ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。

 『浦風の広島弁を徹底解説する。』の回でも述べたとおり、広島出身かつ巨乳好きのぼくは浦風が好きだ。
 なので、浦風が(いろんな意味で)実用的な広島弁を教えてくれるbotを作った。


 urakazebot_1
明日使える!浦風広島弁講座bot
https://twitter.com/urakaze_jaken



 広島弁と標準語をつねに併記で教えてくれるので、広島弁ビギナーも安心。
 日常会話から、薄い本組同士の抗争に使えそうなものまで、幅広いジャンルの広島弁を教えてくれる。

 たとえば、こんな広島弁。

-----
 うち、浦風じゃ。よろしゅうね!
 (私、浦風です。よろしくね!)
-----
 提督、なんか困っとるん?大丈夫よ、うちにまかしときんさい!
 (提督、なんか困ってるの?大丈夫だよ、私にまかせときなさい!) 
----- 
 ……提督?触りたいんはわかるけど、たいがいにせにゃあいけんよ?
 (……提督?触りたいのはわかるけど、ほどほどにしないとダメだよ?)
-----
 ほいでも好きなんよ、提督さんのこと。
 (それでも好きなの、提督さんのこと。)
-----
  提督さん、なんでそがあないごいごしとるん?うちがどうかしたん?
 (提督さん、どうしてそんなにそわそわしてるの?私がどうかしたの?)
-----
 一発で仕留めちゃるけえのう!覚悟せえよ!
 (一発で仕留めてやるからな!覚悟しろよ!) 
-----
 磯風と浜風と谷風とよったりであるきょおたら、猫がようけおったんよ!みんなでえっといろうとったわ。
 (磯風と浜風と谷風と四人で歩いてたら、猫がいっぱいいたの!みんなでずっと触ってたわ。) 
----- 


 広島弁を知りたい人、浦風を二次創作などでしゃべらせたい人はぜひ。

広島人の頭の中 (中経の文庫)
広島研究委員会
中経出版
2013-09-21

151117_1

 うちには1歳半の双子がいるので、毎日Eテレの『おかあさんといっしょ』を観ている。

 『おかあさんといっしょ』といえば、歌のおにいさん・おねえさん、体操のおにいさん・おねえさんであるが、現・体操のおねえさん「上原りさ」さんが人としても女性としてもあまりにも魅力的なので、今回はそれについて語りたい。
(正確な肩書きは「体操のおねえさん」ではなく「パントのおねえさん」だが、わかりやすくするために「体操のおねえさん」として扱う)



上原りさおねえさんの素敵すぎる魅力6つ


その1 ちょうどいい美人

 歌のおねえさん・体操のおねえさんというのは、誤解を恐れず言えばちょいブスが多い。
 実力が必要だから顔で選んでいられない、という事情があるし、美人すぎると視聴者が親しみづらい、というのもあるのかもしれない。
 しかし、その中にあって、りさおねえさんは美人である。それも適度に親しみやすい「ちょうどいい美人」である。
 全体的に整った顔に、大きな口がチャームポイント。1991年生まれという若さもあって肌も抜群にキレイ。


その2 顔芸がスゴい

 ちょうどいい美人のりさおねえさんだが、Webで画像検索してみると、いい感じの写真やキャプチャ画像は意外と少ない。
 それにはちゃんと理由がある。りさおねえさんは表情が豊かすぎて、「ふつうの顔」をしているときがあまりないのだ。
 笑うときは漫画だったら「ガハハハ!」と描き文字がつきそうなくらい大きな口を全開にして豪快に笑うし、泣く演技をするときは顔のパーツを全力で顔の中心に寄せてグッシャグシャになる。「女性としてイメージが崩れることはあまり……」なんてことはまったく気にせず、番組と子どもたちのために全力投球していることが一目でわかる。
 「あ、絶対いい人だな」というのが画面からバンバン伝わってくるのがスゴい。


その3 キレッキレの全力ダンス

 体操のおねえさんはいろんな歌でダンスを披露するわけだが、りさおねえさんはそのキレがスゴい。
 体操のおにいさん(小林よしひさ)や、歌のおにいさん・お姉さん(横山だいすけ・三谷たくみ)と共演するときに見比べてみると一目瞭然。りさおねえさんはつねに、4人の中でいちばんキレッキレである。
 誰よりも激しく腰を振り、誰よりも大きく股を開くその姿は、やはり「あ、絶対いい人だな」ということを感じさせてくれる。


