ゲムぼく。

ゲームはぼくの人生だ。略して「ゲムぼく。」
ゲーム中心の趣味ブログ。

sei001

 妻がぎっくり腰になってしまったので、Youtubeで「ぎっくり腰」とか「腰痛 解消」とかで検索した。
 で、あれこれ動画を観ていて、ふと気づいたのだが……




 ぎっくり腰になることは20代前半以下では少なく、30~50代での発症が多い
 そして、そのぎっくり腰を治してあげられる整体師は、必然的にその年代からの好感度が高まりやすい。
 そうか、そういうことか……なるほど……メイン読者層が世田谷区のマダムである『ゲムぼく。』的には無視できない話だな……

 あと、年代うんぬんは置いといても、整体という名目があれば妻に殴られず妻を触ることが可能なのでは……?好感度爆上がりなのでは……?


sei002

 決めました!スクールに通います!







 おもしろいかおもしろくないかは置いといて、異常にかわいいのでだいたいすべて許されることでおなじみのキズナアイ。
 ぼくはA.I.Gamesの動画をいくつか見たことがある程度だが、純粋なプレイ動画としてのおもしろさは置いといて、異常にかわいいので好きだ。

 で、ある日の羽田空港で……


IMG_7935

 なにこれかわいい!


IMG_7936

 かわいい!


 ぼくはホームレス同然の空港生活をしている無職なのでほぼ毎日羽田に来ているのだが、こんな自販機があるとはぜんぜん知らなかった。
 いったいいつから……と思ったら、


 調べてみたら、最近コラボが始まったばかりだった。
 設置はJR秋葉原駅と羽田空港しかないらしい。それにたまたま出会えたのはラッキーだったな。

 うちの子どもたちもキズナアイが好きで、よくスーパーマリオオデッセイのプレイ動画を観ているので、いくつか写真を撮って送ってあげた。
 写真を撮るときは全力で「いやー、ぼくはぜんぜん興味ないんすけどね。でもなー、子どもがなー!子どもがこのキズナなんとか?っていうの好きなんだよなー!はぁーしょうがねぇなー!」みたいな顔をした。すさまじい演技力を発揮した。

 ぼくがこれを見つけたのは、羽田空港国内線第2ターミナル(ANAのほう)の、C-Dゲートに続くエスカレーター(丸亀製麺の近く)を上ったところ。
 興味があれば、ぜひ行ってみてほしい。
 そして、「いやー、違うんだけどなー!しょうがねぇなー!」みたいな顔しながら写真を撮ってほしい。






FullSizeRender

 一般常識だが、千年戦争アイギスの魅力は70%が寝室のおっぱいで20%が立ち絵のおっぱいで10%がドット絵のおっぱいである。
 それ以外の魅力などない。「寝室の存在忘れて普通に遊んでたわw 俺異端だわ〜w」などとほざくウソつき野郎はキツツキにこめかみを貫かれてしまえ。


FullSizeRender

 そんな常識的なおっぱい星人であるぼくは、イベントユニットも好感度アイテムも手に入らないくせにムダに長いストーリーミッションにとんと興味がない。『オークの勇士』までクリアした状態で軽く1〜2年は放置している。
 しかし、ふと思った。それだけ放置しているあいだに自軍はずいぶん強くなったわけで、もはや全ミッション余裕なのでは?初見★3クリアを連発できるのでは?


 というわけで、今回は『オークの勇士』の次である『湿地の激戦』からどこまで初見★3クリアし続けられるかにガチ挑戦!そのプレイレポートをお届けするぞ!


FullSizeRender

 とりあえず、この編成でスタート。いきなり全力というのもアレなので、総合力が失われすぎない程度にサラサやプシュケといった趣味ユニットを入れている。
 マップの難度が上がってきたら、シルヴィアやクーコやオロチヒメといった強ユニットを順次投入していきたい。

 それでは、チャレンジ開始!


