ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。

IMG_8707

 ある日、iPhoneでブラウジングをしていたら、突如こんなポップアップが出てきた。


おめでとうございます!
Googleをお使いのあなた!
本日の無料iPhone X、iPad Air 2、Samsung Galaxy S6のいずれかの当選者に選ばれました。
(以下略)


 で、これ、『閉じる』を押すとただ閉じるわけではなく、別サイトに飛ばされる。


IMG_8708

 こんな感じ。「ribbongifts.racing」という謎のドメイン。
 これ、先に言ってしまうともちろん詐欺なのだが、詐欺サイトとしてとてもよくできている点が多々ある。

・Googleを使っていない人は世の中にほぼおらず、「Googleをお使いのあなた!」と言われると誰でもちょっと反応してしまう
・「Googleメンバーシップ・リワード」という名前がなんかそれっぽい
・詐欺サイトにしては画面デザイン・レイアウト・文章構成などがよくできている
・「他ユーザーに権利が移行するまで◯◯秒です!」とリアルタイムでカウントダウンが進む。あせらせ、冷静にさせない仕組みがある

 などなど。
 ちゃんと見れば、Googleロゴの縦横比がおかしい(本物ならブランドロゴを歪ませて使うことはありえない)とか、ドロイド君のアイコンもちょっとヘンとか、サイト上部にあるメニューやボタン類は押せない(ただの飾り)とか、そもそもGoogleがApple端末プレゼントするわけねぇじゃんとか、いくらでもおかしいところはあるのだが、急かされて冷静さを失っている状況だと、だまされる人がいてもおかしくない。


IMG_8709

 同ページ内には、プレゼントを受け取るために3つの簡単なクイズに答えてくださいというステップや、プレゼントを得た人のコメントっぽいコーナーまで用意されている。芸が細かい。

 ためしに、端末情報や回線情報が極力漏れないように保護をかけたうえで、あえてクイズに回答してみた。しかも、わざと間違った答えを入れてみた。


IMG_8710

 ひええ!なんか全問正解扱いになってるゥゥゥ!
 ちょっと強引じゃない!?「一部不正解がありましたがラッキーチャンスで当選しましたよ」とかでもよくない!?



 というわけで、細かく見たらアラはあるものの、ひさびさに「だまされる人がいるのもわかる気がするなぁ」というクオリティの高い詐欺サイトだった。
 景品がスマートフォンだったから冷静になれたが、もし「宮崎美子がQさまで着たセーラー服(未洗濯)が当たりました!」だったらあわてて2千万円振り込んでいたと思う。(注:ぼくは重度のババ専です)


 最後に繰り返しておきますが、「Googleメンバーシップ・リワード」という文言(または類似の文言)を含むGoogleっぽいサイトに飛ばされたら、それは詐欺です!絶対にそのままアクセスを続けてはいけません!!
 ちなみに、URLは複数存在するようで、「ribbongifts.racing」でない場合もあるので注意。


 以上、数年に1回くらい思い出したように人の役に立つ記事を書く『ゲムぼく。』からのお知らせでした。


 アニメ『からかい上手の高木さん』を、ながら見だがいちおう全話観た。
 話のおもしろさや高木さんのかわいさや西片のかわいさについてはみんなさんざん語っているだろうからいいとして、ぼくがいちばん衝撃を受けたのは、第1話をなんとなーく観たあとのエンディングだった。


 EDテーマが『気まぐれロマンティック』だったのだ!
 そ、そうか!そうやって聴かされてみれば、曲名も歌詞も高木さんにピッタリ!っていうかもはや高木さんのための曲なんじゃねえかという気すらしてくる!
 ぼくはいきものがかりが好きで、なかでも『気まぐれロマンティック』がいちばん好きなのだが、まさかそこと高木さんが結びつくとは。そしてこんなにハマるとは。