その4 飾らない地声

 現・歌のおねえさんである「三谷たくみ」さんはザ・アニメ声と言わんばかりの高くてかわいらしい声なのだが、それに比べると、りさおねえさんの声というのはけっこう低い。
 声量や声の張りはさすがといった感じだが、声質そのものはそこらへんのお酒好きのOLみたいな感じである。芸能人でいえば島崎和歌子にイメージが近い。
 自分をかわいらしく見せる声の出し方ではなく、元気さを感じさせる大きくて張りのある地声で、「みんな、元気ー!?」と語りかけてくれる。こんなん絶対いい人ですやん。


その5 やさしい


 『おかあさんといっしょ』は小さな子どもをたくさんスタジオに入れて収録するので、予期せぬハプニングが起きることが多い。
 歌の最中に子どもが泣き出してしまい、画面の端っこに避難……みたいなのは、意外とよく見る光景だ。
 ある日の放送で、泣き出した子どもがダンス中のりさおねえさんの足元に抱きついてしまう、という事件があった。
 りさお姉さんは、キレッキレのダンスを続けつつも子どもが抱きついているほうの脚だけは動きを止め、泣きながら何かを訴えかける子どもに対してやさしく微笑みかけ、「うんうん、うんうん」と優しく何度もうなずいていた。口の動きからして「大丈夫だよ」みたいなことも言っていたと思う。
 やがてその子は落ちつき、もといた集団に戻っていくのだが、その瞬間もりさおねえさんはダンスを続けつつ、横目でその子を見送っていた。
 やっぱりめちゃくちゃいい人じゃないか!


その6 おっぱいが大きい

 りさおねえさんはおっぱいが大きい。急になにを言い出すんだ、と言われるかもしれないが、大きいんだからしょうがない。
 昔、『おかあさんといっしょ』の元出演者がとあるインタビューで「おねえさんは巨乳だとなれない」と語っていた。実際、現・歌のおねえさんである三谷たくみさんはド貧乳である。
 しかし、りさおねえさんは巨乳である。どんな衣装を着て押さえつけていても一目でわかる巨乳である。
 おねえさんの採用基準が当時とは変わったのか、それとも、基準を超える巨乳であっても採用せざるを得ないほどの実力や人間的魅力がりさおねえさんに備わっていたのか。おそらく後者だろう。
 体操のおねえさんとしての実力も人間的魅力もあって、おっぱいが大きい。最高じゃないか!結婚してくれ!!



 興味がある人は、ぜひEテレ『おかあさんといっしょ』をチェックしてみてほしい。
 りさおねえさんの単独コーナーである『パント!』も、その他のいろいろな歌・ダンスもすべて必見の価値ありである。

おかあさんといっしょファミリーコンサート「もじもじやしきからの挑戦状」 [DVD]
NHKおかあさんといっしょ/横山だいすけ・三谷たくみ
ポニーキャニオン
2014-08-06

 

艦これなぞかけ


【016】
島風とかけて、
金持ちのパーティーととく。
そのこころは、「かいひ」が高い。
(回避・会費) 

【017】
涼風とかけて、
ヘテロセクシャルととく。
そのこころは、「いせい」がいい。
(威勢・異性)

【018】
まるゆとかけて、
宗教ととく。
そのこころは、「かいしゅう」で運が上がるかもしれません。
(改修・改宗) 

【019】
遠洋練習航海とかけて、
虫が多い夏の室内ととく。
そのこころは、「かとり」が必須です。
 (香取・蚊取り)

【020】
ドラム缶とかけて、
プレイボールの合図ととく。
そのこころは、これがないと「とうきゅう」はできません。 
(東急・投球)

151112_2

 新しい技術や機器が普及すると、それをギミックとしてうまく取り入れたゲームが登場する、というのは昔からある流れだ。

 バーコードを読み取ってキャラクターを作る『バーコードバトラー』。
 CDを読み込んでモンスターを召喚する『モンスターファーム』。
 最新のものでは、Googleマップを使った拡張現実で陣取り合戦を行う『Ingress(イングレス)』。

 さて、iPodやiPhoneが日本で普及し始めた2008年ごろ。
 その音楽再生機能を活用した画期的なゲームアプリが登場したことをご存じだろうか。
 

151112

 『ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律』(スクウェア・エニックス)である。
 2008年にiPod用ゲームとしてリリースされ、2009年にiPhone/iPod touchに対応した完全版がリリースされた。