01. 湿地の激戦

FullSizeRender

 安定の初手アルティアから、ど真ん中にサラサ。
 ボウライダーは射程や攻撃速度に優れるため、序盤のザコ散らしには向いているほう。
 高難度マップになってくるとサラサを活躍させてあげられなさそうので、いまのうちに出しておきたい、というのもある。

 アルティアのおかげでコストはどんどん増えていくので、あとはフレデリカ、リンネ、プリム、コノハなどを適当に置いていけばどうにでも


FullSizeRender
FullSizeRender

 サラサーーーーーッ!!





 地球上にユーザーが5人しかおらず、ユーザーで野球チームすら組めないことでおなじみの『八月のシンデレラナイン』(通称:ハチナイ )。
 そのアニメ版の第2話を観た。


 大丈夫?と言いたくなる部分はいくつかある。
 あいかわらず止め絵の量がすさまじいとか、2話にして早くもキャラの顔面崩壊が起きつつあるとか、グローブの色がカットごとに変わるとか。
 作画だけで言えば、ある意味ファンとしては期待通りの「うーん……がんばってるけど……うーん……」みたいなラインに落ち着いてきたと言える。謎の安心感がある。

 しかし、驚いたのは、話が異常におもしろいということ。仮に作画が50点だとしたら、話は3,000点!はらたいらさんに3,000点!
 ハチナイファンとしては、「えっ、大丈夫?これでハチナイを良ゲーだと勘違いする人が出たらどうするの……?」と心配になってしまう。それくらい、アニメのストーリー展開はすばらしい。

 今回は、そんな2話のすばらしい点をマジメに大紹介!




1. すずわかが「野球を辞めた理由」の描き方

 2話の主役は、すずわかこと鈴木和香。ゲーム版では理論派キャッチャーとして知られる。

 和香は小さなころ、兄の影響で少年野球を始めた。兄は才能に恵まれた優秀な選手であり、野球を楽しんでいた。兄に憧れて「私もやってみたい!」と思うのは必然だった。
 しかし、周りは年上の男の子ばかり。練習にまったくついていけない。ベースランニングもどんどん追い越される。

 まあ、それだけならいいのだ。「周りは体格のいい男の子ばっかりだから、仕方ないよね」と割り切れたかもしれない。
 しかし、和香には同じ時期に野球を始め、年齢も体格も近い女の子のチームメイトがいた。「一緒にがんばろうね」と声をかけてくれた、やさしい女の子だ。
 その子は、練習についていけたのだ。ついていけてしまったのだ。

 人は誰しも、自身の不出来を認めたくないとき、心の逃げ道を作る。
 背が低いからバスケが下手なのは仕方ない。いい大学を出ていないから出世できないのは仕方ない。顔が悪いからモテないのは仕方ない。そうやって、自尊心を保とうとする。
 でも、和香はそこすら奪われた。「私はまだ小さいから」「私は女の子だから」という退路を、完全に断たれてしまった。

 私は、ダメなんだ。憧れの兄と比べても、同じ立場の女の子と比べても。
 私は、野球が、「できない」んだ。

 この挫折の描き方は、そうとうリアルだ。観ていて本当に心が痛くなる。スポーツを辞めたことがある人、なにかをあきらめたことがある人、心の逃げ道を作ったことがある人。そういう人の気持ちを容赦なくえぐってくる。
 作画はボロボロのくせになんでここまで挫折をリアルに描くの?力の入れどころおかしくない?

 女の子がなんかキャッキャやってるアニメだと思って観た視聴者は、ここでまず殺されかけることになる。



2. ポジティブな「心技体」の連鎖

 スポーツを楽しく続けるには、「心技体」の充実が不可欠である。
 主人公の有原翼は、野球に対する意欲という意味での「心」、野球の技術である「技」、基礎体力などの「体」、すべてが物語開始時点で完璧に揃っている。幼馴染の河北智恵も、それに次いで心技体の揃った人物として描かれる。

