ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。





IMG_3860

 サブクラス解禁後、初めて挑むことになるボスが『海王ケトス』。
 その姿は巨大で神々しいクジラのようであり、まさに海の王と呼ぶにふさわしい。

【海王ケトスの特徴】
・2ターン目に必ず全体攻撃『オーシャンレイヴ』を使用する。当たれば即死。
・オーシャンレイヴはその後も使用してくることがある。
・それ以外は、睡眠や脚封じ効果つき攻撃など、オーシャンレイヴの命中率上昇につながる行動が多い。

 要するに、足止めされてオーシャンレイヴをまともにくらったら終わりである。わかりやすい。

 勝てるか、勝てないか。長期戦になるか、速攻を決められるか。
 いかんせんこちらもサブクラスの扱いに慣れていないのでわからないが、やってみるしかない!


【装備・スキル】

IMG_3900
前衛:アリス(レンジャー/シノビ)
チェインダンス10、朧矢6、仕留めの一矢8、フレイムアロー3、忍法 分身5 など

 サブウェポンに、ブレイクアロー(防御ダウン)が使えるカマサを選択。
 分身はHPを大きく消費するが、どうせ避けるしどうせ当たれば死ぬので関係ない。
 初手分身からのダブル朧矢で攻めろ!


IMG_3901
前衛:ユーリ(レンジャー/ドクトルマグス)
ブラインドアロー8、朧矢6、仕留めの一矢8、フレイムアロー3、巫剣:霊防衰斬3 など

 ブラインドアロー→霊防衰斬のコンボ役。
 サブウェポンのスカーレットバット(STR↑↑↑)と巫剣マスタリのおかげで、地味に今回もっとも火力が高い。


IMG_3902
後衛:チグサ(レンジャー/ブシドー)
ダブルショット5、朧矢6、仕留めの一矢8、フレイムアロー3、物理攻撃ブースト4、果し合い3など

 狂ったように朧矢かダブルショットを撃つだけのクレイジーババア。
 果し合いの効果を持続させるために、休まずガンガン攻めていきたい。


IMG_3903
後衛:ナンナ(レンジャー/リーパー)
トリックステップ10、朧矢6、仕留めの一矢8、フレイムアロー3、削弱の瘴気5 など

 いろいろできるサブリーパーだが、今回は削弱の瘴気に期待。
 瘴気の兵装により、行動順が早いのもポイント。


IMG_3904
後衛:ララパ(レンジャー/プリンセス)
エフィシエント4、朧矢6、仕留めの一矢8、フレイムアロー3、攻撃の号令4 など

 回避戦術においては守備系・回復系の号令は無意味なので、攻撃の号令に期待。
 ユーリと同様、スカーレットバットが持てるので、朧矢の威力もかなり高い。



【戦闘開始!】

IMG_3862
■TURN1
アリス:忍法 分身
ユーリ:夢幻陣形→ブラインドアロー
チグサ:ミラージュアロー
ナンナ:削弱の瘴気
ララパ:攻撃の号令(>前列)

 1ターン目、海王ケトスは必ず潮吹き(回避率上昇)を使う。
 レンジャーの高AGIなら実質的な命中率に影響はないし、メイン攻撃手段は必中の朧矢なのでなおさら関係ない。ノーリスクのボーナスターン。
 ブラインドアローの盲目が一発で決まり、完璧なスタート。


IMG_3863
IMG_3864
■TURN2
アリス:ブレイクアロー
ユーリ:霊防衰斬
アリス2:ブレイバント(>チグサ)
チグサ:ダブルショット
ナンナ:ブレイバント(>ユーリ)
ララパ:攻撃の号令(>後列)

 アリスの分身を便宜上「アリス2」と呼ぶ。プルツーみたいなもんだと思ってください。
 オーシャンレイヴが来ることと、それを余裕で回避できることがわかりきっているターン。
 なので、3ターン目の朧矢に向けたバフ・デバフを進める。ブレイクアローと霊防衰斬で、弱体化枠からミラージュアローを意図的に押し出し、防御力を下げられるだけ下げる。