 そのゲーム内容を端的に説明するならば、「端末内の楽曲から戦士を召喚して戦うシミュレーションRPG」である。

 このゲームのキモは、言わずもがな「楽曲から戦士を召喚」というギミックそのものだ。
 ゲームとは関係ないはずの身近なものがゲームになる。ふだん聴いている音楽がかっこいいキャラクターに変わる。そのおもしろさこそがある意味すべてであり、それを楽しめるかどうかがそのままゲームの感想に直結する。

 ソングサマナーは、そのポイントをよく理解して作られたゲームだった。
 違う曲を再生すれば違うミュージックファイター(戦士)が登場するのはあたりまえだが、たとえ同じ名前の戦士が出た場合でも、そのレアリティや能力値は細かく異なる。「曲の数だけ戦士がいる」と言ってもよく、再生する楽しみがいつまでも減らないようになっていた。

 また、召喚に使用した曲をふだんiPhone/iPodで聴いていると、次に『ソングサマナー』を起動したときにその戦士を強化できる、「リスニングポイント」というシステムもあった。
 これは、携帯音楽プレーヤーの特性をうまく活かした大発明だったと思う。お気に入りの曲から生まれた戦士が運悪く弱くても、日々、その曲を繰り返し聴くことである程度強くできるのである。


 このように、『ソングサマナー』はiPhone/iPodの特性をよく研究して開発されたゲームだったが、いっぽうで、欠点も明確にあった。

 おそらく、ギミックを試す実験作、という位置づけや、それゆえの制作予算の制限もあったのだろう。
 シミュレーションRPGとして肝心の戦闘システムやゲームバランスは、お世辞にも優れているとは言えなかったのだ。よく言っても「まあ悪くはない」程度。ミュージックファイター召喚のギミックを高く評価するファンですら、戦闘については「作りが粗い」「子どもだまし」などと厳しく言う声が多かった。
 ぼく自身も完全クリアまでプレイしたが、一部のアーチャーが使える「ショットインザダーク」という射程距離が無限の異常に強いスキルを適当に連発させるだけで簡単にクリアできた印象しかない。

 せっかく曲ごとにレアリティや能力値が細かく違う戦士を生み出せて、日ごろ音楽を聴くことで強化もできる優れたギミックがあっても、戦闘にその違いを活かせるほどのクオリティがない。
 これこそが『ソングサマナー』のもっとも残念だった部分であり、同作品がせいぜい佳作止まりとしてしか評価されない原因であると考えられる。


 「ゲームと関係ないはずのものがゲームになる」というギミック自体は、いつの時代も一定数のゲーマーの好奇心をくすぐる魅力がある。
 iPhoneの普及率も2009年より格段に高まったいま、当時のギミックを活かしながら、戦闘システムとゲームバランスを練り直した新作がもし出たならば、なかなかの売り上げが期待できそうな気がするのだが……

 「けっこう好きだった」と懐かしむ隠れファンが意外と多いゲームだけに、その声をいつかスクウェア・エニックスが拾ってくれればいいのだけど、と思う。



SONG SUMMONER: The Unsung Heroes - SQUARE ENIX(公式サイト)
http://www.square-enix.co.jp/songsummoner/jp/

ソングサマナー 歌われぬ戦士の旋律:完全版(iTunes)
https://itunes.apple.com/jp/app/songusamana-gewarenu-zhan/


 

151112_0

 日本にiPhoneが初上陸したのは2008年、「iPhone3G」の発売だった。
 翌2009年に、「iPhone3GS」が発売。ぼくが初めて買ったiPhoneがこれだ。

 そのころ、日本でのiPhoneのシェアはまだ低かった。
 「なんかすごいらしいぜ」くらいの話題にはなっていたが、「え?iPhoneって赤外線ついてないの?ダメじゃん」などと言う否定派のほうが多かった。実際、赤外線はともかくとして、当時のiPhoneは機能・性能的に未熟な点もたくさんあった。

 そんな日本におけるiPhone黎明期。
 iPhoneユーザーたちは好奇の目と不便の多い仕様に耐え、「これを使いこなしてる俺たちは最高にオシャレなんだ!」と自らに言い聞かせることでプライドを保っていたわけだが、その時代に広く愛されたゲームアプリがある。