 1話のメインキャラを振り返ると、野崎夕姫は「体」だけで、宇喜多茜は「心」だけだった。
 1話の後半では、まず夕姫が、翼や智恵の影響を受けて「心」「技」を身に付け始めた。その夕姫の影響を受け、なかば一緒に歩む形で、茜は「技」「体」を磨き始めた。

 そして、2話。
 「技」にすぐれ「体」もあるが、「心」が伴わない和香が現れた。
 野球をあきらめた和香に、情熱を与えたのは茜だった。和香とは逆に、「技」「体」はまだまだだが「心」だけはある、茜だ。
 自分よりうまい人はいくらでもいる。でも、私は野球が楽しい。ボールが捕れること、投げられること、相手に捕ってもらえること。そのひとつひとつがうれしい。
 そんな茜の姿勢が、和香に「心」を取り戻させた。

 翼と智恵から夕姫へ、夕姫から茜へ、そして茜から和香へ。「心技体」の伝播。
 このポジティブな連鎖こそ、ハチナイに感じる清涼感の理由だと思う。ホントにすごい。おそらく、スタッフはここを綿密に考えまくったから作画の時間がなくなったのではないだろうか。



3. 「できる、できない」の意味

 2話のタイトル「できる、できない」の意味。
 ぼくは最初、野球同好会が校内で練習できるか否かとか、野球がうまいかヘタかみたいな話かと思っていた。
 でも、違った。このタイトルは、できる、できない「じゃないんだよ」という意味だった。

 野球は、スポーツは、あるいは、人生は。
 「できる、できない」じゃなくて「やる、やらない」なのだ。「楽しむ、楽しまない」なのだ。
 なんだこのメッセージ性。もはや野球アニメじゃなくて哲学教材じゃねーか。

 あなたもぜひ2話を視聴して、この熱いメッセージを感じ取ってほしい。ついでにラストシーンの和香に、「ヒュゥー!アメリカンコメディかよ!」と叫んでほしい。



4. こだわりある投球の作画

 全体的に作画がヤバめのハチナイだが、全員の投球フォームがちゃんと違うことにはぜひ注目してほしい。ここだけはめっちゃ力が入っている。
 翼はオーバースローやスリークォーター、内野手らしいスナップスローを巧みに使い分ける。夕姫や茜は初心者らしい手投げだが、夕姫のほうがやや力のある球を投げる。和香はそれらの中間のような、半経験者らしいフォームで投げる。
 野球経験者なら、これらの違いに必ず感心するはずだ。ホントにすごい。すごいけどもっとほかにがんばるべきところあるだろとスタッフに言いたい。




 というわけで、あまりにも予想外におもしろかったので、マジメに絶賛してしまった。
 このまま終わると世にハチナイファンが増えてしまうかもしれないので、最後にバランスをとらなければ!
 作画はちょいちょいクソだぞ!あとゲーム版はさほどおもしろくないぞ!!


 

 おいしさとボリュームのわりに値段が異常に安いので間違いなく裏で闇の商売をしていることと、ときどきネジが飛んで思いつきの極致みたいなヤケクソメニューを出してくることでおなじみの『松屋』。

 そんな松屋屈指のぶっ壊れヤケクソメニューが、今年も帰ってきた!



 祝!ごろごろ煮込みチキンカレー大復活!

 去年おととしも紹介したが、松屋ファンにはおなじみの春限定メニューだ。
 「ドロドロの濃いルーにチキンをあふれる寸前までドバドバ入れてみました!結果910kcalになっちゃいました!でも値段はまあ590円でいいっす!」という、概要だけ聞いたら完全にバカが作ったメニューである。
 「こまけぇこたぁいいんだよ!うまけりゃいいじゃねえか!どうせお前らこういうのが好きなんだろ!」という商品開発スタッフの魂の叫びが聞こえてくるようだ。「ハイ!好きです!!」と答えざるを得ない。