IMG_3870
■TURN3
アリス:朧矢
ユーリ:朧矢
アリス2:朧矢
チグサ:朧矢
ナンナ:朧矢
ララパ:朧矢

 見さらせ!これが必殺の6連朧矢じゃーい!!
 約2,000×6=12,000ダメージを叩き込むことができた。
 海王ケトスの行動は『グランドベリー』という貫通攻撃。アリス2とララパが問題なく回避。


IMG_3873
■TURN4
アリス:フレイムアロー
ユーリ:フレイムアロー
アリス2:朧矢
チグサ:ダブルショット
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:朧矢

 ケトスの残りHPは一気に半分以下に。フレイムアローを織りまぜながら攻める。
 仕留めの一矢ラインにも入り始め、順調にケトスを追い込んでいく。
 『太古のうねり』を使用され、回避率を下げられてしまうが、もう次のターンで倒すので関係ない。


IMG_3895
■TURN5
アリス:フレイムアロー
ユーリ:フレイムアロー
アリス2:フレイムアロー
チグサ:ダブルショット
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー

 残りわずかなので、適当に攻撃していれば勝てる。
 先手でフレイムアローのラッシュを叩き込み、決着!


IMG_3897
IMG_3898

 余裕のノーダメージ撃破!


 サブクラスのおかげで、朧矢の瞬間火力が大きく上がった。終わってみれば、これならハルピュイア戦やキマイラ戦と同じレベル40でも勝てたな、というくらい楽勝だった。

 ボス戦と探索中のザコ戦では勝手が違うかもしれないが、とりあえずいい感じっぽいので、次の迷宮の道中もしばらくこのサブクラスで進んでいくことにする。
 この勢いで第九迷宮もすんなり突破だ!



IMG_7631

 以前も記事にしたことがあるが、脂質と炭水化物の摂取以外なにも考えておらずセブンイレブンでもっとも頭が悪い弁当としておなじみの『大盛りペペロンチーノ』。
 ファンの人には言うまでもないが、じつはこれ、けっこうな頻度でマイナーチェンジが行われていることをご存じだろうか。定番商品ではあるのだが、だいたいひと季節に1回は値段や中身が少しずつ変わるようになっている。


pepe01

 そして、2018年秋バージョンがこちら!
 『がっつり!大盛ペペロンチーノ』税込550円。
 名前の時点で頭の悪さがにじみ出ていていい。非常にいい。

 
pepe02

 従来のソーセージとベーコンに加え、なんとガーリックチキンがドドンと真ん中に居座るように!
 で、823kcal!あいかわらずのなにも考えてないハイカロリー!
 「どうせお前ら肉とカロリーさえあればいいんだろ?今回はくっせぇニンニクも足しといてやったぞ!ほら食えよ!野菜?そんなものは死ね!」というメニュー開発者の熱い想いが伝わってくる。そうです、ぼくたちが求めているコンビニ弁当とはそれなんです、と赤べこのごとく首を縦に振りまくりたい。たぶん、セブンイレブン本社内でこれを開発している人とサラダチキンやスムージーを開発している人はめっちゃ仲悪いと思う。


pepe03

 今回のバージョンは少し価格が高めなのが難点だが、この肉々しさは個人的にかなり好きだ。
 セブンイレブンはもともとコンビニ業界でも弁当類の味の評価が高いが、そこに「量と肉を増やせばウマいだろ」というバカの発想が加われば、それはもう最強と言って差し支えない。しばらくこれだけ食べ続けたいくらい好きだ。

 この機会にあなたもぜひ、大盛りペペロンチーノシリーズのマイナーチェンジを見守る会の一員になりませんか。一緒にバカになって楽しみませんか。健康志向なんてクソくらえという反骨心あるあなたのご入会お待ちしております。





 サブクラスについて、しばらく考えている。ここ数日、ゲームをプレイしていない時間もずっと考えている。
 前作(世界樹の迷宮V)でいう二つ名もそうだけれど、自由度のあるパワーアップ、というのは本当に悩む。あっちもこっちも魅力的に見えてくる。