151112_1

 『TRAVATAR(トラバター)』。
 トラベル+アバターでトラバター。その名の通り、アバターが旅をするアプリだ。
 いちおうゲームだが、コミュニケーションツールとしての側面も強い。

 遊び方は、最初に自分のアバターを設定し、iPhoneを持って外を歩くだけ。
 すると、同じくトラバターを遊んでいる人とすれ違ったとき、それぞれのアバターが自動的に交換される。
 つまり、自分のアバターはすれ違った相手の部屋に移動し、相手のアバターが自分の部屋にやってくるのだ。
 アバターは各プレイヤーがあらかじめ設定した外見やセリフを持っているので、個性もさまざまだ。「埼玉のウサ太郎です。お世話になります」と丁寧にあいさつするウサギもいれば、「おう、遠くに連れてってくれや」とふんぞり返るトラもいた。
 で、今度はそのアバターを連れて歩き、また誰かとすれ違って交換。また知らないアバターがやってきて、しばし一緒に過ごし、また旅立つ。これを延々と繰り返す。
 
 そのあいだ、自分が作ったアバターも、日本中、ときには世界中のプレイヤーにどんどん交換され、遠くに行っている。
 自分のアバターが何回交換され、どういうルートで旅をしているかの軌跡は、つねに記録され、いつでも見ることができる。ぼくの初めて作ったアバターは一週間くらいでトルコまで行っていてびっくりした記憶がある。

 この「自分の分身が気ままに旅をする」「世界中の人と交流できるかもしれない」というオシャレ感、そして「iPhoneユーザー同士だけが楽しめるゲーム」という特別感は、iPhoneユーザーにめちゃくちゃウケた。また、当時はGPS機能を活用したゲームが珍しかったから、単純に目新しく、おもしろかったというのも大きい。
 残念ながら2011年末にサービスは終了してしまったが、トラバターは大きなブームを巻き起こしてくれたゲームだった。

 ちなみに、サービス終了にはいろいろな事情があったのだろうが、ゲームとしてのおもしろさ、という観点から言っても、2011年の終了は極めて妥当だった。
 2011年ごろになると国内のiPhoneシェアは格段に高まり、iPhoneユーザーを見つけることはなんら難しくなくなった。iPhoneを持つことが「ふつう」になってしまったのだ。
 「限られたiPhoneユーザーだけの楽しみ」「たまに仲間が見つかってすれ違える喜び」というのが快感の拠りどころだったトラバターにとって、特別感がなくなることはけっこう、いや、かなり痛かった。
 そういう意味では、黎明期だからこそ意味があったし流行った、特殊な立ち位置のゲームアプリだったと言えるかもしれない。

 もし身近に「いまはみんなあたりまえにiPhoneだけどさ、俺が初めて買ったころは……」なんて昔語りをする人がいたら、「あ、じゃあトラバターとかやってました?」と聞いてみてほしい。
 おそらく高確率で、「ああー、やったやった!懐かしい!よく知ってるね!」と感心されるはずだ。
 もしかしたら、それでさらに昔語りがヒートアップしてしまうかもしれないけれど。



TRAVATAR 公式サイト(2011年12月16日 サービス終了)
http://travatar.1pac.jp/



151110_0

 写真撮影で。ちょっとした調べ物で。iPhoneを持っていない人が興味本位で。
 急に「ねえ、ちょっとiPhone貸してよ」と言われるシチュエーションは意外と多い。

 そしてそんなとき、「おいおい、なに気軽に言ってくれてんだよ!こっちは見られちゃ困る画像とか検索履歴とかアプリとか大量にあんだぞバカヤロー!」とあせる人もけっこう多い。統計を取ったわけではないが、ぼく自身が完全にそうだから多いことにしておく。

 そういうとき、あわてふためいて怪しまれないために。顔色ひとつ変えず、「ああ、うん。いいよ」と、スッとiPhoneを差し出せる素敵なオトナになるために。
 ぼく自身が日ごろからやっていることも含めて、役立つ小技を7つまとめた。 


-----

1.アプリをフォルダ管理する。

151110_1

 基本中の基本。見られたくないアプリは見られにくいようにフォルダの中に入れる。見られにくいようなフォルダ名にしておくとさらに効果的。(「ビジネス」など)
 これは、インターネット黎明期によく見られたPCの「新しいフォルダ」内にエロ画像を保存するとか、もっと遡ればアダルトなVHSビデオに「97年ゴルフ大会」などとラベルを貼るとか、そういうのと同系統の由緒正しき伝統的偽装法である。
 ただ、それゆえに同じことをやっている人は多く、同類には見破られやすいのが欠点。