 そして、『からかい上手の高木さん』のエンディングは、その後も高木さんが歌う名曲カバーによって紡がれていった。


IMG_8755

 というわけで、そんなカバーソングをまとめた『からかい上手の高木さん Cover song collection』を最近はずっと聴いている。最低でも1日1時間は聴いており、長い日には9時間聴いていた。


IMG_8756

 このカバーソングコレクション、ハッキリ言って最高である。なにが最高かというと大きく3つあって、「20〜30代を狙い撃つ選曲が最高」「高橋李依が高木さんとして歌う歌声が最高」「原曲をリスペクトしつつ遊び心あるアレンジが最高」である。
 あまりにも最高なので、こまけぇことはいいんだよ!試聴したらよさがわかるから試聴しろ!そして買え!と言いたいところだが、それだとさすがにアレなので、全7曲のなかでもぼくが特に好きな3曲のイチオシポイントをカンタンに紹介しておきたい。


■気まぐれロマンティック
 高木さんが歌うともともと高木さんの歌だったとしか思えないくらい高木さん。マジ高木さん。カラオケに一緒に行ってこれを聴かされた西片はどんな顔をするのだろう。
 原曲は「元気・明るさ」が前面に出た歌い方だが、高木さんバージョンはそこに「イジワルさ」がプラスされており、まさに気まぐれロマンティック。
 「ちょっと心が揺れてる」の「ちょっと」の言い方が最高にかわいい。


■風吹けば恋
 チャットモンチーの疾走感あふれる名曲。
 ぼくはまあまあ重度のチャットモンチーファンであり、聴き始めた直後は「原曲とキー違うじゃねえか!ふざけんな!」とファン特有のめんどくさい怒り方をしたのだが、歌い出しの10秒くらいで「あっこれいい……高木さんめっちゃ歌うまい……」と手のひらを返した。
 テンポが速くて音の上がり下がりも激しく、めちゃめちゃ難しい曲なのだが、それを完璧に歌い上げる高木さん(高橋李依)の歌のうまさがいちばんよくわかる1曲。
 キーを落としていることもあってか、アレンジは控えめでほぼ原曲通り。高木さんの歌い方も原曲にかなり忠実。「高木さんがチャットモンチーをマネして歌っている」感じが出ていてすごくいい。
 曲の最後、超高音になる「行け!行け!私の両足」のファルセットがすごい。うまい。


■出逢った頃のように
 誰もが知る、Every Little Thingの超名曲。1998年なので、少し古めではあるが。
 このストレートなラブソングをあえてアルバムの最後にあたる7曲目に持ってくるあたり、制作陣の意図を強く感じる。高橋李依の歌い方も、ELTに寄せるよりは明らかに高木さんらしさを出そうとしている。
 すなわち、「最後の最後で、高木さんが素直に自分の恋心を歌にした!」という感動がある1曲。と同時に、「あ、でもひょっとしたら、これすらも高木さんの『からかい』なのかも……」という疑念もやっぱり残り、そういう意味で高木さんらしさが最高に詰まっている。
 また、2番の後の間奏にオープニングテーマのメロディーを入れるというアレンジもすばらしい。もともとこういう曲だったんじゃないかというくらい自然に溶け込んでいて、楽曲として非常に完成されている。


IMG_8757

 というわけで、この3曲だけでもいいのでぜひ聴いてみてほしい。CDでも配信でも買えるし、Apple Musicなどの定額制サービスでも聴ける。
 これ、単に「アニメのED曲集」と認識しておくにはもったいない名盤ですよ。





 なんなの!?
 デブキャラ実装してくれるの!?してくれるなら5万までは払う用意があるけど!?



魔王の始め方1 魔王の始め方シリーズ (ビギニングノベルズ)
笑うヤカン
キルタイムコミュニケーション
2015-02-03

 

hito01

 ぼくはカラオケが好きである。とりわけヒトカラ(ひとりカラオケ)が好きである。
 ヒトカラの楽しさをみんなにも知ってほしい、とつねづね思っている。
 そこで今回は!