 あまりにもウマいので、誰にも頼まれていないのにツイッター上で勝手に宣伝した。けっこうRTされている。売上に貢献できた気がする。
 でも松屋公式がかたくなに反応してくれないのがちょっぴり悲しい。よその紹介記事にはめっちゃ反応してるのに!まあ、「気が狂った松屋がヤケクソで」みたいな書き方をしているぼくが悪いのだが。
 でもさあ、こんなん絶対ヤケクソじゃん。ふつうのカレー屋の相場で考えたらこのおいしさとボリュームは1,200円でいいやつでしょ。なに自主的に半額以下にしてるんだよ。「わけもなく51%OFFにしてみました!」って狂気でしょ。



 そんなごろごろ煮込みチキンカレーは、いつまで販売されるかは今年も未定。チキンの在庫が尽きるか各店舗の店長が正気に戻ったら終了すると推測される。

 例年通りでいけばとりあえず4月中は大丈夫なはずだが、確証はない。
 さあ、あなたもいますぐ松屋へGO!食べるついでに店長が正気に戻らないよう頬を札束でひっぱたけ!




maji001

 JR新大阪駅のおみやげ売り場で見かけて、つい買ってしまったのが……


maji000

 マジックふりかけ。
 日本における油性ペンの元祖であり代名詞「マジックインキ」を模したふりかけである。
 色によって味が違うみたいで、今回はもっともスタンダードな黒(すき焼き味)を購入した。

 パッと見も、サイズ感も、質感も、どこからどう見てもあのマジックそのもの。
 一風変わったおみやげとして考えたとき、第一印象は100点満点。価格も手ごろで、税込価格がえーっと、734円……
 高っ!マジックに734円!?

 いや、正確にはマジックではなくてマジックふりかけだし、もっと高いおみやげはほかにいくらでもあるが、どうしても「うーん、税込500円くらいがちょうどよくないですか……?」感はある。
 でもそのぶん、ペン型にも関わらず内容量は意外と多く、中にはふりかけがたっぷり……


maji004

 6g!?
 少なっ!2~3回分しかない!!

 すぐなくなるじゃん!


 高いし少ないし、インパクトだけのほぼ出オチのおみやげか?
 せっかくしっかりした作りのおもしろグッズなのにもったいない……
 と思ったら。


maji005

 右側に書いてあるが、なんとこれ、ふりかけ補充可能だった!
 ペンの先端部分を取り外して、中にふつうのふりかけ(幅3mm以内)を補充すれば何度でも繰り返し使うことができるのだ!
 おいおい神製品かよ!誰だよ出オチとか言った奴は!

 しかも使ってみると、ペンを模していることによる副次的効果として、ふつうのふりかけより「持ちやすくて」「ふりかけやすい」というメリットが判明。
 これは、子どもにとってかなりいい。うちの子どもたちに大好評。
 子どもの食事は、楽しさとおいしさがきわめて連動しやすい。ペンをシャカシャカ振ってふりかけをパラパラ出してゲラゲラ笑い、ご飯をモリモリ食べるようになった。めっちゃいいと思う、これ。
 子どもが白いご飯をなかなか食べなくて困っている、というお父さんお母さん。意外とこういうのがそれを解決してくれるかもしれませんよ。


maji002

 ちなみに、太く短いタイプのマジックふりかけもある。こっちは内容量が9gで、ちょっとだけ多い。
 お好みで選ぼう。自分自身や渡す相手が文房具としてなじみがある形状のやつを買ったほうが、より楽しいだろう。
 新大阪駅以外にも、関西エリアのさまざまなおみやげ売り場で売っているみたいなので、見かけたらぜひ。


maji006

 ガラにもなく、まじめにオススメのおみやげを紹介してしまった。下ネタを入れ忘れてしまった。
 ぼくの股間の極太マジックインキもよろしくお願いします。





spam001

 返事を何回送ってもぜんぜん反応ないじゃねーか!
 数えてみたら、「あれ?うまく届かなかったかな?」と毎日送り直してもう10日だぞ!「こんなぼくでも大丈夫ですか?」って言い続けて240時間だぞ!
 そっちからDMしておいてなんなんだよ!願望が抑えきれないんじゃなかったのかよ!亀頭ホクロ仮性包茎の何がダメなんだよ!!ベリーキュートだろうが!!