----- 

2.アプリアイコンを変更する。

 二次元美少女がアイコンのスマホゲーなど、「いかにも」なアプリを隠したいときに有効な手段。
 オリジナルのアイコンを作成するアプリで、アイコン画像と表示上のアプリ名を変更できる。
 「Touch Icon Creator」が定番どころとして有名。最近では「LINE DECO」も人気が高い。
 なお、これらは厳密に言えば、「アイコンを変える」わけではなく「オリジナルのショートカットを作る」アプリ。そのため、これらを使っても元のアイコンは残る。いらなくなった元のアイコンはどこかまとめてフォルダにつっこんでおこう。

-----

3.パスワード機能がついた画像管理アプリを使用する。 

 見られるとマズい画像に関しては頻繁に専用のアプリに移動させ、標準の「写真」アプリ(カメラロール )からはすぐに削除するようにしておくクセをつけよう。
 この手のアプリは非常に多く、選択肢が豊富。「写真 パスワード 管理」などで検索するといくらでも出てくる。無料のものも多いが、怪しげなものも多いので注意して選ぼう。
 ぼくが使ったことのある範囲では、古めのアプリだが「ePhotoChest」がシンプルかつ安定感があってオススメ。
 「iSafe Pro」も使っていたのだが、2015年11月現在、AppStoreからは削除されてしまっている。
 ちょっと変わったところでは、日記帳っぽく偽装できて「日記だからパスワードかけてるんだよ」と言い訳しやすい「ヒミツのアルバム」もけっこういい。やや女性向けのアイコンだが。 

-----

4.Safariの履歴をこまめに消去。

 「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」で、閲覧や検索の履歴を削除できる。
 なにかの拍子にうっかり履歴を見られてしまって……ということがないよう、こまめにやっておくといい。
 あまり人に言えないようなサイトを見たあとは必ず履歴を消すようなクセをつけるのもいいかも。

-----

5.Safariの「プライベートブラウズモード」を利用する。

151110_2

 Safariのタブ選択画面で左下「プライベート」をタップすると、プライベートブラウズモードに移行する。
 このモードでは、一切の閲覧・検索などの履歴が残らない。
 たとえば、人に言えないようなサイトを見るときは日ごろからこのモードを使うように心がけていれば、わざわざ設定から履歴をこまめに消す必要はなくなる。健全な履歴だけが残る形になるので、「あれ?なんで履歴消えてるの?もしかして……」なんて疑いを持たれる恐れもなくなる。

-----

6.Safari以外のブラウザを常用し、人に貸すときはSafariを使わせる。

 単純だがものすごく効果が大きい。
 「Google Chrome」などほかのブラウザをインストールし、ふだんはそちらを使う。Safariはゲスト用、と住み分け。
 これができていれば、Chromeを起動されない限り安全なので、履歴うんぬんといったことは一切気にせず閲覧・検索・ブックマークし放題である。
 Safariを目につきやすいホーム画面の1ページ目に置き、Chromeを2ページ目以降やフォルダ内に置くなどすれば、ほぼ完璧である。

-----

7.キーボードの変換学習をリセットする。

 忘れがちだが重要。 予測変換にはその人の人生が出る。
 「ちょっと貸して」と言われてSafariなどで文字入力をされてしまったとき、「え」で「エロ」みたいなのが出てくると非常に困る。貸した相手が女性だと目も当てられない。
 「設定」→「一般」→「リセット」→「キーボードの変換学習をリセット」で、予測変換を初期状態に戻すことができる。

-----

 

 こう書くと語弊がありそうだが、ぼくはブスが好きだ。
 なので、いままで見かけたブスをひたすら紹介するTwitterのbotを作った。

image
いろいろなブスbot
@irobisuBOT


 数百種類のブスが数時間おきに自動的に登場。
 たとえばこんなブス。

-----
「ソフトボール部だった」と言うと必ず「キャッチャー?」と聞かれるブス。
-----
「あたし中身はおっさんだから」と自虐することでギャップ萌えを狙うが言葉通りに受け取られてしまうブス。
-----
王道女子と戦わなくて済む活路を求めアジアン雑貨屋に通いつめるブス。
-----
親の寵愛を受けて育ったため自分がブスであることに気づくのが致命的に遅れたブス。
-----
親から「彼氏できた?結婚は?」とは一切聞かれない代わりになぜか資格取得や正社員就職を強く薦められるブス。
-----
「逆にかわいい」と言われるブス。
-----
村を守る代わりに毎年ひとり生娘の生贄を求める山の神に「おまえはいいや」と言われるブス。
-----
これだ!と思ったファンデーションから2段階暗い色を店員に薦められるブス。
-----
Superflyの髪飾りを真似したら孫悟空みたいになったブス。
-----
違うクラスから見物客が来るブス。
-----