 いろいろ考えた末、お試しで

アリス:レンジャー/シノビ
ユーリ:レンジャー/セスタス
チグサ:レンジャー/ショーグン
ナンナ:レンジャー/ミスティック
ララパ:レンジャー/プリンセス

 にしてみたのだが、戦ってみると、いくつか問題があることがわかった。


IMG_3812

 レンジャー/セスタスは、フリッカーなどによる封じの成功率がかなり低い。
 スキルレベルの問題もあるだろうし、レンジャーのLUCが高くないせいもあるだろうが、とにかく決まらない。ボスはおろか、そのへんのザコにも2~3回フリッカーをしかけて1回決まるかどうか。
 レンジャー/ミスティックもほぼ同様で、封じも状態異常も決まりづらい。また、方陣の発動タイミングがターン最後なので、先手を取ることが命のレンジャー5人旅とは相性イマイチ。やれることが多いのと、サブウェポンを持たなくても各種スキルが使えるのは魅力なのだが……


IMG_3810

 レンジャー/ショーグンは、報復射撃陣が「指定列への攻撃に弓・銃装備の全員で反撃」という効果だったので「うち全員弓装備だよ!最強じゃん!」と思ったのだが、攻撃を避けると発動しないことが判明。回避重視のレンジャー5人旅とは相性最悪だった。
 サブショーグンを使うならば、大武辺者や先陣の名誉を目当てにする運用になりそうだ。


IMG_3811

 レンジャー/プリンセスは、悪くない。悪くないのだが、HP上昇・HP回復系の号令は回避戦術においてほぼ無意味なので、けっこう死にスキルが多い。ただ、攻撃の号令は魅力的だ。メンバー全員が朧矢でアタッカーを務める可能性があるので、対象範囲が広い号令は強い。


IMG_3857

 ちなみに、レンジャー/シノビはほぼ完璧。強い。
 「あれ?これ5人ともレンジャー/シノビでいいのでは?」と思ってしまうくらい回避が安定する。今後、場面によっては、本当に5人サブシノビで挑むようなボス戦が出てくるかもしれない。


IMG_3858

 というわけで、いろいろやってみた結果、5人のサブクラスは下記のような感じで当面進めていくことにした。

アリス:シノビ
 シノビで固定してよさそう。チェインダンスと軽業(回避時TP回復)・潜伏(回避率UP)の相性がきわめてよい。忍法 分身も魅力的。

ユーリ:ドクトルマグス
 ナイトシーカーと迷った。
 ブラインドアローを決めたあと、霊防衰斬などの巫剣でさらに弱体化を狙えるドクトルマグスか、夜賊の心得などでアタッカーに転じられるナイトシーカーか。ナイトシーカーはサブウェポン不要なのも魅力だが、封じもこなせるドクトルマグスにいったん決定。

チグサ:ブシドー
 物理攻撃ブースト上段の構えから放つ朧矢がアホみたいに強い。極めろ火力。

ナンナ:リーパー
 ブラインドアローの成功率を高めてくれる虚弱の瘴気、朧矢の爆発力UPに貢献する削弱の瘴気が魅力的。トリックステップをよく使うので、終わりなき衣(弱体付与時、確率で瘴気の兵装が発動)との相性もよい。

ララパ:プリンセス
 ショーグンと迷った。
 攻撃の号令を取るか、大武辺者先陣の名誉を取るか、という違い。大武辺者の狙われ率UPや先陣の名誉の防御力DOWNは、回避戦術においては実質デメリットにならないのがうれしい。
 が、5人全員(サブシノビの分身も含めれば6人)が朧矢を撃つケースを想定すると、単体強化はあまりにも非効率。というわけでプリンセスに決定。


IMG_3859

 どこまでいけるかわからないが、とりあえず第八迷宮のボスはこれで突破したいところ!
 どうなる、新展開のレンジャー5人旅!



