もババアを着せ替えて遊ぶためにしかポッ拳やってない……『うるせー!めちゃめちゃやるっつーの!むしろプロになってEVOとか出るっつーの!』って言って買ったのに……殺される……」とかに気づくことができる。有能。




 というわけで、みまもりSwitchには有能な機能がもりだくさんなので、もしまだ使っていない人がいたら、ぜひスマホにインストールしてみてほしい。
 自分がスイッチをどれくらい活用しているか把握するのにも便利だし、妻の殺意を察知するのにも便利ですよ。