ブスが好きな人、ブスの生態に興味がある人はぜひ。



 『艦隊これくしょん』を筆頭に、隆盛を極めるWindows向けブラウザゲーム。
 ぼくも『艦これ』のほか、『千年戦争アイギス』『かんぱに☆ガールズ』などをプレイ中だ。

 そんなブラウザゲームで遊ぶ際に知っておくと便利な、WindowsとGoogle Chromeのショートカットキーをまとめた。カンタンでゲームプレイに役立つものだけをピックアップしたので、ぜひ覚えておこう。



【Windowsのショートカットキー】(Windows7以降)

・Win+左右の矢印キー
開いているウィンドウを自動的に画面半分に再配置する

右(→)キーなら右半分、左(←)キーなら左半分に配置。
左半分にゲーム、右半分に攻略Wikiといった表示をさせたいときに便利。
151104_1
▲こんな感じでキレイに左右分割できる。


・Win+D
すべてのウィンドウを最小化し、デスクトップを表示する

ヤバい!家族がいきなり部屋に入ってきやがった!というときに。
艦これの中破絵とかアイギスの寝室絵とかを一時的に隠せる。


・Alt+F4
作業中のプログラムを終了する

ヤバい!家族がいきなり部屋に入ってきやがった!
しかもコイツは絶対「なに見てたの?」と言ってPCを触ろうとしてくる!という場合に。
ゲームは終了してしまうが、瞬時にブラウザを閉じることができる。


・Alt+PrintScreen
作業中のウィンドウのスクリーンショットを撮影する

ふつうにPrintScreenを押すと画面全体が撮影されてしまうが、これで目当てのウィンドウだけを撮影可能。




【Google Chromeのショートカットキー】


・Ctrl+Shift+N
シークレットモードで新しいウィンドウを開く

閲覧履歴、検索履歴などを残さないようにするシークレットモードをすばやく起動。
家族共有のPCやネットカフェなどで特に重宝する。


・Ctrl+Shift+T
最近閉じたタブをふたたび開く

うっかりゲーム画面や攻略サイトを閉じてしまったときに。


・F11
全画面モード

邪魔なものを一切入れず、ゲーム画面だけを映したいときに役立つ。


・Ctrlを押しながら+か- または Ctrlを押しながらホイール操作
ページ全体を拡大・縮小

ブラウザゲームは100%表示以外だと画質が粗くなってしまう場合が多い。
うっかり100%以外になっていたのを戻すときや、なにか理由があってあえて100%以外に調整したい場合に使う。


・F12 または Ctrl+Shift+I
デベロッパーツールを開く

デベロッパーツールの「ネットワーク」を開くと、通信で取得した画像データを直接開ける。
画面キャプチャ(スクリーンショット)でしか保存できないと思っていた画像を高画質・背景なしで保存できる……場合がある。おもに『アイギス』の寝室イラストや『かんぱに』の戦闘不能画像、『艦これ』の家具画像など。 
ただし、そうして取得した画像を二次利用すると規約違反となる可能性が高いので要注意。


・右上メニュー→その他のツール→タスクバーに追加
タスクバーに特定URLを直接登録

ショートカットキーではないが、なにかと便利なので覚えておくとよい。
Chrome起動→ブックマークからブラウザゲームをクリック、とやっていたのが、タスクバーからワンクリックでいきなりゲームを起動できるようになる。



 先日、「千年戦争アイギス用 格安Androidスマホ5選」の記事で、『千年戦争アイギス』Android版のプレイに適した格安スマホ(1~2万円程度)を紹介した。

 同じ要領で、今度はアイギス向けの格安タブレットを何台か紹介していこうと思ったのだけど、やめた。
 よくよく考えてみると、その用途のタブレットに関しては何台か紹介するまでもなく、あまりにも突出して優れた最強の1台がすでに存在しているからである。