 逆に言えば、そんな最低限の品位すらないブログは即刻つぶれるべきである。




kama01

 鎌倉駅に着いたら、観光地に向かうのも、小町通りで食べ歩きするのもいいけれど……


koro01

 江ノ電鎌倉駅の駅ナカにある、これを忘れてはいけない!


koro02

 鎌倉コロッケでおなじみ、駿河屋本舗 江ノ電鎌倉本店!
 鎌倉コロッケって知ってますか?細かい説明は省きますがカンタンに言うと世界一ウマいコロッケなのでこの機会にぜひ覚えてください。


koro03

 こちらは持ち帰りに適した、冷凍の鎌倉コロッケ&鎌倉黄金メンチカツ。散歩がてらに買ってきた。
 大きめのドライアイスを付けてくれるので、遠方から来ていても安心。

 ほかにも、ここには店舗でしか買えない「江ノ電Bigコロッケ」や「鎌倉コロッケサンド」もあるし、もちろん定番のノーマルな鎌倉コロッケもある。おみやげに買ってもよし、食べ歩き用に買ってもよし。
 激ウマなうえに、観光地価格なんてこともなくふつうに1個90円程度から買えるので、万人にオススメしたい。遅めの時間に行くと売り切れてしまっていることもあるので、そこだけ要注意。


鎌倉コロッケの駿河屋本舗
https://www.surugaya-honpo.com/



IMG_3479

 冒頭にも書いたが、江ノ電鎌倉駅の駅ナカにあるので、江ノ電に乗るときにぜひ立ち寄ってほしい。ぼくは鎌倉コロッケ信者なので、江ノ電に乗らないときでも入場券(140円)を買って買いに行くけれど。



るるぶ鎌倉'19 ちいサイズ (るるぶ情報版 関東 13)
ジェイティビィパブリッシング
2018-02-17



IMG_3788

 朧矢パワーで第七迷宮をサクッと突破して、第八迷宮『海嶺の水林』の探索を進めていく。
 ロックコーラルと人食いサンゴというザコ敵が、高DEFなうえに突・炎に強い(フレイムアロー含む弓スキルすべてが効かない)というレンジャーキラーで何度もぶち殺されかけたが、ヒイヒイ言いながら進む。氷術の起動符を乱用しまくった。


IMG_3793

 途中でフィールドに新しいF.O.E.が出てきたので挑んでみたが、5ターンと持たずに全滅させられたのであきらめて無視する。
 やはり、フィールドF.O.E.は一般的なF.O.E.より強く設定されているようだ。


IMG_3789

 B3Fまで到達。
 F.O.E.は回避&朧矢戦術が通用するのでたいしたことないのだが、とにかくサンゴが怖い。朧矢が60ダメージしか入らないってなんなんだアイツ。

 必要に応じて逃走も駆使しながら、探索を進めていくと……


IMG_3790

 えっ、そんな唐突に!?
 専用の高難度イベントの報酬とかじゃなく、そこらへんの宝箱から!?

 あまりに急すぎてびっくりするが、ここでついにサブクラス解禁!
 過去作のイメージから言えばもうちょっと早いタイミングと思っていたので、そういう意味では待望の解禁だ。


IMG_3792

 さっそく街に戻って習得しよう。
 いまは攻撃のバリエーションが突・炎・盲目・脚封じしかないので、サブクラスによって戦術の幅は爆発的に広がることが予想される。期待大だ。
 ただ、せっかくのレンジャー5人旅なので、他職の劣化ではなく、レンジャーのよさをより活かせるような構成を考えたいところだ。


IMG_3795

 攻略サイトなどを見れば各クラスのスキル情報やレンジャーのおすすめサブクラスなども載っているのだと思うが、攻略情報は見ないというのがぼくのルールなので、ひとつひとつ試して、休養を繰り返しながら検討していくことにする。
 これだけで5時間くらいは平気でつぶれそうだ。


IMG_3794

 めざしていきたいおおよその方向感は、5人それぞれ下記の通り。

アリス:回避特化
ユーリ:封じor状態異常特化
チグサ:火力特化
ナンナ:万能型
ララパ:支援・回復特化

 世界樹の迷宮Vにおけるハウンド5人旅と、イメージはほとんど同じ。
 レンジャーとしてのよさは伸ばしつつ、上記のように役割分担することで、対応できる状況を増やしていきたい。

 回避特化のアリスはほぼシノビで確定だろうと思うが、ほか4人はさまざまな選択肢があって悩む。
 サブクラスを固定するか、状況によってこまめに変えるかは決めていないので、次回以降、まずはいろいろ試しながら攻略を進めていくぞ!