スパム(レギュラー)6缶
スパム/ポーク/絶品缶詰

IMG_7316

 ウッヒョヒョーーーーーイ!
 かっこいい!いい感じ!

 というわけで、AmazonでELEMAIという謎ブランドのノートPC縦置きスタンドを買った。
 そういうのがあったらいいなあ、と思って「ノートPC 立てて 置くやつ」というIQゼロの検索キーワードで調べていたら見つけたので買った。


IMG_7318

 質感はこんな感じ。ちょっとザラザラ感のある光沢。
 ぼく愛用のノートPCであるENVY 13 x360とは色味がよく合う。


IMG_7319

 スタンドの幅は、裏面のねじを調節することで変えられる。工具はあらかじめ付属。


IMG_7317

 この手のスタンドって、安っぽいのを買うと重量がなくてノートPCがコテッと倒れてしまうことがあるらしいのだが、これはぜんぜん大丈夫。金属製で、かなりどっしりしている。

 あらゆる面で期待通りで、大満足のこの製品。
 ただ、唯一の弱点は……


IMG_7320

 メーカーロゴがめっちゃ目立つ……得体の知れない中国メーカー感がすごい……
 ウソでもいいからAppleロゴかHPロゴを入れといてくれないだろうか……

 まあ、反対側にはロゴは付いていないので、置き方を工夫すれば弱点はひとまず解消される。
 かっこいいノートPCを買ったのでかっこよく収納したい!という人は、ぜひご検討を。






FullSizeRender

 ああっ!リンネを置くつもりがトワを置いてしまった!
 今度は逆に、トワを置くつもりがリンネを置いてしまった!
 『時の調停者トワ』と『刻詠の風水士リンネ』を両方所持する王子ならば、おそらく一度は犯したことがあるミスだろう。


FullSizeRender
FullSizeRender

 よくよく見れば、べつに見た目が似ているというわけではない。そもそも絵師だって違う。
 なのになぜ、ぼくたちはトワとリンネを間違えてしまうのか。いったいどこに間違える要因があるのか。
 誰にも求められてないのにマジメに分析したので、今回はトワとリンネを間違えてしまう理由を大公開するぞ!これを読めば、もう間違えない!



似てそうで似ていない少し似てるふたり
ぼくたちがトワとリンネを間違えてしまう11の理由。



1. どちらも遠距離ユニット
2. どちらもレアリティブラック
3. どちらもコストが同じくらい

 基本的なことだが、けっこう重大。
 これらの共通点があるせいで、だいたい出撃ユニット選択欄でふたりは隣どうしになる。そりゃ間違えるわ。


4. コスト的にちょうど画面の境目に来やすい

FullSizeRender

 編成にもよるが、コスト15〜18くらいというのは高くも低くもなく、ちょうど自軍の中で真ん中くらいになりやすい。それもあり、選択欄でちょうど見切れやすい位置づけになりやすい。
 「ええっと、最初に軽いアルティア出して、次に重いフレデリカ出して……」みたいに右に左にスクロールしていると、見えたり見えなかったりで紛らわしさがかなり増す。そりゃ間違えるわ。


5. どちらもなんか青っぽい

FullSizeRender
FullSizeRender

 男という生き物は一般的に色彩感覚に乏しい。
 女性はアクアブルーとセルリアンブルーとコバルトブルーの違いがわかるが、男性はぜんぶ「青」である。女性の脳内に36色の色鉛筆があるとしたら男は8色である。ぼくなんて中学生までチューリップの色を「赤」か「赤以外」の2種類としてしか認識していなかった。もはや精神異常者である。
 というわけで、トワもリンネも「なんかだいたい青いやつ」として認識されてしまう。そりゃ間違えるわ。