151102_1
 その名はAmazon Fireタブレット。(2015年9月30日発売)
 Kindle電子書籍リーダーとしておなじみ『Fire』シリーズの、7インチ廉価モデルだ。

 その価格、なんと実質4,980円
 本来8,980円だが、「Amazonプライム」会員だと割引がついて4,980円になるのだ。
 正直、もともとの価格でも10,000円を切っていて充分安いのに、まさかの5,000円切り。


151102_2
 性能はというと、さすがに上位の『Fire』シリーズと比べると見劣りするので、「これ一台でなんでもやりたい!」という場合には物足りない。
 しかし、すでに持っているPCやスマートフォンのサブ端末として使うとか、ゲームや動画再生用として用途を限定して使うとかであれば、充分すぎるスペックだ。

 そして、この『Fire』のCPUは1.3GHz、メモリ(RAM)は1GB。OSは「Fire OS 5(Bellini)」という、Android5.0(※)ベースの独自OS。
 つまり、Android版『千年戦争アイギス』の推奨環境(必要スペック)も完璧にクリアしているのだ。
 ※2015年11月現在、アイギス公式ではAndroid5.0以上に正式対応の発表はされていないが、実際にはほとんどの場合で問題なく動く。個人的に動作確認済み。


151102_3
 独自OSなので見た目や使い勝手は若干異なるが、中身は一般的なAndroid端末とほぼ同じ。
 なので、『千年戦争アイギス』のインストール方法も同じ。
 まずは「設定」画面で、「不明ソースからのアプリ(公式アプリストア以外からのアプリ入手許可)」をオンにする。

 その後、ブラウザ(標準のSilkブラウザでよい)でAndroid版アイギスの公式サイト(http://sp.dmm.com/lp/app/p003)にアクセス。
 『DMMゲームストア』アプリをインストールする。

151102_4
 『DMMゲームストア』を起動。
 ゲーム一覧から『千年戦争アイギス』を選び、ダウンロード&インストールする。 
 これだけで完了。

151102_5
 あとは思う存分アイギスをプレイするだけ。
 CPUの性能が推奨環境を大きく超えており処理に余裕があるので、動作もサクサク


151102_6
 余談だが、同じDMMゲームで、アイギスよりちょっとだけ必要スペックが高い『かんぱに☆ガールズ』もちゃんと動く。王子と社長を兼業している人も安心。
 もっと言えば、今後、Android版のリリースが予定されている『艦これ』や『刀剣乱舞』(いずれも必要スペックは未公開)も、これ一台で全部カバーできる可能性がある。提督も審神者も要注目である。



 すでにAndroid端末を持っている人には不要かもしれないが、PC版でしかアイギスをプレイしたことがなくて、Amazonプライム会員である人は、ぜひ『Fire』の購入を検討してみてほしい。
 また、熱心なアイギスユーザーだけどプライム会員じゃない……という人は、いっそこれだけのためにAmazonプライムに入ってみても損はしないと思う。
 実際に触ってみるとわかるのだが、いつでもどこでも、外出先でもトイレでもベッドでごろ寝しながらでも『アイギス』が楽しめるというのは、本当に快適である。思いついたときにパッと始められるので、うっかりカリスマ・スタミナがあふれてしまうこともほぼなくなる。

 神聖結晶5,000円分とか10,000円分とかをしょっちゅう買ってはガチャを回している、そこのあなた!
 そのパリンをちょっと我慢するだけで、たった4,980円で、めちゃくちゃ快適なアイギス環境が手に入りますよ!いっそうパリンパリンが捗りますよ!邪神アイギス様も大喜びですよ!


※2017/11/27追記:Fire OS 5.6.0.0では、アプリのインストール方法が変わりました。
http://gameboku.blog.jp/archives/73794175.html





艦これなぞかけ


【011】
瑞鶴とかけて、
マイナーリーガーととく。
そのこころは、「しょうかく」めざしてがんばります。
(翔鶴・昇格)

【012】
鳳翔とかけて、
シバリングととく。
そのこころは、「おかん」と呼ばれることもあります。
(お艦・悪寒)

【013】
最上改とかけて、
八千草薫ととく。
そのこころは、「こうじゅん」の顔です。
(航巡・皇潤)

【014】
愛宕とかけて、
IMALUととく。
そのこころは、「ちち」の存在感が絶大です。
(乳・父)

【015】
夜戦カットインとかけて、
神無月のやる吉川晃司ととく。
そのこころは、「シャッ シャッ シャッ」。