IMG_1970

 ハイカラ横丁で半額以下とめっちゃ安くなっていたので、


IMG_1969

 アニメ『だがしかし2』のオリジナルデザインチロルチョコを買った。ほぼ買い占める勢いで3つも買ってしまった。
 やっぱり原作漫画がいちばん好きだけど、アニメも好きだ。ほたるさんのおっぱいが好きだ。おっぱいが好きだ。


FullSizeRender

 それぞれ味が異なっているのだが、ほたる=ミルクとなっているところに強い意図を感じる。



【関連記事】
魔王の始め方関係なくない!?
魔王の始め方関係なくない!?その2。



 カスタムキャストでぼく好みのすばらしい体型のキャラを作ったよ、という話をしていたら……


IMG_3566

 なんなの!?
 もう3回目だからきみがぼくと同じ人種(デブ専)だということはなんとなくわかってきたけど、ゲームの公式アカウントでそれをさらけ出していいの!?社内での立場とか大丈夫なの!?
  あと毎回「魔王の始め方」のまの字もないツイートなのにどうやって捕捉してるの!?なにで検索してるの!?



魔王の始め方6 (ビギニングノベルズ)
笑うヤカン
キルタイムコミュニケーション
2018-05-29






IMG_3753

 第七迷宮『古跡の樹海』の最深部に到達。
 ここのボスは、キマイラ
 ストーリーの会話中で教えてもらえる情報としては、強力な毒攻撃を使ってくるらしい。
 
 とりあえず様子見で戦ってみるか……とリセット前提で挑んでみたら、そのまま初見で勝ててしまったので、今回はその模様をお届けする。
 最初から言っておきます!今回は勝ちます!ほぼ完璧に勝ちます!


【装備・スキル】

IMG_3747
IMG_3748
IMG_3749
IMG_3750
IMG_3751

 前回のアルルーナ戦とまったく同じ。
 なぜなら、様子見で挑んだからである。とりあえずやってみて負けたあとに最適解を探そう、と思っていたら勝ててしまったからである。

 というわけで、基本戦術もアルルーナ戦とほとんど同じ!いくぞ!



【戦闘開始!】

IMG_3754
 ■TURN1
アリス:夢幻陣形→ブレイバント(>アリス)
ユーリ:ブラインドアロー
チグサ:ブレイバント(>チグサ)
ナンナ:トリックステップ
ララパ:エフィシエント

 夢幻陣形+ブラインドアロー+トリックステップで敵の命中率を下げる。いつも通り。
 盲目が無事に決まったので、キマイラの盲目耐性が高くはないことを確認できた。
 キマイラは『スネークパイル』という貫通攻撃。ユーリとナンナが狙われたが、ともに回避。


IMG_3755
 ■TURN2
アリス:ブレイバント(>ユーリ)
ユーリ:朧矢
チグサ:ブレイバント(>ナンナ)
ナンナ:朧矢
ララパ:ブレイバント(>ララパ)

 ブレイバントで攻撃力を上げつつ、前ターンに回避しているふたりは朧矢。運よく、ユーリの朧矢でエイミングフットが発動し、脚封じが決まった。
 キマイラはアリスに通常攻撃。危なげなく回避。


IMG_3756
 ■TURN3
アリス:朧矢
ユーリ:ブレイバント(>アリス)
チグサ:ブレイバント(>チグサ)
ナンナ:トリックステップ
ララパ:エフィシエント

 アリスは朧矢。残る4人はヒマなので、いまのうちにバフを重ねがけしておく。
 キマイラの行動はスネークパイル。しかし脚封じにより不発。


IMG_3757
 ■TURN4
アリス:フレイムアロー
ユーリ:夢幻陣形→ブレイバント(>ユーリ)
チグサ:サジタリウスの矢
ナンナ:ブレイバント(>ナンナ)
ララパ:ブレイバント(>ララパ)