6. どちらも黒髪ロング

 男という生き物は一般的に髪形にうとい。とりわけ我々オタクは美容の知識がない。
 女性はセミロングとロングの違いやリッチウェーブとゆるふわの違いがわかるが、男性はぜんぶ「ロングヘアー」である。3階建て以上の建物をぜんぶビルと呼ぶのと同じくらいの暴挙である。そりゃ間違えるわ。


7. どちらもなんか時間に関係するやつ

 時を操るクロノウィッチであるトワと、風水士だけどなんか刻詠って名乗ってるし未来予知だかなんだかができるらしいリンネ。つまり、どっちもなんかざっくり時間に関係するやつ。そりゃ間違えるわ。


8. 顔の角度がなんとなく似ている

FullSizeRender

 覚醒状況にもよるし、上の画像も顔の向きが逆っちゃ逆なのだが、なんか角度が似ているので紛らわしい。どっちが右向きでどっちが左向きなんて覚え方はいちいちしないし。自分のちんちんが右曲がりだってことは覚えてるけど。そりゃ間違えるわ。


9. 間違えて置いてもだいたいどうにかなる

 けっきょくどっちもめっちゃ強いから、間違えて置いても致命的ミスになることがあんまりない。よって反省しない。そりゃ間違えるわ。


10. どちらもかわいい
11. どちらもおっぱいが大きい

tr

 トワとリンネはどちらもかわいくておっぱいが大きい。
 ぼくたちの脳内マイドキュメントのフォルダは、「女性」or「男性」→「おっぱいが大きい」or「おっぱいが大きくない」→「かわいい」or「かわいくない」の3層くらいまでしかないので、トワとリンネは完全に同じフォルダに入ってしまう。ファイル名もどっちも「なんか青っぽくて時間に関係してて黒髪ロング.png」なので、そりゃ間違えるわ。



 結論として、そりゃ間違えるわ、ということと、まあけっきょくかわいくておっぱいが大きいからいいじゃん、ということをぜひお伝えしておきたい。







【関連記事】


dw006

 NURO光が開通するまでの間、DMM.comのWiMAXレンタルでしのぐことにした我が家。
 しかし、NURO光の工事が思った以上に遅い。いっこうに連絡が来ない。妻がめっちゃキレている。「まあまあ、怒っても工事が来るわけじゃないんだから」となだめると「おっぱい揉みながら言うな殺すぞ」と腹を殴られた。痛い。いいボディブロー持ってるじゃねえか。

 レンタル期間は1ヶ月で設定していたが、これだとどう考えても期間が足りない……2ヶ月、いや、3ヶ月くらいにしておけばよかった……
 またレンタルすればいいのかもしれないけど、1回送り返してまた借りるのはめんどくさいな……

 と思っていたら、レンタル期間の延長申込ができて、しかも手続きが超カンタンなことが判明!さすがDMM!
 ここにこの手順を紹介しておく。


dmr001

 まず、DMMいろいろレンタルに入る。


dmr002

 マイページから「レンタル状況の確認」を選択。


dmr003

 「返却手続き日」の欄にある「期間延長手続きへ」を選ぶ。


dmr004

 で、延長したい期間を選んで確定する。
 これで完了。申込者情報の入力とか、クレジットカード情報の再入力とか、そういうものはいっさい必要ない。タップだけで延長手続きが完了する。すごい。

 注意点は、最後の画面は「延長する期間の選択」であって、「当初の期間を含めた合計レンタル期間の選択」ではない、ということ。
 つまり、もともと1ヶ月で申し込んでいたが2ヶ月延長して計3ヶ月にしたい、という場合は、延長する期間の選択では「2ヶ月」を選ぶのが正しい。表示される料金も、「延長分の料金」であって「当初の期間を含めた全料金」ではないので気をつけよう。


 レンタル料金の安さを含め、とにかくサービスが良質すぎるDMMいろいろレンタル。
 「もうNUROいらないんじゃねえかこれ」という気分にちょっとなってきたので「もうNUROいらないんじゃないのこれ」と妻に言ったら「おっぱい揉みながら言うな殺すぞ」と腹を蹴られた。痛い。いいミドルキック持ってるじゃねえか。