「ヒトカラって興味あるけど、なんか恥ずかしいし……ちょっと怖いし……」

 そんな人のために、ヒトカラに向く時期と向かない時期をわかりやすく月別にまとめてみたぞ!
 ぜひ、ヒトカラデビューに役立ててほしい。


ヒトカラデビュー
(画像クリックで拡大)



hito02

 これを書いている今日も、ヒトカラに行ってきたぼくである。
 みなさんもよいタイミングを見つけて、素敵なヒトカラライフを。




dfaf8191
41cbcce9













 そしてぼくたちはそんなハクノカミ様を愛してる!








 

【関連記事】
もう食べた?松屋の「ごろごろ煮込みチキンカレー」が激ウマ!


 松屋が好きなぼくである。
 最近ほとんどの店舗で電子マネー対応の券売機が整備されて、ますます好きなぼくである。

 そして今年も、この季節がやってきた!


IMG_8571

 ウオオオオオオオオ!
 ごろごろ煮込みチキンカレーが復活だぁぁぁ!!

 大興奮のぼく!駅前で人目もはばからず看板の写真を撮りまくり妻に電話までするぼく!ドン引きする周囲!「えっ、なに?なんかすごいことなの……?」とぼくの勢いにだまされ、つられてなんとなく看板の写真を撮る男子中学生!「そんなことでいちいち電話かけてくんな切るぞ。わかったよ今度一緒に食べようね」とツンデレの妻!大好き!今晩絶対抱いたろ!


IMG_8572

 あいかわらず悪ふざけかと思うようなチキンの量で、「ごろごろ煮込みごろごろチキンごろごろカレーに改名したほうがよいのでは」と思わざるを得ないごろごろ感なので、同メニューのファンはもちろん、去年食べ損ねてしまった人などもぜひ。ぜひぜひ。プラス100円で生野菜セットもありますよ。ぜひ。ぜひぜひ。
 少し辛めなので汗をかきやすいことと、ボリュームがすごいのでお腹をすかせてから挑んだほうがよいことには気をつけて。

 去年も書いたけど、590円でこれよりウマい食べ物はそうそうないですよ。たぶん。



前回までのあらすじ】
 3章セリカ編、ついにどっちに進んでも勝てないという非常事態に!
 どうするどうなるセリカ軍!意外と難しいのか女性限定旅!



 敵軍にまったく歯が立たないことが判明したので、セリカ軍を鍛え直すことに。

 とはいえ、ダンジョンをうろつくのは手間がかかるし、DLC(ダウンロードコンテンツ)に頼るのはリアルマネーがかかってしまう。
 そこで……


IMG_8496

 祈祷師との遭遇戦を利用することに。
 祈祷師は無限にゾンビを召喚するので、ゾンビを倒し続けることで無限にレベル上げができる。
 ゾンビ1体から得られる経験値は少ないが、そのぶん弱いため、かなり安全。画面を逐一チェックしなくても、適当にターン送りして反撃で倒し続けるだけでよい。


IMG_8497

 この方法のデメリットは、ステータスの厳選はしづらい、ということ。
 時間がかかるし、一度の戦闘で何度もレベルアップさせることになるためだ。
 まあ、ここは細かいことは気にせず、少しでも強くなればオッケーと考えることにする。

 この祈祷師レベル上げを、1時間ほど行った。余談だが、羽田から福岡に向かう飛行機内でずっとやっていた。隣には見知らぬ小学生が座っていたのだが、無表情で美少女にゾンビを倒させ続けるぼくを見て彼は何を思っただろうか。

 しかし、その努力の甲斐あって……


IMG_8498
IMG_8499
IMG_8500
IMG_8501
IMG_8502

 5人全員をレベル18〜19まで上げることができた!
 特に、カチュアがよく育った。ナイトキラーを持たせてもなお17あるSPDが、このあと活きることになる。


IMG_8504

 レベル上げついでに、手持ちの銀貨でてやりとナイトキラーを強化。


IMG_8506

 そして、ディーン軍との再戦へ。
 前回はディーンどころか一般兵にすら歯が立たなかったが、今回は違う!