 朧矢を撃てないので、ほかの攻撃スキルを使ったり、ブレイバントを重ねがけしたり。
 キマイラの行動は『双連撃』(ランダム2回攻撃)。チグサとララパがいずれも回避。
 ターン終了時、キマイラの盲目が解けてしまった。


IMG_3758
 ■TURN5
アリス:フレイムアロー
ユーリ:ミラージュアロー
チグサ:夢幻陣形→朧矢
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:朧矢

 盲目が切れたため、ユーリは早々にミラージュアローを放つ。交代でチグサが夢幻陣形スタート。
 キマイラは再度、双連撃。ユーリとララパが狙われたが、ここも回避。


IMG_3759
 ■TURN6
アリス:フレイムアロー
ユーリ:朧矢
チグサ:(サジタリウスの矢発動)→フレイムアロー
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:朧矢

 バフの重ねがけもやるだけやったので、フレイムアローをまじえて攻めまくる。
 前のターンにキマイラの脚封じが切れたのだが、またすぐにエイミングフットが決まって脚封じに。キマイラは脚封じに弱いのか?
 キマイラの行動は『劫火』(火属性全体攻撃)。
 来た!全体攻撃だ!そしてもちろん全員回避だ!!


IMG_3761
 ■TURN7
アリス:朧矢
ユーリ:朧矢
チグサ:朧矢
ナンナ:朧矢
ララパ:朧矢

 朧矢チャンス!いっけぇー!
 だいたい940×5で、約4,700ダメージを与えることができた。
 キマイラはアリスに通常攻撃。またまた回避。


IMG_3762
■TURN8
アリス:朧矢
ユーリ:ブラインドアロー
チグサ:サジタリウスの矢
ナンナ:夢幻陣形→ブラインドアロー
ララパ:ブラインドアロー

 仕留めの一矢発動ラインに入った!
 絶え間なく攻め続ける。運よくもういちど盲目が決まってくれたらなぁ、と期待してブラインドアローを混ぜてみたりもする。残念ながら決まらなかったが。
 キマイラは双連撃を撃ってきて、アリスとナンナがともに回避。


IMG_3763
■TURN9
アリス:朧矢
ユーリ:ブラインドアロー
チグサ:フレイムアロー
ナンナ:ミラージュアロー
ララパ:夢幻陣形→フレイムアロー

 キマイラのHPは残り1割ちょっと、という感じ。そろそろ終わりが見えてきた。
 ミラージュアローの効果が切れてしまったので、ナンナは朧矢ではなくミラージュアロー。
 キマイラの行動は『乱邪撃』(ランダム複数回攻撃)。やった!多段攻撃だ!
 ターゲットがアリスとユーリとチグサに散ってくれて、すべて回避!この勝負もらった!


IMG_3764
■TURN10
アリス:朧矢
ユーリ:朧矢
チグサ:(サジタリウスの矢発動)→朧矢
ナンナ:フレイムアロー
ララパ:フレイムアロー

 3人が朧矢を撃てて、サジタリウスの矢まで降ってくるので、どうあがいても勝てるターン。かなりのオーバーキルだ。


IMG_3766

 さらばキマイラ!


IMG_3767

 重ねがけしたエフィシエントや大量に持ち込んだメディカは無意味だった!
 まさかの初見ノーダメージ撃破!



 アルルーナがけっこう強かったので、メイン迷宮のボスであるキマイラは当然それ以上……と思っていたのだが、戦ってみるとぜんぜんだった。
 ステータス的にキマイラのほうが低い部分が多々あったようだし、なによりレンジャー5人旅との相性という点で、キマイラはラクすぎた。回避可能な物理攻撃が行動の大半を占めるので、回避率さえしっかり上げておけば怖さがまったくない。

 というわけで、第六迷宮、第七迷宮のボスをともにレベル40で突破!
 さすがに第八迷宮はそうカンタンにいかないと思うが、はたしてどんな困難が待ち受けているのか……