IMG_8508

 このマップにおける、一般兵(剣士)のSPDは15。
 SPDが17あるカチュアなら、2回攻撃できるのだ!


IMG_8509

 将棋の穴熊よろしく、マップの端を利用して陣取る。
 カチュアを1マスだけだが飛び出させて、狙われやすい位置に置いておく。


IMG_8511

 ジェニーは毎ターン幻影兵を召喚し、敵(おもにディーン)のターゲットを散らす。そのスキに、カチュアが中心となって一般兵を少しずつ減らしていく。


IMG_8512
IMG_8507

 ディーンにはマトモに接近戦をしかけても勝ち目がないので、メイに任せる。
 ジェニーはイリュージョン、セリカはジェニーの回復で忙しいので、魔法攻撃ができるのは実質メイしかいない。


IMG_8513

 ファイアー2発でディーン撃破!さっすがメイちゃん!


IMG_8514

 あとは、おとりの幻影兵を適度に補充しながら、カチュアでアタック。


IMG_8515
IMG_8516

 よっしゃ!なんとかクリア!カチュア大活躍!
 そして、この戦闘と直後の遭遇戦1回を経て……


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

 5人全員がレベル20に!
 やった!次回、クラスチェンジ祭りをお届けします!!




fre001

 2018年4月5日のアップデートで、砲術士に第二覚醒が実装された。
 

fre002

 ぼくはアイギス界きっての性能厨であり、ブラック交換チケットを性能面だけ見てフレデリカに使ったことで知られる。
 そんな高性能なフレデリカが第二覚醒によりさらにパワーアップとなれば、黙ってはいられない!


fre003

 第二覚醒の選択肢は、『超重巨砲士』か、


fre004

 『ハイキャノンマスター』か。
 いずれも強いことは間違いないのだが、強さのベクトルが大きく異なる。慎重に見比べる必要がありそうだ。


frea001
freb001

 まずステータスだが、これは圧倒的に超重巨砲士のほうが優秀。
 攻撃力と射程という最重要の項目はもちろん、HPもかなり高い。
 ここだけ見れば、超重巨砲士で決まりじゃん、となる。


frea002
freb002

 しかし、超重巨砲士はクラス特性において、攻撃後の硬直増加というマイナス要素を持つ。
 逆にハイキャノンマスターは硬直減少を持つので、この点では圧倒的に有利。悪天候の影響を受けないことも含めて、普段使いを考えるならハイキャノンマスターか、という気がする。


frea003
freb003

 あとは、スキルとの相性も考慮する必要があるだろう。
 ぼくはフレデリカをスキル覚醒させず運用しているが、その場合、相性がよいのはどちらだろうか。一撃とロマンの超重巨砲士なのか、手数と汎用性のハイキャノンマスターなのか……


fre004

 うーん。これはかなり難しい選択だ。
 どちらも捨てがたい魅力があり、どちらでもぼくのプレイスタイルにはハマりそうな気がする。


fre005

 いっそ、育成資源に余裕があるなら「両方育ててしまう」という手もあるのだが、


fre006

 ぼくはAVの買いすぎでDMMポイントを死ぬほど持っているとはいえ、アイギスのために直接お金を使ったことは一度もない無課金勢だ。当然、そこまでの余裕はない。


fre007

 同じユニットを2体も育てるなんて、よっぽどの理由がないとありえない。


fre008

 うーんうーん。
 はたしてけっきょく、どっちがいいのだろうか……


fre009

 第一覚醒の時点ですでに常時スタメンに入れていたことを考えると、同じ感覚で使えるハイキャノンマスターか……?


fre010

 いやいや、これから魔神級などの超高難度マップにも臨むかもと考えると、一芸に秀でる超重巨砲士か……?


fre011

 うーん、どっちがいいんだ……
 まさかどっちも育てるなんて非合理的なことは、よほどなにか、理屈をぶち壊すほどの理由がない限りはありえないし……



frec

 理屈ドゴーーーン!!



おっぱい
2012-07-11